« 安曇野の思い出 | トップページ | 旧山古志村棚田と山里めぐり(80km) ★★★ »

2008年9月11日 (木)

チャレンジ・ザ・日本海 鴻巣-柏崎(250km)★★★

かねてからの懸案の、一日で日本海を目指すプランを実行してみた。
一般に関東から日本海といえば、糸魚川や上越なんだけど、我が家から一番近いのは柏崎。
通常日本海へ行くために、夜間走行や交通量の多い幹線道路を使うけど、そんな危険で楽しくない走り方なんて、あほくさいのでまっぴらごめん。
あくまで明るい時間帯の走行と、交通量が比較的少ない安全なルートを走ることとする。
もっとも三国峠だけは、迂回路がないのだけど、さてどんなもの?またトンネルが多いのも少し気になるところ。

091103

朝の5時、明るくなる頃、鴻巣の自宅を出発。本庄までは、いつもの抜け道。
朝一は車も少なく、快適快適♪

091104

本庄から利根川サイクリングロード沿いに渋川まで。
ここまでは問題ないのだけど、この先沼田まで車が多くていやらしい。
最初は国道をいくも、身の危険を感じて利根川対岸へ。
沼田までは最初から川の左岸を行くのが正解です。

091105

沼田から遠く谷川岳を眺めて、三国峠へ向かいます。
懸念した交通量も平日の昼間は少なめで助かりました。

091112

さてこれからが本格的な峠道。まずはその前に猿ヶ京の赤谷湖畔のローソンで大休止、といっても25分くらいですが。
この頃からいよいよ暑さも厳しく、固形物が喉を通らなくなってきます。
アイスでひとまずクールダウン。

091106

標高は高いものの、距離が長いので三国峠まではゆるゆるの坂道。
ちょうどお昼時のせいか、三国峠はびっくりするほど車が少ない。トラックの運ちゃんも昼食中?
幸い懸念した三国トンネルも、楽々通過。ここは群馬県側からは若干下っているので、オーバー40kmも可能。これならトラックも振り切れる?
今回は車に抜かれることもなく、拍子抜けするくらい安心して通過できました。
そのほかいくつかのトンネルがありますが、どれも交通量が少なく、スピードを出していく車も少ないので、比較的安心して走れました。

091107

おお、新潟県じゃあ・・・。しかしこの辺から疲れがひしひしと。
この先の二居トンネルは工事中のため危険だから、軽トラの荷台に自転車を乗せて通過してくれとのこと。おおお、日本海まで完全走破の夢が、3kmほど崩れてしまった・・・。
まあ若くてなかなかかわいい誘導係りのお姉ちゃんに、優しくお願いされてしまってはいたしかたないけどね。
この先もやたらと工事中が多かった。まあおかげで新潟県の道はどこも自転車で走りよいけど。

091113

三国峠から、前のスノーシーズン散々通った湯沢に入る。ここから柏崎までのルートは、この春確認済み。ただここから主なルートは2つある。
ひとつは小千谷市までR17沿いに走って、柏崎まで行くか、湯沢から山越えで十日町市を経由して、柏崎まで行くか。
前者は道は比較的平坦だが、距離が長く交通量が多い。後者は山越えルートだが、距離が短く、交通量は少なめ。で、結局当初の予定どうり山越えの十日町ルートに決定。

十二峠トンネルまで、距離は短いがけっこう傾斜はきつく、疲れた体にはこたえる。
それでもなんとかトンネルまで到着。トンネルは広く交通量も少なめなので、ここも通過するにはたいして問題にならない。中は涼しくて気持ちよいくらい。

091108

十二峠トンネルを越えれば、この先の登りは越ヶ沢トンネルと中山トンネルを残すのみ。まあこちらは両方たいした登りではないので、実質あとは下り基調の楽な道。回りの田園風景を眺めながら、あせらず急がずのんびり秋の越後路を楽しもう。

091116

ちょいと幹線を離れれば、自転車天国の道がいっぱい。日が西に傾き気温もだいぶ涼しくなって、自転車で走るにはちょうどいい感じ。
ここまでくれば、アミノバイタル飲んでもうひとがんばり。

