« グランフォンド糸魚川2008(前日) | トップページ | 白石峠から金昌寺、秩父高原牧場(131km) ★★ »

2008年10月 5日 (日)

グランフォンド糸魚川2008(当日)

昨夜は激しい雨が降り続き、ツールド美ヶ原の二の舞いかと心配しましたが、朝には薄日も差して天気は回復、夕方までは雨の心配もないということで、ほっと一安心。
朝食事までちょっと時間があったので、宿の周りをぷらぷらお散歩。刈り入れが終わったのどかな山村風景です。

100501

食事が済んだらすぐにグランフォンド糸魚川のスタート地点、マリンドリーム能生に向かいました。

スタートは適当にグループごとに並び、30秒おきぐらいに10人ぐらいずつスタート。スタートしてすぐは、狭いサイクリングロードと言うこともあり、スタートダッシュという雰囲気には程遠く、皆さんのんびりとしたスタート風景です。
で私たちのグループもスタート。スタートしてすぐに80kmコースのPチャンはちぎれて見えなくなりました。
名立までは、狭いサイクリングロードのため約25kmほどの巡航で走ります。名立を過ぎると、海岸から一般道を山に向かいます。緩い登りですが、車も少なめなので非常に走りやすい道です。そして桂谷から右折して、道は狭い林道となり最初の山越え区間に突入。
まだまだこの先長いコースが待っているので、皆さんさほど急ぐでもなくマイペースで淡々と登っていきます。

100502

出発して約1時間で最初のピーク母袋峠に到着。速くも無く遅くも無く、ペース的にはいい感じ。

100503

ここから緩やかに下って、少し登るといった具合で、飛ばすにはもってこい。
また高倉、下倉の集落と間に広がる棚田の風景が、凄く魅力的。山上集落、棚田ファンとしては、写真も撮りたい、でも気持ちよく飛ばしたいで、非常に迷いました。写真はまた今度ゆっくり訪れたときにとっておこう。

下倉の集落で、最初のエイドステーション。ここでFF21、120kmコースのメンバーは無事合流。
かねてからの話のとおり、笹寿司、おにぎり、お稲荷さん、笹団子、フルーツ、チョコレート、etc.. とまさにご馳走。
普段自転車に乗るときは、固形のものはあまり取らないのですが、今回は不思議とバクバクいけます。美味です、感動ものです、サポートの皆さんの心づくしに感謝です。
10分ほどひとしきり食べた後、次のチェックポイント目指して出発。

100504

ここから、湯ノ沢橋のピークを越えて、今回の最高地点のピークこえど越えに向かいます。
途中沿道で声援くださる地元の方々が、暖かくも身にしみます。こちらから、「撮ってもいいですか~」と走りながらカメラを向ければ、思いっきり笑顔のピースサイン。
マイペースながらも、やはり回りの人たちに刺激され、だれずにそこそこがんばって登ります。途中有名人の悪魔おじさん?の声援とハイタッチを終えれば、こえど越えに到着です。
ここで後続の3人を待ちますが、いつまでたってもいっこうに現れません。峠で約15分ほど待ちますが、それでも現れずもしや先に行ってしまったのでは?と心配になりました。
標高が高いので体も冷えてきたのでやむなく下って、次のエイドステーションで待つことにします。

100505

こえど越えからの下りは、眼下に火打、焼山の裾野に広がる早川流域の雄大な眺めが広がり絶景が堪能できます。
しかししばらく下っていくと、数台のサポートバイクと落車と思われる痛々しいローディーが。これは後からわかったのですが、どうやら足長スズメバチの群れに遭遇して、刺されて落車したようです。そのほか数名ハチに刺された方がいたようで、私は幸いにも何もありませんでしたが。まあこういうアクシデントはしょうがないですね。

100506

エイドステーションでさらに15分ほど待ちますが、いっこうに来ないので、しょうがないから出発しようと思った頃、やっと後続の3人が現れました。何でもタイヤがパンクして修理していたようですが、チューブの交換とエアーの注入に失敗して、思わぬ時間ロスをしたとのこと。時計を見れば、確かに30分近くはロスしたんじゃないだろうか。まあ何はともあれ、無事合流を果たせて、ほっと一安心。

結局エイドステーションで30分くらい休んだので、足の疲れもすっかり回復したので、まあ良かったのか。ここからなだらかな登りと下りを繰り返し、スピードを出してかっ飛ぶにはいいコース。そんなにがんばって踏まなくてもいいのですが、ついつい踏んで遊んでしまいます。

そんなふうに遊んでいると、チェーンが後輪のギヤの外に外れて、タイヤロック。ひえーと思ったけど、単なるチェーンの脱落で、すぐに復帰。そしたら先行したBANさんが、なにやら自転車を下りて、休憩モード。まだエイドステーションは先のはずだが?

