« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月19日 (日)

おおとり祭り

今日は地元のおおとり祭りの日。
昼間は子供達、友達と一緒にお祭りに出かけ、家族全員で出かけることはもうない・・・ちょっと寂しい。
私はというと、オークションに出品した子供用のルイガノMTBの梱包に四苦八苦。
結局ルイガノMTBは予想外の28000円で落札され、かなり嬉しい。

101901

結局夜だけ娘2人と一緒に、お祭り見物。こんなことももうすぐなくなるでしょう。
今のうちにしっかり楽しんでおかないとね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

赤城山から迦葉山(95km) ★★★

101801

秋もそろそろ本番、どこか秋をしみじみ味わうツーリングがしたいと、赤城山から迦葉山までのコースを考えた。いつもより余裕ある100kmのコースとして、ウェアもまったり系で行こう。
車で自転車を持っていくことも考えたが、ガソリン代も高いし輪行で行くか。

AM 5:30 暗いうちに玄関を出発し、AM 6:01の鴻巣発の電車に乗り、前橋にはAM 7:20 着。
自転車を組み立てて出発しようとすると、何か後輪の空気圧が低い。昨夜パンパンに入れたのに、微妙に空気が減ってる。とりあえず携帯ポンプで補充して出発。

101802

前橋駅前から少し走れば田舎道になって、交通量も減り助かった。赤城神社までは、だらだらと田舎道を登り赤城神社で一休み。この辺の紅葉は、色づき初めというところか。あと2週間もすれば、この辺も見ごろになるだろう。

いつもなら赤城神社から山頂まで一気に登るのだが、今日はとりあえず展望台まで、だらだら登っていく。といってもあんまり力を抜きすぎると、だれてかえって疲れるので、加減が難しいところ。展望台で、しばし休息。いつもより時刻が遅いこともあるが、やっぱり紅葉見物だろうか、この狭い道をけっこうの数の車が登っていくので、いつもより走りにくい。
展望台までは、まだ緑の葉が多いが、ここから上はいよいよ本格的な紅葉の森となる。

101803

小沼に到着すれば、駐車場は満員ゾロゾロと観光客が歩き回り、いつもは静かな小沼もちょっと落ち着かない。確かに紅葉は盛りで綺麗だが、なんとなく落ち着かないので、写真を撮って、早々と移動。

101804

覚満淵をちょっと覗いて、おそば屋さん風の庵で軽めの昼食。まだ少し時間が早いので、客は3組ほどでまだ空いている。いつものもりそばを注文、ここのそばって独特で美味。
外を眺めれば、ヤマガラやシジュカラなどがえさ台で、えさをついばんでいて、和みます。
外に比べれば、店の中は静かなもの。ゆったりそばを堪能した後は、早々に喧騒な赤城山を後にする。

101805

赤城山北面道路を一気に900mダウンヒルした後、先日見学し損ねた南郷の古民家、曲がり屋を見学(無料)。赤城山と違って、ここは静かでのんびりしていて、居心地がよい。縁側に座ってまったり、足湯に浸かってまったり、小春日和にほげ~。

101806

次はどう考えても税金の無駄遣いの道、望郷ラインを通って、道の駅田園プラザを目指す。望郷ラインって、凄く道が良くて走るには本当に気持ちよいのですが、いつ通っても殆ど車が走っていません。それもそのはずで、この道を通っても、単純に距離が長くなるだけなので、地元の人も走らないでしょう。気持ちよく走るためだけの道、それにしても立派過ぎます。せっかくだから、自転車で走っちゃいましょう。これだけ広くて綺麗な道を、独占状態で走れるなんてめったにありませんから。

101807

田園プラザは、ちょっとしたグルメなショッピングモールみたいで、いつ来ても賑わってます。地ビールとか焼きたてパンとか、家族でのんびり過ごすのも楽しい。ここではブルーベリーのソフトクリームを食す。

101808

この時期2時を過ぎれば、日も傾いた感じ。先を急いで本日の3つめの目的地、迦葉山弥勒寺を目指す。麓の上発知から300mあまりの急坂を登ると、荘厳な伽藍が広がっている。
3時過ぎで、なんとなく夕暮れま近、人影も少なくなり深山幽谷の雰囲気。夕暮れ時のお寺って、旅情というか郷愁を感じるというか、なんか大好き。
そしてお堂に入ると、巨大な天狗の面に度肝を抜かれます。このなんともうそくさい雰囲気が、また面白くていい感じ。