091109

柏崎市にはいり、下り基調の道を30kmオーバーでとばすも、もうちょっとで日没に間に合わず。
海に沈む綺麗な夕日、見たかったなあ・・・・残念。

091110

柏崎市内で道に迷って、更に時間ロス。でもなんとか完全に暗くなる前に日本海に着きました。
本日の宿泊は、公園内にある雷音(らいおん)。直前いきなり電話予約なので、夕食は無いけど、まあ泊まるだけだから。露天風呂は無いけれど、大浴場が気持ちいい。
走行距離 235km、累積標高 2700m、平均速度 22km、走行時間 13時間。
自分にご苦労様でした。

参考タイム

鴻巣(5:00) - 本庄(6:50-7:05) - こもち道の駅(9:00-9:15) - 猿ヶ京(11:20-11:45) - 三国トンネル(12:45) - 石内(13:50-14:10) - 越後田沢(15:30-15:40) - せんだ道の駅(16:40-17:00) - 柏崎みなとまち海浜公園(18:15)

|

« 安曇野の思い出 | トップページ | 旧山古志村棚田と山里めぐり(80km) ★★★ »

コメント

 最近、音沙汰が無いので、もしやと思っていましたが、思った通りでした。若いですね!!
 三国トンネルは、高速道路が開通してから交通量は少なくなっています。かなり前になりますが、新潟の本家を2回訪ねたことがあります。弥彦山、国上山も上りました。

投稿: sugi | 2008年9月13日 (土) 04時19分

SUGIさんなら、走破できるのでは?楽しいかは別として。来年日本海魚食いツアー企画したいです。いかが?

それにしても三国峠の交通量の少なさには、ちょっと以外。年に数回通っていますが、こんなに少ないのは初めて。
高速代よりガソリン代の節約ってことでしょうか?

投稿: kan | 2008年9月13日 (土) 07時04分

おお!! やりましたねっ!
何時かは私もチャレンジしたいと思っています。

投稿: しんすけ | 2008年9月14日 (日) 23時59分

軽井沢に往復するよりは楽かもしれません。
太平洋から日本海なら300km、無理じゃないけど、問題は退屈な関東平野をどう走るかというところです。
新潟に入れば、どこを走ってもけっこう楽しいです。

投稿: kan | 2008年9月15日 (月) 22時32分

kanさん、こんばんわ。
凄い事やってますね~^^;
日本海に沈む夕日に間に合わなかったのは、ちょっぴり残念だったでしょうが、
ほんのりと名残りの色に染まる日本海もなかなかですね。
地図上の赤い走行線を目で追いながら、想像力を膨らませています♪
そうそう、猿ヶ京の赤谷湖畔のローソン…ああ、あそこだぁって判りました。湖が望める高台にあるお店じゃないでしょうか?
masaさんは、白馬大池でテン泊してきたそうですよ。
おふたりとも冒険家ですネ!

投稿: sizuku | 2008年9月16日 (火) 21時59分

冒険はやっぱり男のロマンです good
本格的な冒険はともかく、ちょくちょくこんなプチ冒険をしてみたくなるんですよね。
この世の中、まだまだいっぱい楽しい刺激だらけです。

投稿: kan | 2008年9月18日 (木) 01時37分

はじめまして。群馬県高崎の自転車のりです。
柏崎往復ツアーをやろうと思って検索していたらヒットしました。

参考にさせていただきます。
お疲れ様でした。

投稿: キッシー | 2009年6月 2日 (火) 16時52分

キッシーさん
私の記録が役立てばなによりです。
気をつけて行ってきてください。
高崎からですと、つまらない平野部を走らなくていいので、ちょいとうらやましいです。
渋川までが一番辛かったかも。

投稿: kan | 2009年6月 3日 (水) 12時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/42455750

この記事へのトラックバック一覧です: チャレンジ・ザ・日本海 鴻巣-柏崎(250km)★★★:

« 安曇野の思い出 | トップページ | 旧山古志村棚田と山里めぐり(80km) ★★★ »