« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月28日 (月)

あと400gで・・・

あと400gで目標体重60kg達成。
今年の春、一時期体重が67kgを越え、ポヨンとしたサイクルジャージがかなりいけてなかったのだが、減量の成果で、もうすぐ60kgの大台を切ろうとしている。
嫁さんには60kgを切ったら、自転車のホイールを買うからねと、了解を得ているので、ちょっと早いが、今日サイクルショップに行ってホイールを取り寄せてもらった。
ホイールと言っても、それほど高価なものは買えないので、A-Class の ALX430。このホイールは4万円程度とはいえ、前後重量で1500gを切る軽量ぶりで、ヒルクライムにはピッタリ。
今のホイールは同じくA-Classの兼価版なので、これに替えれば、かなり登りやすくなるはずというショップの店長の言葉を信じ、8月末の入荷予定を気長に待とう。

072701

朝練+週末のライドだけでは減らなかった体重だが、食事制限をしたら見る見る体重が減っていった。私的減量法は基本的には夕食を食べないってこと。
まあそれではさすがに体がもたないので、昼食後3時、5時、7時に、クッキー系栄養補助食品を1回に100~150kcal食べる。これだと夕方空腹感を感じることがないので、夕食を食べなくてもOK。
後は帰宅後10時ごろ、サラダだけを食べる。
ちなみに朝食はフルーツグラノーラとヨーグルト、昼は嫁さんの作ってくれたお弁当です。
これを、月曜日から木曜日まで実行し、週末はちょっとダイエットを気にしながらの普通の食事をとる。
これで無理なく確実に減量できる。これでもトレーニングやツーリングも問題なくこなせるから、多少筋力は落ちるかもしれないが、生活に特に支障はないようだ。
そして週末のご飯の美味しさと言ったら、そりゃあもう感動ものです。

072702

まだお腹周りに幾分ぷよぷよお肉が付いているから、最終的には55kgくらいまで体重落とせるんじゃないだろうか。鏡を見ても、30代の体を取り戻せたようで、なんだかとっても嬉しい。
ダイエットおたく化している、今日この頃です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

赤城山半周 (92km) ★★

今日も白石峠朝駆けのつもりだったけど、暑くて寝苦しく朝の4時に目が覚めてしまった。
この時間に起きれば、赤城山半周を午前中でこなせるのでは?と思い、急遽目的地を赤城山に変更。自転車を車に積み込んで、朝5時に出発。

072601

いつもの総合運動公園には、6時ちょっと過ぎに到着。準備をして、6時半ヒルクライム開始。
赤城神社手前を右に曲がるところから、タイム計測。
気温はたいして高くはないが、湿度が異常に高くていきなり汗が吹き出る。
体も何だかだるくて、さっぱり力がはいらないのでいきなり戦意喪失であきらめモード。
今日はゆっくり登れればいいやと投げやり気味で、通常より心拍数が10以上低い155程度で登る。というか、どうにも気力がうせて心拍数を上げようとしても、なかなかあがらない。

まあこんなこ日もあるさとあきらめるが、標高が高くなるにしたがって、先ほどの息苦しいような湿度もなくなり、爽やかな乾いた空気へと変化する。
気分もだいぶ良くなり、ペダルもなんとか踏めるようになった、やれやれ。
あとはたんたんと峠をめざして登るだけ。結局赤城神社から1時間8分ほどで峠に到着。
いつもより平均心拍数が10ほど低いにもかかわらず、あまりタイム的には変わらなかったので少々複雑な心境。
このくらいの心拍数のほうが効率がいいのか、それとも減量の成果か?