そろそろ日暮れが近いので、最終目的地上牧へ急ごう。これまた望郷ラインのトンネルを抜け、そこから望郷ラインと別れ、佐山を石神峠に向けて北上。
峠を越える頃には、西の空がほんのり赤くなっている。ここから上牧へは、途中の大沼、外坊の山里を抜け坂道を下るだけ。

101809

上牧駅で登り電車の時刻を確認して、駅のすぐそばにある日帰り浴場、風和の湯で今日の汗を流し、疲れを癒した。湯船はたいして広くないが、比較的空いていたのでゆったり浸かれた。裸でベランダにでれば、川を渡る風が心地よい。

40分ほどでお風呂をあがって、駅に向かい、自転車を輪行バッグに収納。既にあたりは真っ暗、旅の終わりはやっぱり夜汽車で決まりです。約2時間電車に揺られ、鴻巣に到着。

天気に恵まれ、本日も楽しい旅でした。

本日の行程
鴻巣駅(6:00) - 前橋駅(7:20 - 8:10) - 赤城神社(9:10-9:20) - 小沼(10:50-11:05) - 覚満淵(11:08-11:40) - 南郷(12:20-12:55) - 道の駅田園プラザ(13:45-14:00) - 迦葉山(15:00-15:45) - 上牧(16:30 - 17:30) - 鴻巣(19:30)

 

■本日の走行データ
走行時間 5時間58分
走行距離 96.4 km
平均スピード 16km
最高スピード 58.3km
平均ケイデンス 56
平均心拍数 132
消費カロリー 3360kcal
累積標高 2388m

101810

101811

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

白石峠から金昌寺、秩父高原牧場(131km) ★★

先週糸魚川まで遠征したので、連休中日の今日は近場をうろちょろ。
朝一に走り出そうと思ったけど、風が強くてやけに寒い。スタートを躊躇して、結局風が多少おさまり、暖かくなった9時ごろスタート。
まずはいつものように白石峠を目指す。とその前に、どうせ今日は西平のセブンイレブンは、ローディーたちがウジャウジャいて、なんか寄りづらそうなので、農産物直売所のふれあいの里たまがわで、まずは最初のエイドタイム。ここで小ぶりの大福を2つ食べて、アンパンを背中のポケットに詰め込む。体もだいぶ温まったので、アームウォーマーを外す。でこれが今日の失敗。

101201

いつものように白石峠で、定点計測。35分ジャストくらいで、相変わらず進展なし。
ヘタリなりに、ここであえいでおくと、普通に坂を登ったとき、なんて楽なんだろうと感じるので、お約束の定点計測はやっぱり重要です。

いつものように堂平まで登り、まったりした後、ちょっとうそ臭いが、青少年野外活動センターの紅葉が、色づき始めということなので、そちらに向かう。
県民の森の駐車場に着いたが、色づき始めの木がちらほら。でも全体の紅葉はやっぱり11月に入ってからでしょう。
野外活動センターの森も、たいして色づいていないようなので、そのまま横瀬に下りよう。
で寒いので、アームウォーマーをつけようとしたら、片方しかない。どうやらふれあいの里たまがわに片方落としたようだ。結局ここから震えながら坂を下る羽目に、ぶるぶる。
横瀬まで下れば、寒さもひと段落。寺坂地区の棚田に、パンだの顔があった・・・。

101202

ここから、秩父高原牧場に向かう途中、札所4番の金昌寺前を通ったのでふらっと寄ってみた。ここは随分前によって以来久々。山門がとても立派で、境内にある石仏がよい風情です。
昔はちょっとおどろおどろしいと感じたのですが、今は何だか居心地がよい。歳をとったせいでしょうかね。

さて蓑山の東、三沢から登る秩父高原牧場への道ですが、これがかなりの激坂。暑かったとはいえ、過去2回敗退しているので、今日はなんとしても制覇せねば。
で結局今日もこの道は激坂でした。あまりにスピードが遅いので、ポラールのスピード計は停止と判断してPAUSEモードになって計測してくれません。まあそれでも何とか登りきって、無事クリア。秩父高原牧場へ西側から登るルート、あと2つあるんだよね、でこれがいづれも激坂で敗退しているので、まだ課題は残っているのでした。

秩父高原牧場で牛乳の味がするめちゃうまソフトクリームを食べようと思ったのですが、その前に腹ごしらえで、ざるうどんを食べたら、すっかり体が冷えてしまい、ソフトクリームを食べる気がうせてしまった。

