« まかいの牧場(ドライブ) | トップページ | 糸魚川グランフォンドはGPS持参で »

2008年9月23日 (火)

グランフォンド赤城山(150km) ★★★

10月の第1週目に、グランフォンド糸魚川にエントリーしている。
何でも走行距離が120km、累積標高差が2000m以上のコースを9時間以内に走破する、かなりハードなサイクリングイベントだ。
事前に何にもしないのは不安なので、グランフォンド糸魚川を想定した、グランフォンド赤城山と勝手に命名したレーニングコースに行ってみた。

092301

今日は秋晴れのすがすがしい天気。夏の間すっきり見えなかった赤城山も麓から良く見える。
いつもの総合運動場に車を停めて、AM8:30 スタート。
赤城神社前から、赤城山の外輪山の端まではいつものように定点タイム計測。今回はホイールを ACLASS ALX 430 にしてからはじめてなので、ホイールの効果と減量の成果を見るため、きっちり走ってみた。
時間は64分56秒、とりあえず今までの記録を4分ほど短縮、これもホイールの効果か?気持ち的には、空気が乾燥して涼しく走りやすかったような気がしないでもないが、とりあえず成果はあったとしておこう。
赤城山の山頂付近は、紅葉はしていないものの、すっかり秋の空気でひんやり気持ちよい。先は長いので、記念写真を撮って、エネルギー補給ゼリーを飲み込んで先を急ぐ。

092302

赤城山北面道路は相変わらず空いているが、今日はバイクが猛スピードで何台か走っていた。それでもさして気になるほどではない。
多少路面は荒れているが、直線では簡単に60kmオーバーのスピードが出てしまう。

一気に下ったあとは、R120をまたいで、川場村へ向かう。この村は幹線道路の通行地帯ではないので、車も少なくのんびりと秋の田園風景を楽しむことができる。
失敗したのは、このあたりのコンビニでエネルギー補給する予定だったが、コンビニを見落としてエネルギー補給できなかったこと。これが二つ目の峠の登りに影響し、登っている途中足の筋肉がピクピク・・・やばいかも。

092303

なるべく力をかけて踏み込まないように、のんびり登りに徹して、何とか2つめの峠をクリア。峠はトンネルを越える味気ないもの。

092304

峠からの下りは、毎度おなじみの花咲の湯に向けて快適なダウンヒル。車も少なめで快適快適。
花咲の湯では、風呂には入らなかったけど、エネルギー補給も兼ねて花豆ジェラートを美味しく頂く。尾瀬といったらやっぱりこれだね。
その後老神温泉手前で、無事コンビニを見つけエネルギー補給。これでかなり体力も回復し一安心。これから三つ目の峠を越えねばならないのだから。

092305

日帰り温泉しゃくなげの湯の前では、復元していた曲がり家が完成し、内部を公開していた。見て行きたいのはやまやまだが、この先を急がないといけないので今回はパス。今度ゆっくり見に来よう。
三つ目の峠は、高圧線下のこれまた味気ない雰囲気。
ここから、渡良瀬川沿いのR122まで、最近整備された綺麗な道を一気に駆け下る。
でもR122手前の急坂は、かなり恐い。
R122を走っていると、ちょうど渡良瀬警告鉄道のレトロな列車が走っていた。撮影カメラマンが沿線にいっぱい。

最後にR122から赤城山の台地に登る。がここで少々道に迷う羽目に。
それでもなんとか無事にルートに復帰し、スタート地点に帰り着く。
今日も一日良く遊びました。

走行時間 7:22 走行距離 130km、累積標高 2700m
平均速度 17km 消費カロリー4281Kcal

参考タイム
総合公園(8:30)-展望台(旧ケーブルカー駅)(10:05-10:20)-南郷(11:00)-道の駅田園プラザ(11:35)-峠のトンネル(12:40)-花咲の湯(12:55-13:10)-しゃくなげの湯(14:20)-3つめの峠(15:20)-上神梅(15:50)-総合公園(16:50)

|

« まかいの牧場(ドライブ) | トップページ | 糸魚川グランフォンドはGPS持参で »

コメント

お疲れ様、報告まっていました。

 やっぱり凄いですよ、一緒しなくてよかった、足手まといになるところでした!
 このあたり、武尊周回のレポートにもありますが、お店もコンビニもなくなるので、補給には注意が必要ですね。都市周辺部以外は、持参が安全なようです。糸魚川はレースではないので、普通に走れば写真を撮りながら山道を楽しめます。ただ、平場になると、異常にスピード上がりますね!

投稿: sugi | 2008年9月25日 (木) 09時03分

コンビにはgoogle mapで確認できるのですが、うっかり地図への記入を忘れてしまいました。
やはり必要な情報は、しっかり書き留めなければいけません。
糸魚川・・タイムを取るか写真を撮るか悩むところですが、所詮タイムはたいしたことないので、BLOG用の写真を優先するつもりです。糸魚川周辺の山里は、バックカントリースキーで何度か訪れているので、かねがね山里風景を撮影したいと思っていたところです。

投稿: kan | 2008年9月26日 (金) 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/42584594

この記事へのトラックバック一覧です: グランフォンド赤城山(150km) ★★★:

« まかいの牧場(ドライブ) | トップページ | 糸魚川グランフォンドはGPS持参で »