« 旧大岡村ツーリング(44km)★★ | トップページ | ダイエットの報酬 »

2008年8月10日 (日)

グランフォンド乗鞍岳(70km)★★★

今ではすっかり自転車の聖地になりつつある、乗鞍岳へ。
ここは道路の標高が2700mもあり、自動車が走れる道では日本一標高が高い。
さらにマイカー規制で、バスとタクシー以外は進入禁止。
自転車にとってはまさに日本一と言っても良い道なのである。
今回は乗鞍高原から乗鞍岳に登り、平湯温泉に降りて、安房峠を越え、白骨温泉経由で、乗鞍高原に戻ってくる、乗鞍岳周回スペシャルコース。
標高差1200mの乗鞍岳と、標高差500mの安房峠、標高差700mの蛭窪トンネル越えとまさに日本のグランフォンドとして恥ずかしくない内容なのです。

乗鞍岳は標高が高いので、条件はまさに登山と同じなので、天気が安定した早朝登山が絶対お勧め。
朝5時に健康センターロビーに集合して、乗鞍岳に出発。本日もよい天気、美ヶ原、鉢伏山方面は、朝焼けに雲が赤く染まっている。
早朝の空いた道は快適、朝6時半ごろ乗鞍観光センター横の無料駐車場に到着。
気温は少し肌寒いくらいで、夏の暑さとは無縁だ。ヒルクライムに最高のコンディション。
ここで、一人峠合宿中のY氏と合流し、総勢8人で乗鞍岳を目指す。
めいめい、自転車の準備をして7時ジャストに、駐車場をスタート。

081008

スタート直後は今日のハードな行程を考慮してゆるゆるスタート。
途中月末に行われるレースの練習かと思われるロードバイク4台ほどが、私たちを軽くパスしていく。しかしそれ以外のロードバイクは見当たらず、ちょっと意外な気がした。
レースの練習にさぞ多くのロードバイクが走っていることだろうと想像したが、そうでもないようだ。それとも単に時間が早かっただけか?

三本滝の自動車規制ゲートを過ぎても、坂の傾斜は緩い。さらにゆるゆる走っていくので、心拍数は130-140と超楽チンペース。
これではあんまりなので、途中冷泉小屋の1kmほど手前から、今日の目標心拍数155程度をキープしながら走ることにする。
今までゆるゆるペースだったので、心拍数を上げても気持ちよく登っていくことができた。
冷泉小屋を通過し、位ヶ原山荘を通過する頃は、すっかりバイカーズハイ常態。
全然苦しさは感じられす、ただただ雄大な景色を走る気持ちよさだけ、気分最高 happy01

楽しい時間は過ぎるのが早いもので、気持ち的にはあっという間に大雪渓下の駐車場に到着。ほぼ同時に、余裕しゃくしゃくの唯一の20代C君が到着。
乗鞍岳には積雪期も含めて、何度か来ているが、自転車で登ってきた今日はまた格別の眺めだ。

スタートしてから1時間40分後の8時40分に駐車場に到着。最初にゆるゆる走った割にはそこそこ。それにしてもコース長と標高差が同程度の、美ヶ原のヒルクライムコースとは随分印象が違うものだ。

081009

雪渓では既に多くの人が夏スキーを楽しんでいる。夏スキーも悪くは無いけど、今はやっぱりロードバイクが楽しいかな。
そのうち皆さんもめいめい自分のペースで到着、皆で記念撮影。

081003

081007

081010

081011

山頂付近で写真を撮ったり、景色を眺めたりした後、9時20分ごろ、平湯温泉に向けてダウンヒル。もっと涼しい空気を満喫したいのはやまやまだが、まだ先にハードなコースが待っているので、そんなにのんびりしてもいられない。

このダウンヒルがまた超気持ち良い。空に向かってダイブするようで、まさにこちらも日本一のダウンヒル。平湯峠からは道も細くなり、多少荒れていたが、それでもあっという間に平湯温泉に到着。下界はさすがに暑い、といってもここでも標高1200m以上あるのだが。

081004

10時ごろちょっと早いが、とりあえず目に付いたお蕎麦屋さんに入って昼食をとる。
ピリ辛の肉味噌をかけたおそばが美味。

081012

昼食を済ませ10時50分ごろ、本日の第2ステージ標高差500m安房峠に向かう。
最初は木陰の中の快適な道だったが、次第に日当たりの良い道に変わる。標高が低いこともありかなり暑くてしんどい。車やバイクも思ったより多めで、少し走りにくい。

安房平に着いて、一瞬もう峠に着いたか?と思ったらまだ先があってがっくり。
この後日当たりの良い道を、汗だくになりながら11時40分ごろなんとか安房峠に到着。
それでも峠の小屋の日陰でくつろぐと、風は爽やか。本来はここから穂高がドーンと見えるはずだが、今日は雲の中に。
しばし皆で休んで、釜トンネルの入り口、中ノ湯に下っていく。
しかしこの道、九十九折のコーナーごとに滑り止めのためか、自転車が壊れるんじゃないかと思うほど、ひどく凸凹のコンクリートで舗装されている。
これではとてもじゃないが快適なダウンヒルは望めないというかうんざり。

釜トンネル前に12:20集合して、これからいよいよ魔のトンネルエリア。いろんなレポートでもここは交通量が多く、かなり恐いという報告だ。
なるべく集団でかたまって、下り基調の道を一気に駆け下る。
それにしても聞きしに勝る恐さだった。おまけに水はけのためだろうか、道に細い縦溝が彫ってあり、ロードバイクの細いタイヤがスッポリはまるんじゃないかとヒヤヒヤもの、非常に不安で恐怖におののく coldsweats02
恐さのあまり40kmオーバー、全力で漕いで疲れた。ここが本日最もひどかった難所。もうここだけは正直2度と走りたくない pout

081013

沢渡の駐車場を過ぎ、白骨温泉入り口を曲がると、第3ステージ本日最大の激坂がまっていた。トンネル通過で体力を使い切った身には、この坂はこたえた。
最後の峠は標高差700m、これを越えればスタート地点までは坂を下るだけ。
9%はあろうかと思われる坂が、同じ調子で延々と続いていく。なんで皆平気で登って行くわけ?暑さもあって冷や汗交じりで、最後尾をなんとか着いていくのがやっと。
13時20分白骨温泉まで何とか耐えて到着、休息がてら皆で記念撮影。ここまで来れば、残りわずか。

さてここから蛭窪トンネルまでは、比較的緩い坂で助かった。気温もぐっと涼しくなり、先ほどの冷や汗交じりの不調がうそのように、快調に登っていく。ここでも余裕のC君が、先にトンネルまで到着し、戻って皆にあと600mと告げて回る。さすが若くてエネルギーあまってんなあ。
そして14時最後のトンネルに到着し、後続を待つ。集合し、2台車をやり過ごしてから、皆でトンネル突入。ここも暗くてなんかいやだったが、トンネルの中で車に会うことも無く、比較的安心して通過できた、ヤレヤレ catface
トンネル抜けて坂を下れば、あっという間にスタート地点。14時15分、ほぼ予定どうりに本日のツーリングは終了です。

走行距離 73.5km、走行時間 5時間、累積標高差 2700m のハードなコースは終了したのでした。それにしても60歳を過ぎても元気な走りで完走した、K氏とS氏には脱帽です。
私もこんなに元気な60歳になるのが目標です。
唯一の20代、余裕の走りで羨ましいぞC君。私ももっと早くから始めていれば今頃は・・・。
こんなどMな企画に賛同くださった皆さん、ありがとうございました。来年はトンネルを避け更にパワーアップしたロング・グランフォンド乗鞍岳企画をご期待ください。

このあと駐車場近くの湯けむり館で、今日のコースを皆と語らいながら、ゆったりと湯に浸かったのでした。ここの乳白色の露天風呂は、最高に気持ちよかったなあ~。

081006

それにしても、登って下ってを単純に3回繰り返すだけ、ほぼ平坦地ゼロの厳しいコースでした。でもくせになりそう heart01

後日ハートレートモニタを見たら、
最高心拍数159、
消費カロリー2620kcal、少な~。
累積標高差 2470m
心拍数はいつもの白石峠のときより10以上低いし、白石峠往復より消費カロリーは少ない。意外と楽だったのかも?正直案外疲れが体に残っていませんでした。不思議不思議。

参考タイム
乗鞍観光センター(7:00)-肩の小屋下駐車場(8:40-9:00)-桔梗が原展望台(9:20)-平湯温泉(10:00-11:00)-安房峠(11:40-12:00)-釜トンネル前(12:20-12:30)-白骨温泉入り口(12:40)-白骨温泉(13:20-13:40)-蛭窪トンネル(14:00)-乗鞍観光センター(14:15)

|

« 旧大岡村ツーリング(44km)★★ | トップページ | ダイエットの報酬 »

コメント

乗鞍一周、私も行きたいコースです♪
トンネルでは危険を感じませんでしたか?
乗鞍白骨スーパー林道にも行きたいです。

投稿: YAMADA | 2008年8月11日 (月) 20時06分

写真が素晴らしさを物語ってますね。
行きたかったなぁ...。

投稿: しんすけ | 2008年8月11日 (月) 20時28分

YAMADAさん、やっぱり乗鞍岳は最高っす happy01
自転車天国だ~
でも、トンネルは超恐かったです。
来年も行きたいですが、そのときは安房峠下に
車をデポし、トンネルはパスしたい。

投稿: kan | 2008年8月12日 (火) 01時51分

しんすけさん
FF21 峠班メンバー募集中ですよ。
白石40分なら全然問題ありません。
これからも標高差1000m超の峠企画目白押し・・・

投稿: kan | 2008年8月12日 (火) 01時54分

Kanさん、こんばんわ(^。^)
素晴らしいコースを完走されたんですね。
以前、乗鞍岳にはバスで行った事がありますが、自転車でそんなに速く着いてしまうことが信じられないくらいです。
しかもその後のコースを、地図で拝見してもっとびっくりです。
いつもkanさんは、こんなに走ってるんだなぁって改めて思いました。
60歳で楽勝の方も素晴らしいですね。kanさんも、きっとそんな60歳ですよ!
空の彼方に消えてゆきそうなロードバイクの後姿、凄くかっこいい写真ですね。
他の写真もみな素敵で楽しませていただきました。
それにしても、トンネルは怖そう…(>_<)

投稿: sizuku | 2008年8月19日 (火) 20時42分

sizuku さんこんばんは。
多分ロードバイクが走れる道では、日本一素晴しいルートだと思います。
でロードバイクの素晴しいことは、練習すればするほど強くなるってことですかね。
山頂まで早い人では1時間を切ります。この前の感触だと、私でも1時間半を切れそうです。
私もまだまだこれから、かっこいい爺を目指します。

投稿: kan | 2008年8月19日 (火) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/42132957

この記事へのトラックバック一覧です: グランフォンド乗鞍岳(70km)★★★:

« 旧大岡村ツーリング(44km)★★ | トップページ | ダイエットの報酬 »