« パウダーへの思い | トップページ | 貝掛温泉 »

2009年3月21日 (土)

巻機山はでかかった

032101

ニセ巻機山に到着すると、いつものようにドドーン美味しそうな巻機山の斜面が広がる。
滑りたいのは山々だけど、今日はちょっと時間切れ。

032103

この3連休の中日、天気は絶好のツアー日和。このへんでやっぱり思い出に残る山に出かけないと、と思って選んだのが今回3回目となる巻機山。
ちょっと積雪量が心配だったけど、最近の報告では雪の量は問題ないらしい。

しかし関越トンネルを抜け新潟県の景色を見ると、雪が少な~。岩原スキー場の下は地表が現れ無残にも茶色だ。さらに巻機山に向かう途中、里の水田にはまったく雪が無い。
本当に大丈夫なのかなと、登山口の清水に向かう。

登山口近辺には10台ほどの車が駐車してあり、雪のほうは問題なく繋がっていたので、ホット一安心。しかしその分除雪はされていなかったので、前回のスタート地点まで約30分ほど余計に歩かなければならない。

AM8:10 R291脇を出発。カリカリに凍った硬い雪面を約40分ほど歩き、井戸の壁前の雪原に到着したのは、8:50。ちょっと時間が遅いかなとも思うが、あまり早く登っても上部の斜面はカリカリのアイスバーンだろうから、少し雪が緩むタイミングを考えあえてゆっくり登るつもりだ。
井戸の壁もまだ雪は硬いので、アイゼンで登るには好都合。スキーをザックにくくりつけ、ほぼ直登で井戸の壁を登りきる。雪が少ないということは無いが、やはり藪藪の急斜面は帰りに難儀しそう。
約1時間半ほどあえいで井戸の壁を通過。やっとニセ巻機山の山頂が顔を出す。アイゼンをザックにしまって、ここから快調にシール歩行といきたいとこですが、どうやら足に豆ができたようで、いまいちペースがあがりません。雪はシール歩行に程よい硬さに緩んできました。

032104

約1時間ほど歩くと、無木立の大オープンバーンにひょっこり出ます。ニセ巻機山直下の素晴しい斜面を見ながら、ここらで大休止といきたいとこですが、ちょっと時間が遅めですので、そのまま登ります。標高1500mくらいまでくると、まだ雪が硬いようです。

032102

ニセ巻機山の直下では、先行するスキーヤーが雪が硬くて登攀をあきらめ、滑りはじめました。それでも何人かはニセ巻機山直下の斜面をクリアして、先に進んでいきます。
まあこの時期、ここを直登するにはアイゼンが必要でしょう。ここをトラバース気味に東へ迂回して登れば、アイゼンなしでもいけますがそちらを登る人はいません。

私もここで再びアイゼンを装着して、ニセ巻機山への最後の登りへ。とその前に足の豆がどうしても我慢できなくなったので、テーピングテープで応急処置。痛みと疲労でちょっと萎え萎え。雪の硬さも考えて、この時点で今日はニセ巻機山までとしましょう。

最初ちょっとここで滑落したら、逝っちゃうだろうところを通過しますが、あとはさほど苦労も無く、稜線に出ます。しかしアイゼンなしではちょっと勘弁。

ニセ巻機山に着くと、目の前にドドーンとビッグな斜面が飛び込んできます。先行者が気持ちよいシュプールを残していると思ったのですが、その痕跡は全然なし。あれ?

山頂方面から戻ってくるスキーヤーに聞くと、山頂近辺の雪はカリカリであまり楽しくない模様。ここから見える人影も3人くらいしか見当たらない。

032105

それじゃあニセ巻機山の北斜面だけでも、せっかくだから滑りましょう。やっぱりカリカリだけど、割れないのでそれなりに楽しめた、綺麗なシュプールができたので、記念写真をパチリ。写真だけを見ると、超気持ちよさげなんだけどね。

032106

またニセ巻機山に上り返してしばし休息。そして滑降準備。

032107

ニセ巻機山の東南斜面は、雪も緩みこの時期としては程よくいい斜面の状態。
広大な斜面を独り占めで気持ちよく板が滑る。なかなかええんでないかい。

至福の時はあっという間に過ぎ、オープンバーンの端っこに到着。この辺まで来ると雪はグズグズに腐り始め、油断すると板が雪に突き刺さる。
さらにここからは藪っぽい斜面になるので、あとは安全第一でズルズル~と高度を下げるのみ。上の雪が良かったので、下の腐れ雪は仕方ない。

032108

アルペンターンと横滑りを織り交ぜ、だましだましながらも、井戸の壁をクリア。
広い雪原で今日の余韻に浸りながら、のんびり30分ほどボケーとしばし休息。
後は車まで滑って終了。
やっぱり巻機山はでかくていいねえ。今日も最高の一日をありがとさんです。

032109

山のあとはやっぱり温泉で決まり。
今日は中ノ岳を眺める温泉、さくり温泉健康館に寄ってみました。
地元民オンリーで、入浴料も370円とお得。
ひなびた感じがなかなか良いお風呂でした。お勧めです。

032110

参考タイム
国道脇(8:10)-井戸の壁下(9:00)-井戸の壁上(10:15)-森林限界1450m(11:20)-ニセ巻機山(13:00-14:00)-井戸の壁下(14:45-15:20)-国道脇(15:30)

|

« パウダーへの思い | トップページ | 貝掛温泉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/44434568

この記事へのトラックバック一覧です: 巻機山はでかかった:

« パウダーへの思い | トップページ | 貝掛温泉 »