下界は曇りだったが、山上は快晴、雲海が素晴しい。
いつもの小沼でちょっと写真を撮った後、今日は覚万淵で大休止。
覚万淵はちょっと湿原があり、高山の雰囲気。まだ早朝なので、すれ違ったのは犬の散歩しているおじさんだけ。
湖面を通り抜ける風が涼やかで気持ちよい。やはあ~まったり♪

072602

とあんまりゆっくりしてもいられないので、水を補給して赤城山北面道路に向かう。
いつもこの道誰が使うんじゃい?と思っていたとおり、朝9時に車なんか走っちゃいない。
快適ダウンヒルを堪能して、標高1400mから800mへ一気に駆け抜ける。
朝の空気が実に爽快~、気持いい~。道路独り占めや~。

072603

この後少し登って、再び下り標高700m~500mの赤城山西南面を延々登ったり下ったり。
下った後にその勢いで登り返せればいいのだが、途中で力尽きる坂がいくつもある。
車が少なめで、一見自転車で走るのは気持良さそうだが、炎天下では山頂に比べ気温も随分高く、この道はかなりきつい。

空っ風街道経由で最後は、もう勘弁してくれ~状態で赤城神社手前に何とかたどり着く。
走行時間4時間半、距離は80km程度の半日コース。
後でカシミールでルートを調べると、累積標高差2500m以上、赤城山を下ってからでも、累積標高差1000mほど。そりゃ疲れるわけだ。

この後途中の蕎麦屋さんでざる蕎麦を食し、車がおいてあるところまで一気に下って、本日のトレーニング&ツーリングは終了したのでした。

それにしても、このコースを最後まできっちりこなせたら、相当レベルが高いんじゃないかな。私は最後のほうはもうヘロヘロ状態で、とてもきっちり最後までとはいきそうにありませんでした。今度は東回りのさらにアップダウンのきついコースを走ろうと思います。

072604

この後、夜は近所の花火大会へ。嫁さんと長女は体調がいまいちで家で留守番。次女と末娘だけで自転車を荒川土手まで走らせる。
今日は隅田川の花火大会、大規模な花火大会もいいけど混雑がね。
その点近所の花火大会は、ちょっとしょぼいけど、ゆったりした風情があるので、子供達と楽しむにはちょうどいい。花火見物は我が家の夏の恒例行事です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

千葉の夏休み

山スキー友達である凸夫妻の、新居お披露目宴会に参加してきた。
皆でわいわいがやがや、海の幸を堪能し、四方山話とお酒で盛り上がる。
古き良き日本の夏をたっぷり満喫した2日間でした。

072001
御宿の海で海水浴。まだちょっと海水温が低くてぶるぶる・・・。

072002
夜は海の幸と餃子で、美味しいものもろもろで宴会突入

072101
2日目はチャリポタ

072102
運動の後はそばとそうめんでお腹いっぱい。
風のとおる縁側での昼寝は最高でした。

皆さん二日間お世話になりました。
食べ物美味しすぎで、ダイエットも+2kgのリバウンドでした coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

朝駆け

熊谷の予想最高気温は35℃。
まだ梅雨明け発表されてないけど、こりゃ夏本番の気温。
こんな日は暑くてとても昼間なんか走っちゃいられない。
まあそんなわけで、今日も朝駆け。
先日は6時スタートで、帰りヘロヘロ状態だったから、今日は4時45分起き、スタート5時半。
白石峠7時半、その後堂平でまったり8時まで、10時帰宅で本日も約100kmの朝駆け終了。
最後はなんとか暑いながらもコンビニで体冷やして、無事帰宅。
途中白石峠から下ってきたところ、朝駆けのM氏と遭遇。昨日は飲みすぎてスタートが遅れたとのこと。これから登るのは既に辛そう。
この後も白石峠方面に向かう自転車がゾクゾクとやってくる。それにしても暑そう~。
これ以上帰宅が遅れたら、暑さでへたばってただろう。
皆さん暑さには注意してくださいな。
なんせ私は高校時代、山岳部の先輩が熱中症で亡くなるという記憶があります。
ほんと暑さは恐いですよ~。

071901

写真は堂平の天文台と白石方面。
朝の山上は誰もいなくて涼しくて最高。下界に下りたくないな~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

