« FF21倶楽部ラン | トップページ | 朝駆け »

2008年7月13日 (日)

赤城山皆でヒルクライム(60km) ★★

先日ツールド美ヶ原が中止になったので、どこかしっかり登れるところと、計画したのが赤城神社から登る赤城山ヒルクライム。
下界(熊谷)の最高気温は35℃でしたが、赤城山の山上は涼やかな風が吹く別天地。

071301

暑いのは勘弁というわけで、とにかく朝一で登ろうと言うことになり、群馬フラワーパーク南の総合運動公園に集合して総勢5名でAM7:00スタート。
今回はFF21としては初めてだし、女性もいることなんで赤城神社に一旦集合、その先展望台で再度集合、あとは小沼へ。

赤城神社で前橋在住のI氏と合流。
それじゃあ行きますかとスタートと同時に、P嬢が赤城山登山道路をすどうりして、まっすぐ下りていく。先日の榛名山といいやれやれ。

しばらく進んで忠治温泉を過ぎれば、いよいよ本格的な登りの始まり。九十九折の急斜面を登っていくが、先導のK氏のペースがちょうどいい具合で、なかなか快調。
心拍数が165を越えないよう、やや抑えぎみの一定のペースで登っていく。
展望台前の激坂ではさすがに心拍数は急上昇だが、それでもなんとか登りきって展望台の駐車場に滑り込む。
赤城神社から展望台まで41分、前回は46分だったから5分短縮。やはり一人で走るより随分楽でペースも上がる。多少ダイエットの効果もあったか?

展望台で後続を待つと、各自マイペースでおいおい到着。
それからしばらく経つと、皆さん心配のP嬢が自転車を押しながらも姿を現す。
ここの激坂で自転車を押すのは想定済み、予想以上に早い登場に皆さん一安心。
ここをめげずに登ってきたのだから、立派なものです。

あんまりここで休んでもだれるので、ボチボチ出発しましょうかね。

071302

この道は車も少ないし、木陰のトンネルの道だし夏に登るのにいい道です。
天気は多分晴れなんだけど、山の南側はガスっていてひんやり、空気も気持ちよい。

展望台からは、なんだか集中力が切れてしまい、心拍数150強の談笑モードでのんびり登っていくとやがて、富士見村の看板のある峠へ到着。ここまで25分、のんびり登ったにしてはまあまあ。
途中休んだけど、赤城神社から合計1時間6分。さしあたって1時間で登れるようになりたいもの。

でここから一旦下って小沼に向けて最後の登り。これがまったくやな坂で、長い直線の坂にうんざり。
小沼に着くと皆さん汗を乾かし日向ぼっこ。ちょいと小沼まで下りて散策。
P嬢がなかなか来ないので、少し戻って迎えに行くと、最後の坂を押していた。
まあそんなこんなで、10時小沼に全員集合。お疲れ様でした。

旧ケーブルカーの駅舎に行って、覚満淵の見渡せるところで記念撮影。
その後I氏のお勧め、覚満淵入り口にある、蕎麦屋「風の庵」。
ここはなかなか良い雰囲気のお店で、まだ10時過ぎと時間も早いためのんびりくつろげました。
確かに赤城山に登って、この店でのんびりするのは癖になりそうだ。
その後しばらくして、別行動だったS氏とI氏も加わって、総勢8人。

071303

あとはすっかり観光モードで、山頂の赤城神社に立ち寄り、のんびり大沼一周。
旧有料道路を下る3人と分かれて、私たちは再び小沼への短い坂を登っていく。

071304

涼しい山頂ともここでお別れ。
登ってきた道をのんびり下るが、多少車も増えたので注意が必要だ。

路面はそんなに悪くないのだけど、M氏が運悪く石を踏み抜いてしまいパンク。
まあたまにはしょうがないですね。

071305

あとは順調に下って、車をデポしたところに到着で本日のゴール。
それにしても下界は暑い~でも走行距離 50km 弱はちょっと短いか?

みやぎふれあいの郷でお風呂に入り、本日の汗を流し帰路についたのでした。

ご一緒くださった皆さん、ありがとうございました。
本当に暑さ知らずの極楽ヒルクライムでしたね。この夏あと2~3度赤城山やろうかな。

|

« FF21倶楽部ラン | トップページ | 朝駆け »

コメント

山頂付近、温度も湿度も低く気持ちよさそうですね!!
新しいジャージ、深紅から朱色に変わり、とても良い感じです。やはり兎組みは早いですね。

投稿: Sugi | 2008年7月14日 (月) 08時16分

春に目をつけたとおり、赤城神社からのコースは夏のトレーニングに最適です。
登りはおおむね木々のトンネルで木陰のなか。
朝一番に登れば暑さ知らずのコースです。
今度はご一緒しませんか?

投稿: kan | 2008年7月14日 (月) 22時54分

fullご一緒していただいたメンバーの方後ろから突っついてくれた方そして最後に疲れた中運転していただいた方共に感謝です!

投稿: nekoJ | 2008年7月16日 (水) 23時50分

nekoJ さんやっぱり登りでも引いてもらうと楽ですね。
これが前で引くと、必要以上に心拍数が上昇したり、ペースが乱れて疲れます。
登りはなかなか心理的にも奥が深い。
走行距離が50kmはちょっとサボり過ぎだったかもしれません。

投稿: kan | 2008年7月17日 (木) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/41826809

この記事へのトラックバック一覧です: 赤城山皆でヒルクライム(60km) ★★:

« FF21倶楽部ラン | トップページ | 朝駆け »