« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月29日 (日)

花桃の郷(東秩父村大内沢)

嫁さんと子供は渋谷109に行くと言って、ルンルン気分で出かけていった。長女といえば、ちょっと前にスカートをはくのを泣いて嫌がったのに、今や洋服を見て回るのが楽しくてしょうがないらしい。まあオヤジとしては風邪も治っていないことだし、パスして家で独りお留守番。

独りをいいことに、久々午前中は自転車を居間でフキフキ。暖かい部屋で自転車をいじれるって、やっぱりいいなあ♪
午後は、家にいるのももったいないので、前々から気になっていた東秩父村大内沢に行ってみた。ここはちょくちょく自転車で通るのだけど、看板にあった花桃の郷ってどうよ?
本当は自転車で行きたいところだけど、まだ風邪気味なんで自動車で。

行ってみたら、花桃の郷は確かにそこにありました。まだ周辺の桜が咲きそうで咲かないタイミングだから、ここだけ艶やかなピンクに染まって、春満開です。そこそこ人出もあって、交通整理や駐車場の誘導をやってました。
1時間ほど写真を撮りながら、プラプラしましたが、やっぱり自転車で来るのが正解みたい。

032901

駐車場の誘導員に従ってたら、駐車できずに里のてっぺんへ。結局そこには駐車場はなく、適当に道の脇に車を停めてしまいました。眺めがいいから、まあいいか。

032902

急斜面に点在する民家が、なんとなくいい雰囲気の山里です。もう少し古い民家があると、もっといいのですが。

032903

道端にはスミレが咲き、早咲きの桜なんかもあったりして。私のいつものフィールド奥武蔵、春の花の季節が始まります。・・・とその前に風邪を早く治さなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

4度目の風邪

先日次女の小学校の卒業式があったんですが、どうもその前日風邪をひいてしまったようです。そして卒業式で長い間寒い体育館と外で待たされたあげく、風邪にとどめをさされダウン。
今シーズン4度目となる風邪ひきです。おかげで会社を2日も休んでしまった。
なんだか、そろそろトレーニングをと思い、朝走り始めると必ず風邪にかかるような気がしないでもない。まったくこの冬は、体ぼろぼろで困ったものだ・・・年齢的に免疫機能が低下しているとはあまり思いたくは無いのだが。

いつもこの時期、必ず近所の桜めぐりに出かけているのだが、そんなわけで今シーズンはまだ行ってません。気力もわかないしね。
イラストの桜は、近所のエドヒガン桜ですが、なんせお墓の真ん中にあるので、写真や絵的にもちょっと恵まれません。いい枝振りで、鮮やかなピンクが綺麗なのですが、お墓の中じゃあまり花見とも落ち着きませんしね。まあそんなわけで、群馬県中之条の田んぼの近くに植えてみました。bleah

032801

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

貝掛温泉

032201

巻機山の翌日は、神立スキー場の前売り割引チケット消化のため、朝一で神立スキー場へ向かった。
いくら昨日の巻機山のコンディションが比較的良かったとしても、やっぱり滑り足りませんから、スキー場で思いっきりカッ飛ぶのは楽しい。案外このパターンはいいかもね。
小雨ながら雪も比較的しまっていたから、この時期としてはいいコンディション。テレマークで滑りたいとこですが、足にできた豆が痛く、今日は足が完全に固定されるアルペンスキーで、カービングターンを楽しんだ。
悪天候のためお客も少なめ、3時間半ほど楽しんだら、もうお腹いっぱい。

11時には駐車場を出たので、何処で温泉を入ろうかと悩んだあげく、かぐらスキー場近くにある、貝掛温泉に行って見ることにした。
ここは日本秘湯の会の宿であり、日帰り入浴がAM10:30-PM02:00までと時間的に寄れる機会が今まで無かったので、今日はもってこい。
宿は国道からものすごい斜度の坂を下り、荒れた細い橋を渡ったところにありました。

内部は日本家屋の趣きある建物で、薄暗い廊下を進んだところにありました。
お湯はぬるめで、内湯・外湯とも情緒たっぷり。
入浴量は平日1000円、休日1200円とちょっと高めですが、この値段で秘湯の雰囲気を堪能できるのですから、お得といえるでしょう。
一人ではなく、今度は嫁さんと来る事にしましょう。子供達にはもったいないか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

巻機山はでかかった

032101

ニセ巻機山に到着すると、いつものようにドドーン美味しそうな巻機山の斜面が広がる。
滑りたいのは山々だけど、今日はちょっと時間切れ。

032103

この3連休の中日、天気は絶好のツアー日和。このへんでやっぱり思い出に残る山に出かけないと、と思って選んだのが今回3回目となる巻機山。
ちょっと積雪量が心配だったけど、最近の報告では雪の量は問題ないらしい。

しかし関越トンネルを抜け新潟県の景色を見ると、雪が少な~。岩原スキー場の下は地表が現れ無残にも茶色だ。さらに巻機山に向かう途中、里の水田にはまったく雪が無い。
本当に大丈夫なのかなと、登山口の清水に向かう。

登山口近辺には10台ほどの車が駐車してあり、雪のほうは問題なく繋がっていたので、ホット一安心。しかしその分除雪はされていなかったので、前回のスタート地点まで約30分ほど余計に歩かなければならない。

AM8:10 R291脇を出発。カリカリに凍った硬い雪面を約40分ほど歩き、井戸の壁前の雪原に到着したのは、8:50。ちょっと時間が遅いかなとも思うが、あまり早く登っても上部の斜面はカリカリのアイスバーンだろうから、少し雪が緩むタイミングを考えあえてゆっくり登るつもりだ。
井戸の壁もまだ雪は硬いので、アイゼンで登るには好都合。スキーをザックにくくりつけ、ほぼ直登で井戸の壁を登りきる。雪が少ないということは無いが、やはり藪藪の急斜面は帰りに難儀しそう。
約1時間半ほどあえいで井戸の壁を通過。やっとニセ巻機山の山頂が顔を出す。アイゼンをザックにしまって、ここから快調にシール歩行といきたいとこですが、どうやら足に豆ができたようで、いまいちペースがあがりません。雪はシール歩行に程よい硬さに緩んできました。

032104

約1時間ほど歩くと、無木立の大オープンバーンにひょっこり出ます。ニセ巻機山直下の素晴しい斜面を見ながら、ここらで大休止といきたいとこですが、ちょっと時間が遅めですので、そのまま登ります。標高1500mくらいまでくると、まだ雪が硬いようです。

032102

ニセ巻機山の直下では、先行するスキーヤーが雪が硬くて登攀をあきらめ、滑りはじめました。それでも何人かはニセ巻機山直下の斜面をクリアして、先に進んでいきます。
まあこの時期、ここを直登するにはアイゼンが必要でしょう。ここをトラバース気味に東へ迂回して登れば、アイゼンなしでもいけますがそちらを登る人はいません。

私もここで再びアイゼンを装着して、ニセ巻機山への最後の登りへ。とその前に足の豆がどうしても我慢できなくなったので、テーピングテープで応急処置。痛みと疲労でちょっと萎え萎え。雪の硬さも考えて、この時点で今日はニセ巻機山までとしましょう。

最初ちょっとここで滑落したら、逝っちゃうだろうところを通過しますが、あとはさほど苦労も無く、稜線に出ます。しかしアイゼンなしではちょっと勘弁。

ニセ巻機山に着くと、目の前にドドーンとビッグな斜面が飛び込んできます。先行者が気持ちよいシュプールを残していると思ったのですが、その痕跡は全然なし。あれ?

山頂方面から戻ってくるスキーヤーに聞くと、山頂近辺の雪はカリカリであまり楽しくない模様。ここから見える人影も3人くらいしか見当たらない。

032105

それじゃあニセ巻機山の北斜面だけでも、せっかくだから滑りましょう。やっぱりカリカリだけど、割れないのでそれなりに楽しめた、綺麗なシュプールができたので、記念写真をパチリ。写真だけを見ると、超気持ちよさげなんだけどね。

032106

またニセ巻機山に上り返してしばし休息。そして滑降準備。

032107

ニセ巻機山の東南斜面は、雪も緩みこの時期としては程よくいい斜面の状態。
広大な斜面を独り占めで気持ちよく板が滑る。なかなかええんでないかい。

至福の時はあっという間に過ぎ、オープンバーンの端っこに到着。この辺まで来ると雪はグズグズに腐り始め、油断すると板が雪に突き刺さる。
さらにここからは藪っぽい斜面になるので、あとは安全第一でズルズル~と高度を下げるのみ。上の雪が良かったので、下の腐れ雪は仕方ない。

032108

アルペンターンと横滑りを織り交ぜ、だましだましながらも、井戸の壁をクリア。
広い雪原で今日の余韻に浸りながら、のんびり30分ほどボケーとしばし休息。
後は車まで滑って終了。
やっぱり巻機山はでかくていいねえ。今日も最高の一日をありがとさんです。

032109

山のあとはやっぱり温泉で決まり。
今日は中ノ岳を眺める温泉、さくり温泉健康館に寄ってみました。
地元民オンリーで、入浴料も370円とお得。
ひなびた感じがなかなか良いお風呂でした。お勧めです。

032110

参考タイム
国道脇(8:10)-井戸の壁下(9:00)-井戸の壁上(10:15)-森林限界1450m(11:20)-ニセ巻機山(13:00-14:00)-井戸の壁下(14:45-15:20)-国道脇(15:30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