赤城山皆でヒルクライム(60km) ★★

先日ツールド美ヶ原が中止になったので、どこかしっかり登れるところと、計画したのが赤城神社から登る赤城山ヒルクライム。
下界(熊谷)の最高気温は35℃でしたが、赤城山の山上は涼やかな風が吹く別天地。

071301

暑いのは勘弁というわけで、とにかく朝一で登ろうと言うことになり、群馬フラワーパーク南の総合運動公園に集合して総勢5名でAM7:00スタート。
今回はFF21としては初めてだし、女性もいることなんで赤城神社に一旦集合、その先展望台で再度集合、あとは小沼へ。

赤城神社で前橋在住のI氏と合流。
それじゃあ行きますかとスタートと同時に、P嬢が赤城山登山道路をすどうりして、まっすぐ下りていく。先日の榛名山といいやれやれ。

しばらく進んで忠治温泉を過ぎれば、いよいよ本格的な登りの始まり。九十九折の急斜面を登っていくが、先導のK氏のペースがちょうどいい具合で、なかなか快調。
心拍数が165を越えないよう、やや抑えぎみの一定のペースで登っていく。
展望台前の激坂ではさすがに心拍数は急上昇だが、それでもなんとか登りきって展望台の駐車場に滑り込む。
赤城神社から展望台まで41分、前回は46分だったから5分短縮。やはり一人で走るより随分楽でペースも上がる。多少ダイエットの効果もあったか?

展望台で後続を待つと、各自マイペースでおいおい到着。
それからしばらく経つと、皆さん心配のP嬢が自転車を押しながらも姿を現す。
ここの激坂で自転車を押すのは想定済み、予想以上に早い登場に皆さん一安心。
ここをめげずに登ってきたのだから、立派なものです。

あんまりここで休んでもだれるので、ボチボチ出発しましょうかね。

071302

この道は車も少ないし、木陰のトンネルの道だし夏に登るのにいい道です。
天気は多分晴れなんだけど、山の南側はガスっていてひんやり、空気も気持ちよい。

展望台からは、なんだか集中力が切れてしまい、心拍数150強の談笑モードでのんびり登っていくとやがて、富士見村の看板のある峠へ到着。ここまで25分、のんびり登ったにしてはまあまあ。
途中休んだけど、赤城神社から合計1時間6分。さしあたって1時間で登れるようになりたいもの。

でここから一旦下って小沼に向けて最後の登り。これがまったくやな坂で、長い直線の坂にうんざり。
小沼に着くと皆さん汗を乾かし日向ぼっこ。ちょいと小沼まで下りて散策。
P嬢がなかなか来ないので、少し戻って迎えに行くと、最後の坂を押していた。
まあそんなこんなで、10時小沼に全員集合。お疲れ様でした。

旧ケーブルカーの駅舎に行って、覚満淵の見渡せるところで記念撮影。
その後I氏のお勧め、覚満淵入り口にある、蕎麦屋「風の庵」。
ここはなかなか良い雰囲気のお店で、まだ10時過ぎと時間も早いためのんびりくつろげました。
確かに赤城山に登って、この店でのんびりするのは癖になりそうだ。
その後しばらくして、別行動だったS氏とI氏も加わって、総勢8人。

071303

あとはすっかり観光モードで、山頂の赤城神社に立ち寄り、のんびり大沼一周。
旧有料道路を下る3人と分かれて、私たちは再び小沼への短い坂を登っていく。

071304

涼しい山頂ともここでお別れ。
登ってきた道をのんびり下るが、多少車も増えたので注意が必要だ。

路面はそんなに悪くないのだけど、M氏が運悪く石を踏み抜いてしまいパンク。
まあたまにはしょうがないですね。

071305

あとは順調に下って、車をデポしたところに到着で本日のゴール。
それにしても下界は暑い~でも走行距離 50km 弱はちょっと短いか?

みやぎふれあいの郷でお風呂に入り、本日の汗を流し帰路についたのでした。

ご一緒くださった皆さん、ありがとうございました。
本当に暑さ知らずの極楽ヒルクライムでしたね。この夏あと2~3度赤城山やろうかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

FF21倶楽部ラン

昨日に続き、梅雨が明けたかのような猛暑。
正直こんな日は、平地で近場を走るクラブランは、ちょっと遠慮したい気分。

朝7:45に平成の森公園に集合し、3グループに分かれて、AM11:00 菖蒲町のグリーンセンター隣、蕎麦屋さんに集合。
ここから3時間あまり、暑い暑いアスファルトの上を走行。今日は塾長がいないから、いつものようにペースが上がらず、ちょっとだれた走行だが、まあこう暑い日にはそれはそれで良いかも。
ひとしきり走った後、行田の古代蓮公園に到着。それにしてもまだ9時前と言うのに凄い人だ。昨年も多かったが、さらに3倍くらいの人出じゃないか?
花を見に行くと言うより、人を見に行くようでかなりげんなり。もちろん花は綺麗ですよ、しかしね・・・。これもインターネットとデジカメ(特に一眼レフ)の影響に違いない。

070601

ひとしきり休んで、適当に菖蒲町のラベンダー畑に向かう。ちょいと時間があまり気味だから、のんびりぎみの走行。
ラベンダー畑は賑やかだが、それでも古代蓮公園に比べたらたいしたことない。
でもこんなに暑い場所では、ラベンダーもちょいと色あせて見えるのは、私だけか?本来は高温多湿が苦手なはず、なんか無理があるんじゃないかい。

ここでラベンダーアイスクリーム 250円を食べるが、その場で絞るタイプではないため、やっぱりいまいち。まあこう暑いと、こんなアイスクリームでも我慢しよう。

そしてすぐ近くの、グリーンセンター脇のお蕎麦屋へ。ここは食券方式のセルフ蕎麦屋だが、凄い混雑にびっくり。なぜに???わからん。

このあと、あまりに暑いので最終目的地、桶川の紅花館に行かずに帰るメンバーも何人か。お疲れ様でした。
紅花館もやっぱり暑い。ここのテラスで冷えたビールでも飲んだらうまいだろうけど、駅から遠いので帰りがちょっと難点そう。
ここで集合写真を撮って、めいめい帰路についたのでした。

本日の走行距離 60km あまり。疲れてないけど日焼けでヒリヒリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

あちい~

晴れで暑くなりそうだったら赤城山、曇りなら白石峠と思って、朝天気予報を見たら鴻巣近辺の天気予報は午前中曇り。
なら白石峠もそれほど暑くないか・・・、と思い朝6時20分ごろ、白石峠に向けて出発。
でも天気は思いっきり良くて、曇りの気配なし。
それでも早朝はたいした暑さでもなく、いつものように順調に白石峠へ。
そしていつものことながら、そのまま堂平のキャンプ場まで行って一休み。
日向は暑いが、日陰にはいれば標高850mのキャンプ場は爽やか~。

070501

で、そろそろFF21のバンチャンが登ってくる頃かな白石峠から都幾川へ下ると、2kmほど下ったところでバンチャンと遭遇。そもまま一緒に再度白石峠へ上り返す。
家族には午前中で帰ると言ってあるので、しばし白石峠で歓談のあとは、一人鴻巣への帰路へ。
そしてこれが随分辛かった。天気は曇りどころかドピーカンで、体温みるみる上昇。
都幾川から鴻巣までの行程が、まるで砂漠を横断しているみたいな灼熱地獄。
そのうち暑さのためか、エネルギー切れかヘロヘロ状態になり、コンビにに避難。
ここで水とエネルギーチャージゼリー、クーリッシュを摂取し、少し回復。
そのごヘロヘロになりながらも、何とか11時半頃自宅到着。
この暑さ、なんか暴力的。今日もたくさんのローディー達とすれ違いましたが、この暑い中これから登るってのは、体に悪そー。
やっぱり赤城山に登るべきだったかな?

本日の走行距離 95km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »