« 2009朝駆けルート改 | トップページ | 朝練と花久(かきゅう)の里 »

2009年5月10日 (日)

名栗湖倶楽部ラン(敗退)

今日は初めての倶楽部ラン先導役。
この前は、平成の森公園から名栗湖までルートを試走して、準備は充分したつもりだった。
当日は、メンバーの希望もとりいれて、ちょっと峠もいれてみた。まだ走ったことのないルートも若干あるけど、まあ大丈夫だろう。いつものようにうさぎ組、親亀組、亀組に分かれて、名栗湖を目指す。

平成の森公園から、毛呂山の総合公園までは順調。最初は結構スピードが出せる道だったので、軽く飛ばしぎみ。公園でちょいと休息した後は、埼玉GCを横断して、グリーンラインまで林道を登っていく。
この道は初めてだったけど、比較的新しい道らしくけっこう走りよい。途中鎌北湖からの道に合流するまでひと登り。鎌北湖から登るより、こちらのほうが気持ちいいか?
あともう少し北向き地蔵の手前まで登り、反対側の武蔵横手駅に向かって下りていく。

武蔵横手駅から東吾野駅まで走り、ここからもう一つ初めての小さな峠越え。長尾坂配水場脇を通るはずだったが、んんん?なんか変。いっこうに西部秩父線が下に見える。
結局東吾野から吾野まで、山道をほぼ平行に走る林道に間違えて入ってしまったようだ。すぐに間違えに気づいたものの、まあこのルートで峠を越えても、たいして問題ないかとそのまま走行。この先で竹寺方面へ向かう峠越えは、先日試走済み。たいして標高差はないし、それだけ主要道を避けられるから、うさぎ組にはちょうどいいかも。

051001

しかしここで思わぬ狂いが。Z氏がいつまでたっても姿を現さない。どうやら慣れない峠道で体調を崩してしまったとのこと。その後もZ氏の体調は回復せず。押しを含めて、ゆっくり名栗湖に向かう県道まで出なければ。
名栗湖に向かう他のグループには、合流できそうもない旨電話でなんとか連絡をとり、なんとか昼食をとって休める場所を探す。結局飯能市街1kmほど手前まで戻り、なんとか食堂を見つけ、転がり込む。これでZ氏もなんとかひとここちつけて休めた。
ここのメンチカツ定食、ボリューム満点で美味しかった(*^-^)

昼飯を食べて、充分休んだら結局名栗湖を望むこともなく帰路についた。Z氏はここからK氏といっしょに浦和まで帰るとのこと。厳しそう。

残りのメンバーは私の先導で、平成の森公園まで。ちょっと戻って武蔵台団地を通り抜け、巾着田、高麗神社前を抜ける。この道はおおむね前に試走した道。下り基調で追い風気味。結構いいペースで坂戸あたりまでこれた。しかしここで先導を変わってもらったのが失敗?
先導はここからぐんぐんスピードをあげ、ついて行くのもやっと。横風気味の向かい風で、前の自転車にひっついても、あまりドラフティング効果は得られない。引っ張られるのがこんなに辛いとは。それでも久々の車列走行、楽しめました。
結局越辺川手前でギブアップ。コンビニで休憩し、ここからは分かれて直接自宅に向かい、本日のクラブラン終了。
名栗湖で他のメンバーと合流できないのいう、先導としてはほろ苦デビューですが、まあこれも一つの経験。次回からはもう少し余裕をもったルートにしようと思います。

ルートはこちら

|

« 2009朝駆けルート改 | トップページ | 朝練と花久(かきゅう)の里 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/44973440

この記事へのトラックバック一覧です: 名栗湖倶楽部ラン(敗退):

« 2009朝駆けルート改 | トップページ | 朝練と花久(かきゅう)の里 »