登谷牧場まで走って、そこからまたも震えながら小川町側へ下りて、だめもとでアームウォーマーをとりに、ふれあいの里たまがわに向かう。
まだちょっと登り足りないので、松郷峠から雲河原を走る。それでもなんか登り足りないような感じだ。

101203

ふれあいの里たまがわでお店の人に聞いたら、アームウォーマーを幸い誰かが届けてくれたようで、すぐに持ってきてくれた。感謝感謝。
店の前で、ワンボックスカーの出店を若い女性がやっていた。珈琲も美味しそうだったが、ここは疲れているので、田舎しるこを注文。おこげがあるカリカリしたお餅がうれしい。

さてだいぶ日が傾いたので、急いで帰宅。少し薄暗くなったたが、5時ちょっとすぎ無事に帰宅。最初は風が強かったけど、その後は秋のすがすがしい空気を満喫した一日でした。

走行時間 6:35
走行距離 131km
累積標高 1700m
平均速度 20.4km
平均ケイデンス 70
平均心拍数 127
消費カロリー 3481Kcal

早めに出てれば、もうひと登りして、累積標高 2000m を越えたのですが。累積標高はグランフォンド糸魚川に足りませんが、激坂があったためかTTのためか、消費カロリーは糸魚川以上、疲れ具合もどっこいどっこいでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

グランフォンド糸魚川2008(当日)

昨夜は激しい雨が降り続き、ツールド美ヶ原の二の舞いかと心配しましたが、朝には薄日も差して天気は回復、夕方までは雨の心配もないということで、ほっと一安心。
朝食事までちょっと時間があったので、宿の周りをぷらぷらお散歩。刈り入れが終わったのどかな山村風景です。

100501

食事が済んだらすぐにグランフォンド糸魚川のスタート地点、マリンドリーム能生に向かいました。

スタートは適当にグループごとに並び、30秒おきぐらいに10人ぐらいずつスタート。スタートしてすぐは、狭いサイクリングロードと言うこともあり、スタートダッシュという雰囲気には程遠く、皆さんのんびりとしたスタート風景です。
で私たちのグループもスタート。スタートしてすぐに80kmコースのPチャンはちぎれて見えなくなりました。
名立までは、狭いサイクリングロードのため約25kmほどの巡航で走ります。名立を過ぎると、海岸から一般道を山に向かいます。緩い登りですが、車も少なめなので非常に走りやすい道です。そして桂谷から右折して、道は狭い林道となり最初の山越え区間に突入。
まだまだこの先長いコースが待っているので、皆さんさほど急ぐでもなくマイペースで淡々と登っていきます。

100502

出発して約1時間で最初のピーク母袋峠に到着。速くも無く遅くも無く、ペース的にはいい感じ。

100503

ここから緩やかに下って、少し登るといった具合で、飛ばすにはもってこい。
また高倉、下倉の集落と間に広がる棚田の風景が、凄く魅力的。山上集落、棚田ファンとしては、写真も撮りたい、でも気持ちよく飛ばしたいで、非常に迷いました。写真はまた今度ゆっくり訪れたときにとっておこう。

下倉の集落で、最初のエイドステーション。ここでFF21、120kmコースのメンバーは無事合流。
かねてからの話のとおり、笹寿司、おにぎり、お稲荷さん、笹団子、フルーツ、チョコレート、etc.. とまさにご馳走。
普段自転車に乗るときは、固形のものはあまり取らないのですが、今回は不思議とバクバクいけます。美味です、感動ものです、サポートの皆さんの心づくしに感謝です。
10分ほどひとしきり食べた後、次のチェックポイント目指して出発。

100504

ここから、湯ノ沢橋のピークを越えて、今回の最高地点のピークこえど越えに向かいます。
途中沿道で声援くださる地元の方々が、暖かくも身にしみます。こちらから、「撮ってもいいですか~」と走りながらカメラを向ければ、思いっきり笑顔のピースサイン。
マイペースながらも、やはり回りの人たちに刺激され、だれずにそこそこがんばって登ります。途中有名人の悪魔おじさん?の声援とハイタッチを終えれば、こえど越えに到着です。
ここで後続の3人を待ちますが、いつまでたってもいっこうに現れません。峠で約15分ほど待ちますが、それでも現れずもしや先に行ってしまったのでは?と心配になりました。
標高が高いので体も冷えてきたのでやむなく下って、次のエイドステーションで待つことにします。

100505

こえど越えからの下りは、眼下に火打、焼山の裾野に広がる早川流域の雄大な眺めが広がり絶景が堪能できます。
しかししばらく下っていくと、数台のサポートバイクと落車と思われる痛々しいローディーが。これは後からわかったのですが、どうやら足長スズメバチの群れに遭遇して、刺されて落車したようです。そのほか数名ハチに刺された方がいたようで、私は幸いにも何もありませんでしたが。まあこういうアクシデントはしょうがないですね。

100506

エイドステーションでさらに15分ほど待ちますが、いっこうに来ないので、しょうがないから出発しようと思った頃、やっと後続の3人が現れました。何でもタイヤがパンクして修理していたようですが、チューブの交換とエアーの注入に失敗して、思わぬ時間ロスをしたとのこと。時計を見れば、確かに30分近くはロスしたんじゃないだろうか。まあ何はともあれ、無事合流を果たせて、ほっと一安心。

結局エイドステーションで30分くらい休んだので、足の疲れもすっかり回復したので、まあ良かったのか。ここからなだらかな登りと下りを繰り返し、スピードを出してかっ飛ぶにはいいコース。そんなにがんばって踏まなくてもいいのですが、ついつい踏んで遊んでしまいます。

そんなふうに遊んでいると、チェーンが後輪のギヤの外に外れて、タイヤロック。ひえーと思ったけど、単なるチェーンの脱落で、すぐに復帰。そしたら先行したBANさんが、なにやら自転車を下りて、休憩モード。まだエイドステーションは先のはずだが?

とそこはボランティアの方の、私設のシークレットエイドステーションでした。

100507

しかし、エイドステーションでカレーか!?
胃が弱くて、自転車に乗っているときは、いつもあまり固形物を食べない私にとってはカレーは重すぎて遠慮しときます・・・。て試しにメンバーが食べているカレーを一口もらうと、まいう~。と急に食べたくなって、私もガッツリ美味しい新米の炊きたてと一緒に食べてしまいました。やっぱり美味しいと食べられるものですね。どうも美味しいカレーをありがとうございました。
とそうこういっても、ちょっとのんびりし過ぎ、先を急がねば。

少し走って3つめのエイドステーションに到着。お腹いっぱいで食べないつもりでしたが、やっぱり美味しそうな食事を見ると、食べないわけにはいきません。何だか今日は自分の胃袋ではないような食欲。不思議だなあ。

100508

エイドステーションを後にして、最後の激坂が待っています。しばらくは川沿いの緩い登りですが、そのうち突然15%の激坂が現れました。ここまで順調に来ましたが、さすがに終盤のこの坂は足にきそう。こんな激坂でがんばるのは、エネルギーの無駄なので、必要最低限の力で、何とか倒れないよう漕ぎながら、力を温存。
やっと激坂区間が終わり、普通の坂になったのでさあここからちょっとがんばって踏んで見ようと思ったところ、あっさりピークに着いてしまいました。激坂はしんどかったけど、登りは短時間にあっさり終わったみたいで、ちょっと拍子抜け。まあそれでも登りは終わったので、あとは下るだけ♪山頂付近の道からは展望抜群、雨飾り山や焼山が雲の向こうに見えます。
下りは最初気持ちよくかっとんでいたけど、途中から道の継ぎ目がひどくて、パンクしそうでスピードダウン。それでもそこそこ飛ばしつつ、走っていたら後続のメンバーが見当たらない。仕方が無いので、前方のグループに追いつき、車列にのっかて、最終エイドステーションまで30kmオーバーで快適クルージング。
最終エイドステーションでも、しっかり食べました。おにぎりも笹寿司も食べたけど、一番食べたのは笹団子かな。あんこ系は即エネルギーに変わるようで、こんなときは食が進む。
最後にボランティアの少年に入れてもらった珈琲も、美味しかったよ。
ここで後続のメンバーと合流して、最後のゴールを目指し、車列をつくって走り出す。最後尾について、走るだけなんだけど何だか足が回らないので、ヒーヒー言いながら着いていった。最後に30km以上で引いてくれるメンバーに感心、私はやっぱり平地は苦手です。

なんとか抽選会が始まる前、3時45分頃にゴールできました。殆どゴールと同時にポツポツ雨が降り出した。なんというタイミング。

それにしても面白かったねえ。こんな面白いイベントは他にありません。運営とボランティアの皆様、本当に楽しいイベントをありがとうございました。そしてご一緒くださったFF21のメンバーにも感謝です。

100511
この写真は、今回同行してくださったBANCHANから頂いたもの。うっかり美味しい食べ物の写真を撮るのを忘れてました。食べることしか頭になかったみたい?
まさにグルメフォンドですね。

私はそのまま帰らなければいけないので、抽選会も出ずに帰り支度。
能生駅を5:26に出発して、長野新幹線高崎経由で、9:30頃鴻巣に到着しました。

参考タイム
マリンドリーム(8:15) - 母袋峠(9:10-9:15) - 下倉AS(9:30-9:40) - こえど越(10:55-11:10) - 上覚AS(11:25-12:00) - カレーAS(12:35-12:45) - 大野AS(13:15-13:30) - 岡ノ倉谷頂上(14:15-14:20) - 姫川港AS(14:50-15:05) - マリンドリーム(15:48)

走行時間 5:48
走行距離 123km
累積標高 2100m
平均速度 21.2km
平均ケイデンス 70
平均心拍数 136
消費カロリー 3472Kcal

行動時間7時間半に、走行時間6時間弱、休息時間1時間半以上って・・・休みすぎ?
帰ってから体重を量ると、なんと1.5kgの増加(爆)、こんなイベント他にないな。

100509

100510

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

グランフォンド糸魚川2008(前日)

明日はいよいよグランフォンド糸魚川。今回は前日に糸魚川能生に宿をとり、宿泊後翌朝グランフォンドに参加する日程。
FF21から参加者は5名で、本日一緒に向かうのは、NEKOJさん、BANさん、Pちゃんの3名。朝7時に自宅を出て、自走で東松山インター近くのピックアップ場所で合流。
本当は帰りも皆さんとご一緒する予定だったが、仕事の都合上明日はグランフォンド直後に、輪行で帰宅しなければならないのがちょっと残念。

関越道の東松山から塩沢石打サービスエリアまで、順調な移動。そしてサービスエリアでは、魚沼産高級コシヒカリの試食イベントが行われていた。
釜で炊かれたツヤツヤした新米は、超美味。普段こんな高級米は食べてないから、感激ひとしお。今回はグルメツアーの予感か。

六日町でインターを下りたら、ほくほく線沿いに松代経由で直江津に向かう。直江津からほんの少しで、無事糸魚川市能生のマリンドリーム糸魚川に到着。いつも使う信越道の妙高経由で来るよりも時間はたいして違わず、高速代金はこちらのほうがかなり安めだ。

100401

ちょうどお昼となったので、自転車を降ろして NEKOJ さんが予約を入れておいた、肴屋に向かう。地元の人しか知らないような路地の奥まったところの、こじんまりとしたお店。
やっぱり能生に来たからには蟹だよね、ということで予約済みの3000円コースの蟹とお刺身を堪能。そしてこちらも新米のご飯を頂く。ううん、やっぱり新潟の新米は美味しいねえ。
宿では蟹が出なかったので、ここで食べておいて正解でした。
やっぱり海の近くで食べる蟹やお魚は格別。

さてひとしきり食べてお腹もいっぱいになったことだし、NEKOJ さんの案内でこの辺をポタリング。NEKOJ さんのお嫁さんの実家は、このすぐ近くということなので、本当にお膝元。

100402

しばらくいくと、山の上になにやら展望台らしきもの。それじゃああそこまで登るべえと、公園への道を探しエッチら登っていく。
結局展望台までは自転車では行くことができず、そこからは1000段以上の階段を登っていかねばならない。せっかくだからと NEKOJ さんと二人で1000段以上の階段を登ったが、これには大後悔。しんどいわりには展望台は朽ちて使用禁止で展望に恵まれず。だいたい1000段以上の階段を登る物好きはいないらしく、人が最近登った痕跡がないのだから。

まあこれは大失敗だったが、ここから道が北に伸びているので、適当にはしってみたら、これが思いのほか楽しい道。道はちょっと荒れ気味だが展望もいいしなかなか遊べた。

このあと4時ごろマリンドリーム能生でエントリーを済ませ、本日のお宿、山水館へ。

ここでは夕飯と一緒に回りの三軒の宿で交流会が行われました。約50名くらいの自転車好きのおっちゃん、おばちゃんが集まり、楽しいひと時を過ごしました。海の幸を中心に食事もボリューム満点、結局食べきれずちょっと残念ですが、明日のことを考えると食べすぎ、飲みすぎは厳禁です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »