« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月24日 (土)

大人の不思議空間でまったりな一日

今日は里山好きグループで、新年会がてら近場を散策。
案内した私が言うのもなんだが、皆さんのツボに見事にはまったようで、とても愉快な一日でした。

集合場所はときがわ町の明覚駅。昨日午後の暖かさはどこえやら、今日は小雪が舞う寒い一日。本来自転車でときがわ、越生をポタリングだったけど、自動車での移動に変えて正解だったようだ。
しかし明覚駅に向かう途中、何台ものロードバイクのグループやら個人やらを見かける。この寒い中、ううん・・・、ヘタレの私にはやっぱりできません。

明覚駅で、Masa氏、Mujina氏、Sizukuさん、Ichijin & Keiko 夫妻と合流、総勢6人で久々の再会の挨拶の後、まずはギャラリー&カフェ山猫軒に向かう。
ちょくちょく前の道を自転車で通っているのだが、店に入るのは初めて。自転車で行くのとは違い、車だと山道になれない人は、入るのに躊躇するような狭い道を登ったところに店はある。
勝手がわからず、ちょっと戸惑いながら店に入ると、とても居心地の良い空間がありました。おしゃれすぎず、綺麗すぎず、BGM の JAZZ もすっかりなじみじつに味わい深い空間です。薪ストーブで暖をとりながら、小雪が舞う外を眺めるのは、ちょっと贅沢な気分。お昼前という時間もあって、先客はいませんでしたので、お客さんがちらほら現れる、1時過ぎまで2時間あまり貸切状態です。こういう場所では、話のネタは尽きず、普段無口な私も会話が弾みます。

012401

本日食したカレー、1200円とちょっとお高いですが、自家製の赤米、黒米と、特性カレールーの美味しさに納得です。珈琲チェーン店で商品開発をやっている Masa 氏の美味しいというお墨付き。じつはグルメネタは苦手なんです私。

次に向かったのは以前にも紹介した、上谷(かみやつ)の大クス。巨樹マニアで一人奥多摩を徘徊するSizukuさんがいるので、ここは外せません。
あらためて全国16位の巨木の迫力に圧倒させられる。結局皆さん、こんな巨木は初めてとのこと。特に Mujina さんは、ここのご近所なのに、初見だそうです。
写真だと、その大きさが伝わらないのですが、越生に来たら必見スポット。

012402

さて次は何処へ、とりあえず顔振峠にでも行って見ましょうか。
いままで"こうふりとうげ"とばかり思っていたのですが、案内板には"かあふりとうげ"と書いてありました。まあどっちでもいいらしいのですが。
寒いながらも、味のある山里の景色はなかなかのものです。

012403

散策のあと、グリーンラインを進みますが、道には次第に雪が現れました。たっぷりの雪は見飽きた感があるので、このような淡雪はちょっと新鮮。

012404

すっかり体も冷え切ったことだし、次の目的地月木舎に向かいます。
高山不動尊のちょっと先の道を、グリーンラインから離れて越生側に下る。
途中ダートを交えて細い道を進んでいけば月木舎の前に。
ここは今まで何度か訪れて、BLOGにも記載していますが、いつも外の縁側で珈琲ばかりを飲んでいたので、薪ストーブで暖をとるのは初めてで、期待も膨らみます。
車が2台停めてあったので、先客がいるかな?と思ったのですが、ここでもやっぱり貸切状態でした。ここもやはりBGMにはJAZZが流れ、昭和初期の匂いがプンプンします。
さて今日のメンバーの反応は?と見れば、皆さんすっかりはまったようで、いきなり撮影タイム。このアンティークで懐かしい雰囲気に、すっかり魅了されたようだ。

珈琲を注文しても、女性一人で切り盛りしていて、いつものようにゆっくりペースでなかなか出てこないが、ここではそんな時間も楽しみの一つ。珈琲を飲みながらあたりをうろうろしたり、ざっくばらんな話題で盛り上がったりと、ゆったりした時間を存分に楽しんだ。
もっとゆっくりしたいのは山々だが、八高線で帰る女性二人がいるので、そうも言ってられない。後ろ髪引かれる思いで、お店を出ればあたりは既に夕暮れ時。
お店からは優しい明かりがもれ、薪ストーブからあがる煙でこれまた情緒たっぷりだ。

012405

いつも一人でこの不思議空間を充分楽しんでいたのだが、同じような感性の友人達と過ごすこの不思議空間は、予想以上に格別で上質な時だった。
越生駅で解散となったのだが、皆心に残る余韻を楽しんでいるに違いない。

さて次はどんな不思議空間に行くことにしようか?
こんな店を見つけることが、何だかまた新しい趣味に加わりそうな気がしています。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

いまいち

昨年末からの風邪がいまだ完全復調せず。何にもやる気がしませんが、このままではかなりやばいかも。
本日はFF21の定例倶楽部ランだけど、正直この寒い中、ロードバイクに乗る気は全然起こらず。まあいつものことなんだけど、やっぱり今年の冬も自転車の出番は当分なさそう。

011101

この3連休は、かなり強い寒波がやってきて、いい感じに雪が降りそう。でもまだスキーツアーってな状態ではないので、スキー場のパウダーを狙うのがせいぜい。
てなわけで、気象庁のHPで天気図と降水量をチェックし、新雪パウダーが期待できる連休中日に、神立スキー場に行ってきた。
AM 7:00 のリフト稼動開始時間に間に合うよう、AM 4:30に家を出た。普段ならこれで間に合うのだけど、高速道路のチェーン規制や作業車による渋滞などで、到着は7:10、スタート7:20。
結局これが致命傷となり、パウダーコースのヘラクレスのファーストトラックに間に合わず。リフトに乗っている目の前で、多くのボーダースキーヤーにによって、コースはギトギト。
とりあえず行ってみるが、コース脇にちょっとパウダーがの残っている程度でがっかり。しかも昨日の雪の量は20cmほどとたいしたことなく、底つきして雪の下に隠れているコブが厄介で、コンディション的にもいまいち。

しょうがないので 9:00 にオープンするオリオンコースに期待して、それまで適当にコース脇のパウダーをあさりつつ、時間を過ごす。
AM9:00 少し前にリフトに並んでオリオンコースのオープンは、4番目くらいとなんとか良い条件で滑る事ができたが、上部は雪付がいまいちで、下部は斜度が緩みすぎスピードが出ない。それなりにパウダーを滑ったが、ううむ・・・いまいち。

結局本日のまともなパウダー滑走は3本程度、雪も思ったほどの量もなく、人出が多かったのでしょうがないと言えなくもないが、なんとも消化不良。これなら前回のNASPAのほうが、パウダー楽しめたなあ。

次回はその辺の裏山で、林間パウダーをゴソゴソと楽しみたいところ。

朝も早かったので、PM 1:00 頃まで適当に滑って早々切り上げた。
帰りの高速道路通勤割引を使うために、三国峠越えと猿ヶ京の「まんてん星の湯」に寄って帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

あけましておめでとうございます

010403

新年早々この冬二度目の風邪をひいて、家でゲホゲホ臥せってます。
な~んにもする気になれない、年明けです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »