« 赤坂サカス(歩) | トップページ | 阿修羅像に会ってきた »

2009年4月19日 (日)

名栗湖・竹寺・顔振峠

5月のFF21倶楽部ランで、先導を勤めることになったので、名栗湖までルート調査をしてきた。そして名栗湖からの帰路は、武蔵野最後の桜を求めて峠越え。久々の登りに体はヘロヘロになりながらも、充実感いっぱいのツーリングでした。

川島の平成の森公園を出発し、休息予定の巾着田まで、約1時間のルート。GPSを使いながら途中少しルートミスをしたが、おおむね順調に到着。ただちょっと天気が曇りで、すっきりしない。
巾着田を散策後セブンイレブンでエネルギーを補給して、名栗湖に向かう。名栗湖に向かう県道はさほど混雑することも無く、比較的走りやすかった。
名栗湖に登る最後の坂は結構激坂、ヒーヒー言いながら名栗湖に到着。巾着田で30分の休憩を含み、約2時間15分の行程だった。

041801

名栗湖をのんびり一周して、ちょっと早めの昼食にする。この辺、自転車ならターニップということなんだろうけど、本日はカフェ&ギャラリー ハミングで昼食。ミニギャラリーでは「泉海豹」絵画展という、鯨をモチーフとした絵が展示中。食事ができるまで、しばし鑑賞。
食事のほうは、ミニハンバーグと半熟卵をのっけたどんぶり。美味しくて量も私にはちょうど良かった。珈琲つきで990円、ギャラリーも楽しめるのでお得かな。

041802

昼飯もとりルート調査も完了、帰りは桜が残っていそうなところをいくつか訪れることにしよう。まずは名栗から、小さな峠を越えて竹寺へと向かう。
小さな峠といっても、久々の峠道に体がついていかない。特に竹寺への最後の激坂では、タイヤは空転するしもう足つき寸前。それでもなんとか足つきせずに、竹寺の駐車場に到着。
期待の桜は残念ながら殆ど散った後でした。桜の最盛期の様子はこちらで。

041803

桜は散っても、竹寺のお庭は新緑で輝くばかり。この庭の美しさ、埼玉のお寺の中ではピカイチ。日曜日というのに、静かなお庭をしばし散策、こころ癒されます。

041804

1時間あまり散策した後、今度は顔振峠に向かいます。しかし顔振峠の登り口、吾野に向かうためには、もうひとつ小さな峠を越えなければ。
しんどいのも多少慣れ、峠へとのんびり登っていく。ここの斜度はたいしたことなく、まだ残る古い民家の眺めを楽しみながら向かう。西武秩父線の南側にはあまり来ないから、通りすがる集落も新鮮だ。

041805

一旦吾野に下り、ここから本日最後の登り、顔振峠への道となる。しかし顔振への登りってこんなにきつかったけ?
先ほどまで曇っていた空も晴れ渡り、気温もグングン上昇、またしても足つき寸前でヒーヒー言いながら登る。いくら登りは久々とはいえ、それにしても情けない。

041806

何とかたどり着いた顔振峠、桜は既に終わっていたけど、陽光溢れる山里にミツバツツジが美しく色を添える。春のこの時期、何度来ても飽きることのないこの風景は素適です。

041811

顔振峠に来たら、必ず摩利支天の仏塔近くを散策。このあたりから見る顔振峠の景色が一番好きだ。
普通の桜は既に散っていたが、峠の上の富士見茶屋の枝垂れ桜はまだ、咲いているようだったので、峠までもうひと登り。

041807

いつもこの桜の下で蕎麦を食べるのだが、今日は写真だけ。近くで見ると枝垂れ桜はだいぶ散っていました。最盛期の頃はこんな感じです

041808

峠の上は日差しが優しく、涼やかな風が吹きぬけて最高に気持ちがいい。
このまますぐに下ってしまうのはもったいないから、前から気になっていた喫茶店「忘路庵」で珈琲タイム。
午後も2時半になると先客は一組のみ。それもすぐに出て行って、私一人テラスで心地よい風とウグイスの声を楽しみながら、珈琲と焼きプリン?をいただく。美味・・・happy02

041809

しばしの休息の後は、最後の桜を求めてちょっと白石峠方面へ北上し、直接黒山三滝に下る道に入る。ここから見える斜面は、植林が多い奥武蔵にあって、珍しく山桜が美しい一角がある。
さて今日はどうか?桜の盛りは過ぎていたけど、何とか桜は残っていてくれた。少し傾きかけた西日を浴びて、新緑とピンクの花びらが輝いていた。

041810

黒山三滝に下ったあとは、いつもの道を家に向かうだけ。久々の本格的なのぼりで、くたびれた体には帰路はきついかなあと思ったが、「ふれあいの里たまがわ」でアンパンとアイスクリームを食べたら、体力がちょっと復活。意外と順調に家にたどり着き、日暮れにはなんとか間に合った。

041812

041813

■本日の走行データ
走行時間 7時間32分
走行距離 142.6 km
平均スピード 19km
最高スピード 52.0km
平均ケイデンス 69
平均心拍数 134
消費カロリー 4418kcal
累積標高 1512m

|

« 赤坂サカス(歩) | トップページ | 阿修羅像に会ってきた »

コメント

 自転車復活で、いきなりこの距離と、この累積標高、凄い!!! 言うことなし、若い!

投稿: sugi | 2009年4月20日 (月) 08時01分

正直辛かった~wobbly
でもこの辛さを味あわなければ、見えてこない風景もありますから。
もうしばらくこの辛さを麻痺させるツーリングが必要です。

投稿: kan | 2009年4月20日 (月) 12時37分

自分も行きたかったけど今の感じではついていけるか疑問???登れるかも??

投稿: nekoj | 2009年4月21日 (火) 20時52分

nekoj さん、自分も登れるか判らなかったので、お誘いしませんでした。登りもすっごくゆっくりでした。
一応美ヶ原もあることだし、登りに耐える体力と精神力を戻さないといけませんが、もう少し時間がかかりそうです。

投稿: kan | 2009年4月22日 (水) 01時09分

KANさん、すっかりご無沙汰でした^^;
名栗の文字に、即、反応してしまいました。
「ハミング」は、素敵なお店でしょ?奥武蔵オフをする時には、あのうどん屋さんと一緒に紹介したかったお店です~(*^_^*)先月は、近くに住む版画作家「たつお」さんの作品が展示されていました。名栗湖の入り口近くにギャラリー「のら」があります。
素敵な版画で、沖縄の風景など素敵です。(^^♪
(上のアドレスのところ「のら」のにURL入れておきました。)
竹寺も良いし、顔振峠からの景色素敵ですね!
白石峠の山桜の山肌も綺麗でした。
美ヶ原に向けて頑張ってくださいね。

投稿: sizuku | 2009年4月25日 (土) 21時46分

sizuku さん、こちらこそご無沙汰してしまいまして。
次回は3月などと言ってしまいましたが、3月は次女の卒業やら末娘の誕生日やら、風邪とかでそれどころではありませんでした。sizuku さんところも、それどころじゃなさそうですね。
名栗にはR299が障害で、なかなか足が伸ばせませんでしたが、山越えルートを開拓したので、トレーニングがてら、足が伸ばせそうです。もちろん浅見茶屋も近いうちに達成しなければ。

投稿: kan | 2009年4月26日 (日) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/44717549

この記事へのトラックバック一覧です: 名栗湖・竹寺・顔振峠:

« 赤坂サカス(歩) | トップページ | 阿修羅像に会ってきた »