« FF21 花見の宴 | トップページ | 北アルプスの雪崩れ事故 »

2008年4月12日 (土)

笠ヶ岳 途中敗退

041200

晴れていればこの気持良さそうな笠ヶ岳を滑る予定だったが途中敗退。
写真は2006年のGWに撮影したもの。

天気が良ければ、谷川岳芝倉沢に向かう予定だったが、最近の天候不順と本日の天気予報から、比較的安心して遊べる至仏山周辺で遊ぶことにする。
至仏山は既に3回ほど滑っているので、今日はそのお隣の笠ヶ岳にしよう。
津奈木橋までは、林道が車両通行止めのため、自転車でのアプローチとなる。

7:30頃車止めゲート前に着くと、既に何台かの車が停まっており、2人連れのテレマーカーが、自転車の準備をしていた。
また渓流釣りと思われる人も自転車の準備。この時期ここから自転車でのアプローチは、すっかりスタンダードとなっている。
前回はブーツを自転車の荷台に取り付けたが、今回はブーツをスキーに装着して、一緒にザックに取り付け背負うことにする。
と安易に考えたが、これが想像以上に重い。これで自転車でこぎはじめると、いきなり腰に負担がかかり、腰が悲鳴をあげる。
はたして1時間耐えられるかと不安になったが、まあなんとか1時間で津奈木橋に到着。

041201

鳩待峠へはまだ除雪が進んでいて、2人連れのテレマーカーは、鳩待ち峠へ向かっていった。
私はここからまだ除雪されていない林道を、坤六峠方面へ進む。

タル沢沿いの穏やかな林道を進み、やがてタル沢を渡る橋に到着。
そこから林道と分かれて、タル沢を詰めるルートとなる。
最初は開けた沢の右岸を進み、そのままスリバナ沢を詰めてもいいかなと思ったが、沢の両斜面が迫りちょっと難儀しそうだったので、タル沢とスルバナ沢に挟まれた尾根を登ることにする。

041202

沢はまだ雪に埋まっているため、難なく沢を渡り尾根に取り付くが、雪がグズグズでシールでの登りが困難なためツボ足に切り替えた。
ここの急斜面は意外と難儀し、たった150m登るのに1時間近くかかってしまった。
雪の状態が良ければ、こんなに時間はかからないと思うが。

尾根上に登ってしまえば、あとは気持ちよい尾根をゆるゆるつめるだけ。
ただ朝からかかっている山頂付近の雲は、一向に晴れる気配が無く、時折パラパラと雪交じりの雨を降らす。

041203

それでもいけるところまで行って、天候が悪かったら引き返そうと尾根をボチボチ歩いていると、ま新しい熊の足跡を発見。転々と向かうところは、私が目指すルートと同じく尾根の先。
足跡が、こうもハッキリしていると、このまま進んで熊とバッタリなんてことも考えられるので、自然足取りも重く慎重になる。
念のためいつもはつけない熊よけの鈴を、良く鳴るようにマジックテープで腕に装着。

それでもしばらく進むが、もうすぐ雲の中、雨も本降りになりそうな気配だったので、この辺で引き返すことにする。
あと1時間ほどで稜線に出られると思うが、この先進んでも楽しいことはないし、朝から腰痛、熊の足跡、天候とモチベーション下がりっぱなし、なんとなく気が重いので、この辺で撤退するのが良さそうだ。
(気分が重かったのは、別の理由だったかも知れないと、翌日知ることになる)

軽く昼食をとったあと、気持良さそうな尾根の北側に滑り込む。
ここが予想以上に雪の状態が良く、気持ちよく針葉樹とブナの疎林を滑り降りる。
短いが誰も滑っていない斜面を独り占め、気ままに滑り下りるのは気分がいい。
まあこの斜面だけでも、今日は報われたということかな。
この辺は何処を見ても滑るのが気持良さそうな斜面が広がっていて、地味だけど案外楽しめる場所だ。
目の前をカモシカが横切っていく。
尾根を北側に滑り降りたが、これ以上下りると沢の落ち込みで帰路が困難になるため、トラバースして、尾根の上に戻る。
そこから登るときに難儀した急斜面だが、雪質が悪く下りでもやっぱり難儀した。

041204

ここを過ぎれば、ここから延々クロカンモードで進むことになるが、標高が低いところは晴れていて、ポカポカと気持ちよい。こんなところを、のんびりクロカンモードもまた楽しい。

自転車をデポした津奈木橋から、戸倉のゲートまではあっという間。帰りは15分ほどで着いてしまった。

今日は途中敗退と、ちょっと中途半端なツアーになってしまったが、まあそれはそれとして良くあることなので良しとしよう。

帰りは、久しぶり南郷温泉しゃくなげの湯に浸かって疲れを癒し帰宅しました。

参考タイム
戸倉車止めゲート(8:00) - 自転車 - 津奈木橋(9:00-9:30) - 林道のタル沢の橋(10:15) - 尾根取り付き(10:40) - 尾根上(11:30) - 1750m最高到達点(12:10-12:40) - 林道のタル沢の橋(13:15) - 津奈木橋(13:55-14:20) - 戸倉車止めゲート(14:35)

041205

|

« FF21 花見の宴 | トップページ | 北アルプスの雪崩れ事故 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/41009139

この記事へのトラックバック一覧です: 笠ヶ岳 途中敗退:

« FF21 花見の宴 | トップページ | 北アルプスの雪崩れ事故 »