パウダーへの思い

近所の公園の桜はもうすぐ咲きそうなくらいつぼみが膨らんだ。
風邪のせいもあったんだけど、結局今シーズンまともなパウダー味わえずじまい。
せっかく今シーズン板を新調したのになあ・・・・。
この先死ぬまでに何回パウダー味わえるんだろうと、かなり心配。
それでも明日はとりあえず山へ出かけてみよう。

032001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

お腹いっぱい(食)

たまには子供抜きで食事でもしようかと、休暇をとって嫁さんと近場で食べ歩き。
前から気になっていた、都幾川四季彩館近くのレストラン、ボン・レギュームに行ってきました。
まだあたりは冬枯れで殺風景ですが、桜や新緑の季節ならのどかな田園風景が楽しめそう。
二人でお肉と魚のランチをそれぞれオーダー。お値段は1300~1500円とお手頃。
味は・・・・まあ普通というか、もう少し野菜がたくさんあるとうれしいな。この時期、自家菜園でとれる野菜が少ないんでしょうか?葱が甘くて美味しかったけど。
つい先日行った北本のダンディライオンと比べてしまうからいけないのかも。
四季彩館と組み合わせて、ゆっくりのんびりするにはいい店です。

030901

せっかくなので、一山向こうの越生梅林に行ってみる。
今日は平日なので、うるさい音楽も無く静かな園内でした。梅も幾分ピークを過ぎたようで、香りもいつもより少ないような気がします。
うす曇りながら、穏やかな天気でぷらぷら散歩するにはいい日より。

小一時間散歩したあとは、こちらも気になっていた森林公園近くの喫茶店、チャチャポーヤでティータイム。この周辺の丘は、春になると素晴しい田園風景が広がります。
まだちょっと春の花には早いけど、下見に行ってきました。
平日の午後二時、客は私たちだけでちょいと長居はしづらかったけど、いい雰囲気のお店でした。チーズケーキと珈琲も美味しかった。
裏庭の山桜の咲くころが楽しみです。この近辺をロードバイクで駆け抜けて、この店で珈琲飲んだら最高でしょう。春の窓辺にそよぐ風を想像しちゃいます。

030902

そろそろ子供達が学校から帰ってくるので、一旦帰宅。
夜からFF21の飲み会があるから、上野へ。今日は大病を患ったK氏の快気祝いと、大阪に転勤するM氏の送別会?
総勢6人でワイワイガヤガヤ、今シーズンの自転車プランに話の花が咲きます。ぜひ今年は関西遠征しましょうね。
それにしても凄いのはK氏、御年60を越え、胃がんで胃の2/3を摘出して退院したばかり。それでもサポートしかできないかもと言いつつ、ツールド美ヶ原にエントリーしてしまった。ひええええ・・・本当に凄い人だ。coldsweats02
でも自転車があるからがんばれる、わかるような気がします。普通じゃ萎えちゃいますよね。
一応私もツールド美ヶ原、エントリーしました。昨年は雨で中止だったけど、今年は何とか走りたいなあ。

そんなわけで今日は一日中食べてた気がする。お腹いっぱい、ご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

なんだかねえ(平標山)

もう雪は降る様子も無く、このままスノーシーズンは終わってしまうのか?
結局今シーズンはまともに山を滑ってないなあ。
どこかやっぱり一度くらいは滑っておきたいと、ネットで検索してみるが、今シーズンは藪藪だの、ガリガリなどろくな報告が無い。
殆ど毎年登っている、平標も1月こそそこそこパウダー食えたようだけど、それ以降はやっぱりだめみたい。
まあそれでもだめならだめで、はっきりさせようと平標へ。

いつものように三国小前の道脇に車を停める。昨日降った雪がうっすら3cmほど。山の上ではもう少し降っていてくれれば良いが。
車は20台あまりが停まっていた。周りを見れば単独2人と3人グループ1組がいた。
9時に出発、一番遅いくらいかなあ、モチベーションの低さが行動に表れるゆるゆるスタート。
天気はうす曇、無風であたたかい。藪藪の沢を詰めれば、ロングスリーブTシャツ2枚重ねだけでも汗が噴出す。

030801

最初はうっすら新雪で気持ち良かったが、ヤカイ沢の奥に行くにしたがってカリカリに。斜度が増すとシールが効かずズリズリ~と後ろに下がる。
オープンバーンならまだしも、林の中でもこれだからさっぱり前に進めない。
この雪じゃこれ以上登っても楽しいとは思えないし、もともとあんまりやる気なかったから、1700mくらいの尾根に出たところで登攀終了。

