« ツールド美ヶ原のコースはどんなもの? | トップページ | FF21 定例クラブラン »

2008年5月17日 (土)

ガツンと赤城山 (60Km) ★★

ツールド美ヶ原対策トレーニングとして、赤城山に赤城神社から登ってきた。
先週カシミールからルートの断面図を作成すると、なかなかの激坂で、標高差も1000m程度と、いつもの比企の山々に比べると2倍近い。
さらに下から登れば、標高差も1400mほどとかなりの標高差がとれる。
と言うわけで、大室公園を基点として、赤城神社、小沼、大沼、を経由して赤城南面道路、広域農道、大室公園に戻ってくるルートを回ってきた。
帰ってからちょっと用事があるので、ちょっと短めの60kmほどのショートコース。

自宅から大室公園までは、車で約1時間ちょっと。都幾川方面に車で行くのとあまり変わらない。
大室公園からは、幹線道路を避けて北上。この辺は道が網の目のようにあるから、幹線道路を避けるのは簡単だ。殆ど車が走らない道を、軽くウォームアップしながら赤城神社を目指す。

051701

赤城神社は初めて訪れる。社殿は新しいが、鎮守の森は巨木が茂り、なかなか厳かな雰囲気をかもし出している。ここには美味しい湧き水があり、ペットボトルなどで大量に持っていく人がいた。ここで軽く喉を潤し、いよいよヒルクライム開始。

忠治温泉までは、比較的なだらかな坂だが、そこから本格的な登りが始まる。細かく折り返す九十九折の道は、一気に標高を上げ小気味良い。
ペースはいつもと同じ、心拍数167をベースとして、170過ぎたら下げ、163をきったら心拍数を上げ、なるべく一定の負荷で登る。
前回このペースで1時間だったから、今日は1時間半キープするのが目標。
坂は急だが、前回より登りになれたためか、気分的には楽だ。
で、なかなかいい感じで登れたが。見晴台の近くの激坂には、さすがに足が止まりそうだった。なんとかダンシングで乗り切ったが、心拍数は一気に175まで上昇。
おかげでしばらく足が回らなくなってしまった。
しかし一番辛かったのは、赤城山の外輪山を越して、最後の小沼への登り坂。
直線なんだけど、意外と急なんだよねこれが。最後の標高差100mを何とか上りきってやっと小沼到着。
赤城神社からのタイムは1時間27分、どれぐらいのタイムかさっぱりわからんけど、記録だけは残しておこう。もっとヒーヒーあえげば、もう少しタイムはあがるかもしれないけど、楽しく登るにはこの程度がよろしいようで。
ツールド美ヶ原も、この程度+αくらいで登るつもりだしね、所詮たいしたタイムも望めないので、せめて景色を楽しめる程度の余裕は残しておきたい。

051702

さて小沼についたらここはまだ早春の気候で、木々に緑はない。日差しが多少あって助かったが、それでも寒くて長居は禁物。
記念写真を撮ってさっさと山を下ろうか。

南面道路は路面も良くスピードを出すにはいいが、突然コンタクトが外れてあわてた。
幸い使い捨てコンタクトの予備をもっていたから事なきをえた。
その後も路面を見ながら高速走行が続くと目が乾き、何度もコンタクトが外れそうになった。

051703

下ってくると次第に新緑が眩しくなってきた。ふれあいの森あたりの新緑が、一番綺麗だったかな。この辺は植林の多いいつもの比企の山々に比べると、萌える緑が圧倒的に輝いている。さっきまで寒かった風が、今は気持ちいい。

最後は広域農道、通称空っ風街道を通って、赤城神社近くまで戻る。ここを自転車で走るのは初めてだが、適度のアップダウンとコーナーがなかなかいい感じ。交通量も少なめだが、バイクの音がちょいとうるさい。

赤城神社近くの蕎麦屋さんでゴマだれのうどんを食べて外に出たら、雨が降っていた。
たいした降りではなかったけど、道は完全にウェット。はね水でウェアがびちょびちょ。
雨は予想していなかったなあ。

坂を下って、大室公園に到着。
あとは自転車を車に積んで帰宅、家でしこしこ雨で汚れた自転車を掃除したのでした。

コースは短かったけど、激坂をガツンと登って充実感いっぱい。
このコースは、夏の早朝コースに良さそう。夏はいつもの比企の山々じゃ走る気ならないからね。

参考タイム
大室公園(8:40)-赤城神社(9:20-9:40)-赤城山小沼(11:10-11:30)-空っ風街道(12:15)-赤城神社近くの蕎麦屋(12:50-13:20)-大室公園(13:45)

走行距離 67km

051704

051705

|

« ツールド美ヶ原のコースはどんなもの? | トップページ | FF21 定例クラブラン »

コメント

さすがKanさんです。拍手!
私が登るときは、休み休みです。展望台のところは本当にキツイ、ヨレヨレで心臓バクバクでした。
 頂上付近はやはり寒いので、冬枯れですね。南面道路の長い、長い下りは、いい加減疲れますね。
 麦草(八ヶ岳)で優勝した方は、この登りを55分切って登るらしいです。練習では、これを繰り返して2回もされているとか、信じられない!
 写真と情報有難うございます。

投稿: Sugi | 2008年5月18日 (日) 04時58分

最高タイムは55分ですか、凄いですね。
個人的には最高タイムの5割増しくらいに抑えたいです。
近場で1000mの標高差は基調です。
車を使えば比較的早くスタート地点までいけるので、朝一で登って、上でごろごろ、帰りは下りだけてな夏のトレーニングで使えそうです。

投稿: kan | 2008年5月18日 (日) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/41238556

この記事へのトラックバック一覧です: ガツンと赤城山 (60Km) ★★:

« ツールド美ヶ原のコースはどんなもの? | トップページ | FF21 定例クラブラン »