とそこはボランティアの方の、私設のシークレットエイドステーションでした。

100507

しかし、エイドステーションでカレーか!?
胃が弱くて、自転車に乗っているときは、いつもあまり固形物を食べない私にとってはカレーは重すぎて遠慮しときます・・・。て試しにメンバーが食べているカレーを一口もらうと、まいう~。と急に食べたくなって、私もガッツリ美味しい新米の炊きたてと一緒に食べてしまいました。やっぱり美味しいと食べられるものですね。どうも美味しいカレーをありがとうございました。
とそうこういっても、ちょっとのんびりし過ぎ、先を急がねば。

少し走って3つめのエイドステーションに到着。お腹いっぱいで食べないつもりでしたが、やっぱり美味しそうな食事を見ると、食べないわけにはいきません。何だか今日は自分の胃袋ではないような食欲。不思議だなあ。

100508

エイドステーションを後にして、最後の激坂が待っています。しばらくは川沿いの緩い登りですが、そのうち突然15%の激坂が現れました。ここまで順調に来ましたが、さすがに終盤のこの坂は足にきそう。こんな激坂でがんばるのは、エネルギーの無駄なので、必要最低限の力で、何とか倒れないよう漕ぎながら、力を温存。
やっと激坂区間が終わり、普通の坂になったのでさあここからちょっとがんばって踏んで見ようと思ったところ、あっさりピークに着いてしまいました。激坂はしんどかったけど、登りは短時間にあっさり終わったみたいで、ちょっと拍子抜け。まあそれでも登りは終わったので、あとは下るだけ♪山頂付近の道からは展望抜群、雨飾り山や焼山が雲の向こうに見えます。
下りは最初気持ちよくかっとんでいたけど、途中から道の継ぎ目がひどくて、パンクしそうでスピードダウン。それでもそこそこ飛ばしつつ、走っていたら後続のメンバーが見当たらない。仕方が無いので、前方のグループに追いつき、車列にのっかて、最終エイドステーションまで30kmオーバーで快適クルージング。
最終エイドステーションでも、しっかり食べました。おにぎりも笹寿司も食べたけど、一番食べたのは笹団子かな。あんこ系は即エネルギーに変わるようで、こんなときは食が進む。
最後にボランティアの少年に入れてもらった珈琲も、美味しかったよ。
ここで後続のメンバーと合流して、最後のゴールを目指し、車列をつくって走り出す。最後尾について、走るだけなんだけど何だか足が回らないので、ヒーヒー言いながら着いていった。最後に30km以上で引いてくれるメンバーに感心、私はやっぱり平地は苦手です。

なんとか抽選会が始まる前、3時45分頃にゴールできました。殆どゴールと同時にポツポツ雨が降り出した。なんというタイミング。

それにしても面白かったねえ。こんな面白いイベントは他にありません。運営とボランティアの皆様、本当に楽しいイベントをありがとうございました。そしてご一緒くださったFF21のメンバーにも感謝です。

100511
この写真は、今回同行してくださったBANCHANから頂いたもの。うっかり美味しい食べ物の写真を撮るのを忘れてました。食べることしか頭になかったみたい?
まさにグルメフォンドですね。

私はそのまま帰らなければいけないので、抽選会も出ずに帰り支度。
能生駅を5:26に出発して、長野新幹線高崎経由で、9:30頃鴻巣に到着しました。

参考タイム
マリンドリーム(8:15) - 母袋峠(9:10-9:15) - 下倉AS(9:30-9:40) - こえど越(10:55-11:10) - 上覚AS(11:25-12:00) - カレーAS(12:35-12:45) - 大野AS(13:15-13:30) - 岡ノ倉谷頂上(14:15-14:20) - 姫川港AS(14:50-15:05) - マリンドリーム(15:48)

走行時間 5:48
走行距離 123km
累積標高 2100m
平均速度 21.2km
平均ケイデンス 70
平均心拍数 136
消費カロリー 3472Kcal

行動時間7時間半に、走行時間6時間弱、休息時間1時間半以上って・・・休みすぎ?
帰ってから体重を量ると、なんと1.5kgの増加(爆)、こんなイベント他にないな。

100509

100510

|

« グランフォンド糸魚川2008(前日) | トップページ | 白石峠から金昌寺、秩父高原牧場(131km) ★★ »

コメント

報告待っていました!!!

 何とか天気にも恵まれ完了できて良かった。雲が低くて幻想的な写真もgoodです。晴天より、これくらいの気温が、坂道の登りでは良かったのではないでしょうか。各所での景色が懐かしく思い出されます。地元の皆様のボランティアでの補給提供や応援が一段と拡大し盛んになっていますね!!
 お土産(蟹?)は忘れずに持ち帰りましたか?私達が参加したときはアクシデントもあり、貰い損ねてしまいましたよ。
 次の掲載待っています。

投稿: sugi | 2008年10月 7日 (火) 09時00分

とりあえず今日はここまで、明日また加筆しますので、お楽しみに。
蟹は私だけ輪行で帰りましたので、チケットを自動車組にあげました。以前ここで蟹を買いましたが、1000円くらいの蟹は、やっぱり味噌汁に入れるくらいがちょうど良さそうです。

投稿: kan | 2008年10月 8日 (水) 01時12分

 山間部サイクリングで、道も狭くツールド能登より、全体的に皆さんユッタリとサイクリングが楽しめ、しかも途中での補給が万全、持参する必要なしは、有り難いですよね!
 パンクは、チューブ交換に失敗したのかな?

投稿: sugi | 2008年10月 8日 (水) 04時35分

コースはそこそこハードなんですが、ゆる~い感じが心地よかったです。そのためかあまり疲れた感じがしませんでした。
必死に走れば、きついコースですが、のんびり走ればいつものように楽しいコースです。

>パンクは、チューブ交換に失敗したのかな?
一度目の空気入れに失敗し、バルブの先端のネジを折ってしまい再度チューブの交換。このチューブが劣化していたため、これも交換になって閉まったようです。

投稿: kan | 2008年10月 9日 (木) 01時48分

雨が降りだす前にゴールできて良かった、良かった。体重増加は信じられないね!写真を沢山撮ってあるところをみると緩かったて事!!
確かに平地に降りると、ゴールに向かってトレインが異常に早くなりますね、皆さん力が余っているのかな?
予備のチューブで長く使ったことが無い品は、出発前に要点検ですね、注意しよう!

投稿: sugi | 2008年10月 9日 (木) 12時21分

糸魚川グルメフォンド、いや違った、
グランフォンド楽しそう!
私も来年参加したいですね。

投稿: YAMADA | 2008年10月 9日 (木) 21時03分

自分は糸魚川グルメフォンド後二泊目は実家でそこで待ち構えていたのが義父と義弟越後の美酒をこれでもかと振舞われあえなくダウンその後爆睡!

投稿: nekoJ | 2008年10月 9日 (木) 22時48分

> 写真を沢山撮ってあるところをみると緩かったて事!!
もっと写真を撮りたかったのですが、周りに他の自転車もいるので、何処でも停まって撮影と言うわけにもいきません。
いつか一人でゆっくり周りたいところです。
コースはタイムを争う走りをしなければ、平成の森公園から、大野峠、白石峠連続2本くらい?時間に余裕があるので、巷で言われるほどハードなコースではないような気がしました。女性のかたもけっこういましたし。

> 糸魚川グルメフォンド
ほんと、糸魚川グルメフォンドとしたほうがぴったり。
募集開始日の消印なら、参加は受け付けてくれるようです。
来年も参加予定ですので、大会でお会いしましょう。

> 美酒をこれでもかと振舞われあえなくダウンその後爆睡!
残念ながらお酒の味はわかりませんが、お魚なら楽しめますね。来年もぜひ。

投稿: kan | 2008年10月10日 (金) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/42710895

この記事へのトラックバック一覧です: グランフォンド糸魚川2008(当日):

« グランフォンド糸魚川2008(前日) | トップページ | 白石峠から金昌寺、秩父高原牧場(131km) ★★ »