030802

薄日も差し、風も無いから暖かい。パンと暖かいミルクティーを飲みながらしばし休息。
それにしてもこのまま冬が終わっちゃうだろうな。
このところ暖冬、少雪の冬が多く地球温暖化と言わざるえない状況。
スキーができなくなる日もそう遠くなさそう。

カリカリバーンとうっすらの新雪に難儀するかと思ったが、楽しくは無いもののまあ滑れた。といっても足で雪面を確かめながら慎重に滑るしかないので、ダメダメな滑りだ。

030803

ヤカイ沢の下部はひどい藪藪で、枝を掻き分けトラップに引っかからないようにゆっくり滑るので疲れた。まあそれでもなんとか小学校まで板を外さずに滑ってこれたのは、せめてもの救い。

結局今回はもう山はだめかなあと確認しに行った様な物。その意味ではまああきらめもついたんですが。
雪は予想どうり相当少ないので、ザラ目で滑りやすくなった頃には、藪がひどかったり雪がなかったりするんでしょうね。それぐらいだったら自転車乗ってたほうがいいな。
ということで、今シーズンは自転車始動が少し早まりそうです。ツールド美ヶ原にも申し込んじゃったし、そろそろ気持ちを切り替えないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

梅園クロスカントリー

今日は車検のため朝一で自動車をHONDAディーラーに持っていく。
今の車はステップワゴンで、当然ディーラーにはハイブリット車の新型インサイトが展示されていた。
いつもの営業マンに試乗堂ですか?といわれせっかくと言おうか期待どうりと言おうか、しっかり試乗させてもらった。

乗った感じは、普通の車というか、この夏沖縄で借りたレンタカーフィットのよう。
停止するとアイドリングストップするくらいしか、ハイブリットという感じはしない。
それでも、エコ運転するという気にさせてくれる演出は随所にあって、なかなか楽しい。
営業マンの話では、今まで試乗した人の燃費は17~25km/Lということで、人によってばらつきはあるが、20km/Lくらいは、普段でもいきそうだ。
我が家でも最近5人乗車で出かけることは少なくなり、一人だと何だかステップワゴンが無駄なスペースに感じることがままある。自転車乗せるときや、スキーを積むときには確かに便利だけど、本当にこのスペースが必要か?との思いが最近なんだか強くなってきた。
そして、F1から完全に撤退して、エコな車造りに専念するというHONDAの姿勢は大賛成といおうか好感が持てる。
車がない世の中がありえない以上、単に車に乗らないというだけではなく、エコな車を積極的に購入し、将来的には電気自動車などに移行するために企業を応援するということはやはり重要なんだと思う。
自動車企業にかかわっている人は多いし、やはり将来にわたって健全な経済環境でいられるためには、エコな技術で利益を上げられるような世の中にしないと、やっぱりいけないんでしょうね。今度の車検の時には、ちょっと真剣に考えてみようと。その頃には経済の状況ももう少しはっきりしてくるかな。それまでがんばって、HONDAさん。

030101

さて中途半端で時間が空いた午後、何をしようか?体を動かさないと、体中コリコリでかなりヤバイ。
気温があまり高くないので、自転車よりはジョギングのほうがいいか・・・て、実のところまだ自転車に乗る気分(気候)になれなくて。
というわけで短い時間でも、そこそこ満足できるジョギングで、梅園などの農道クロスカントリーコースを巡ってみる。といっても単にいつも自転車でもちょっと躊躇する、畑のあぜ道などを探して走るというもの。
スタイルはいつもの自転車に乗るときのように、ピチピチのスパッツ&ロングスリーブTシャツで、満々それっぽいスタイル。やはり何事もカッコをそれなりにしないと、楽しくないし、オヤジくさくなっちゃう・・・まあオヤジだけど。

030102

しかしこれがなかなか良かった。近所は今梅が満開、甘いにおいを感じて花の中を走るようで、気分がいいのだ。少し日差しもあって、走るには最適な気温になってきた。
特に北本自然公園のあたりは、梅園が多く子供が小さい頃は、ちょっと畑の一角にお邪魔して、家族でお弁当を食べたりしたものだ。
北本自然公園も、一時期すさまじかった大砲抱えたカメラマンも今日は少し少なめで、のんびりした雰囲気。この周辺は、北本さくら公園、野外活動センター、高尾宮岡の景観保全地区、北本自然公園と、クロスカントリー向きの公園が点在。これに梅園を加えて結ぶとなかなかいいコースができる。
結局今日は2時間あまり、約15kmほどを写真を撮りながらのんびりジョギングでした。

030103

そして家に帰ってシャワーを浴び、家族揃ってホットカーペットの上でテレビ見ながらゴロゴロ。私は心地よい疲れでうつらうつらと、まどろむ午後のひと時。今日も幸せな一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »