« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月29日 (火)

利根川長距離練習会

FF21群馬支部のI氏のお誘いにより、利根川沿いのサイクリングロードを使った長距離練習会に参加してきた。
まずは朝8時に、行田のサイクリングセンター集合ということで7時ちょい過ぎに自宅を出たが、何を勘違いしたのか一本曲がる道を間違い、大幅な遠回り。
集合時間を20分も過ぎて到着、本来20kmの走行のはずが30km超、皆さんに迷惑をかけてしまった、どうもすみません sweat01
まあそれでも何も無かったように渋川に向けて出発。
それにしてもいい天気、自転車で風を切るのには本当に良い季節です。

042901

利根川サイクリングロードの途中から、広瀬川沿いの広瀬川サイクリングロードで伊勢崎市を横断。
自転車専用道路だが、道幅が狭くカーブが多く通行量も多いので、ロードバイクの走行はけっこう走りづらく疲れる。低速でもっとのんびり走るにはいいのだろうけど。
それと橋を渡ったり、土手を登ったり下りたりと、非常に迷いやすいのもちょっとなあ。

伊勢崎を抜けると、前橋市内にはいりサイクリングロードは一旦終了。
交通量の多い一般道を走って敷島公園へ。
花と緑のシンフォニーなるイベント開催中、いろんな催しで随分賑やかだ。

敷島公園から再び利根川に戻り、左岸を北上し坂東橋で右岸へ渡って少し走ると、折り返し点である渋川の大正橋へ11時40分ごろ到達。
ここまで約3時間半、平地だけだったし集団走行だったので、久々の長距離のわりには楽チンだ。

042902

帰りは平地だけではつまらないと言うことで、一部のメンバーは利根川左岸のちょっとした坂道を走るが、それもあっという間に終わってしまう。
再び右岸に渡り南下、前橋市内に入ってサイクリングロード脇のうどん屋さんで昼食。

ここで皆わいわいがやがや、ちょいとアルコールも入って停滞模様。
この先まだ長いのに、大丈夫かいな?

このあとひたすら南下して、五科橋を左岸に渡り、坂東大橋で右岸に渡る皆さんとお別れ。
私は若干の向かい風の中、一人来た道を行田サイクリングセンターまで戻り、そこからさらに自宅まで戻りました。
何とか6時前、明るいうちに帰宅、心地よい疲れだ。

今シーズン初めてのロングライド、なかなか楽しい一日だった。
本日の走行距離185km、平均時速23.5kmというところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

パソコンが死んだ?

パソコンを操作していると突然画面が真っ黒。
そのあとお決まりのブルースクリーン。
現在復旧にトライしいますが、あるいはそのままお陀仏か・・・。
我が家のメインコンピューターだけに困ってしまう wobbly

・・・・その後

いろいろgoogleで調査した結果、nv4_disp が破損した?模様。
これは、NVIDIA のディスプレイドライバらしい。
DELLのサポートサイトから、最新版のドライバをダウンロードしてインストールしてもだめ。
NVIDIAから最新ドライバをダウンロードしてインストールしようとしたが、システムが認識できずインストール失敗。
古いドライバを削除したり、セイフモードから削除したりといろいろ試しているうちに、システムを認識できて無事最新ドライバをインストールして復旧。
やれやれ・・・疲れた。かれこれ作業時間5時間ほど・・・トホホ sad

それでもハードが壊れたり、システムがぶっ飛んだのではなかったのが不幸中の幸いというべきか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

ロードバイク始動

約4ヶ月ぶりにロードバイクに乗りました。happy01
もっと早くロードバイクに乗り始めるはずだったんだけど、なんやかんやで延び延び。
そして1年目のモチベーションはどこえやら、3年目ともなると自分にあったロードバイクの楽しみがわかったので、まあ終始のんびりムード。

042601

森林公園や江南の丘陵地帯を通って寄居から美里へ。
この辺はバリバリオーラのローディーも見かけず終始まったりな走り。
新緑の美しい丘陵地帯は、やっぱり春が気持いい。

といいつつのんびりし過ぎてしまい、帰宅一歩手前の吹上駅付近で、雨になりました。
寒いし自転車の整備がめんどくさいので、嫁さんに車で迎えに来てもらい帰宅。
まあとりあえず100kmほど走って、29日のロングライドに備えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

山里テーマパークでイチゴ狩

群馬県中之条町在住のネット友達のエコさんが、「山里テーマパーク」なる企画をしているということなので、早速応募してみました。申し込んだのは、イチゴ狩とお菓子づくり。

体験メニューは、午後に申し込んだので、午前中は花見でもしようかと、渋川総合公園に行ってみたら、あいにく犬の散歩禁止ということでがっかり。
桜は満開ながら、今回は愛犬を連れてきたので、残念ながら他の場所を探そう。

042001

しばらくうろうろしたが、結局以前一度そばを食べに来たことがある「ふるさと公園たけやま」に落ち着きました。
この辺はちょうど桜が盛りで、公園のそばにある古民家とあいまってのどかで美しい日本の山里風景が広がっています。
公園の芝桜もちょっと早いですが、それでも鮮やかなピンクが美しく広がっています。
ここでお弁当を食べたり、犬の散歩をしたりと、しばし散策したあと、伊参(いさま)スタジオへ移動です。

042002

伊参スタジオは古い木造校舎を利用した、映画記念館みたいなところ。
群馬県が製作した「眠る男」や山崎まさよし主演映画の「月とキャベツ」などに関する展示をしています。
映画はともかく、ノスタルジー溢れる古い木造校舎は、子供達にとっても興味深かったみたい。
私の通った小学校も、こんな感じだったのでなんか懐かしく、校舎内をぷらぷらするのもなんだか楽しい。

そろそろ午後1時ということで、今日のメインイベント、山里の体験イベント会場のエコさん家に向かいます。
エコさん家には、ちょくちょくお邪魔していますが、今日は久々家族全員と犬1匹で、お邪魔です。
子供達は既にかれこれ5回ほども遊びに来ているでしょうか。

042003

軽い挨拶のあと、早速イチゴ狩と。
本来ちょうど収穫の端境期で、あまりイチゴ狩には適していない時期だそうですが、こちらの都合でお願いしました。
確かに冬の最盛期のような大きなイチゴは見当たりませんが、家族でイチゴ狩を楽しむには十分な収穫です。
実は家の近所もイチゴの産地で、イチゴ狩などもありますが、冬の最盛期などは30分食べ放題で子供でも2000円もします。
とてもじゃないが払う気にはなれなませんし、それだけのイチゴを買って食べたほうが余程割り得です。
まあそんなわけで、大好きと言ってもそれほど食べられる訳じゃない子連れファミリーにとっては、収穫した分だけ料金を払う、こんなイチゴ狩がピッタリ。
それに子供好きなエコさんのこと、きっと子供づれのファミリーにはサービスしてくれるに違いありません happy01
1時間ほど食べながら収穫を楽しんだあとは、いつものウッドデッキのテーブルで、さらにイチゴを堪能。
それにしてもイチゴは、みかん狩りのようなお腹いっぱい感はないから、パクパク食べれてしまいます。
楽しく歓談しながら、子供たちも笑顔満開。
家にいるとゲームばっかりしていて、あまり楽しそうに笑わないからねえ。

042004

さて次は、エコさんの奥様、ミィーさんの指導のもとお菓子つくりに挑戦。
今回はせっかくだからイチゴ大福。実はイチゴ大福って食べたことないんですよね、ちょっと楽しみ。
家ではゲームやパソコンばかりで、あまり料理の手伝いなんかしないんだけど、なぜかこんなときは嬉々としてお菓子づくりに没頭。
こんな姿を見るとやっぱり女の子なだなあ・・・、これで家での料理の手伝いをしてくれると、嫁さんのご機嫌もいいのですが delicious
できたイチゴ大福を持って、再びウッドデッキでお茶タイム。
あんこ大すき人間の私としては、さていかに・・・・むむむ、イチゴの酸味とあんこの甘さが程よくミックスされてなかなかいけます。
形はちょっといびつだけど、もぎたてイチゴと子供達の手作りでおいしくないわけありません。

042005

さて我が家の愛犬は、見知らぬエコさんたちが恐いみたいで、さっきから吼えっぱなしで、車の中に閉じ込められたまま。
そんな我が家の愛犬ですが、車から出してイチゴをあげてみると、喜んでぱくつきます。
贅沢にもエコさんにイチゴをもらって、すっかり懐柔され、しきりにイチゴをおねだり。
そのげんきんなしぐさが、みなの笑いを誘います。

042006

あれやこれやと、ひとしきり楽しい歓談をしたあと、ちょっと近所をお散歩。
高台に登ると、小野子山や十二ヶ岳の眺めがとても良いです。
まだ山は赤茶けていますが、そのぶん新緑が美しい山々です。
農道をそぞろ歩けば、まだ懐かしい古い民家がそこかしこに残っていてなかなか良い雰囲気。
こんなところで子供達の写真を撮ると、なんだか活き活きして写るから不思議です。

まあそんなわけで楽しくエコさん家で過ごしましたが、そろそろ日も傾いたので、本日のお礼を言ってお別れ。
エコさん、ミィーさん本日は子供共々楽しく過ごさせていただいて、ありがとうございました。

帰りは風情ある四万温泉、清流の湯によって旅情を感じながらまったり湯に浸かったあと、帰宅しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

北アルプスの雪崩れ事故

昨日私が尾瀬の笠ヶ岳周辺で、山スキーを楽しんでいる頃
ゆきうさぎのメンバーで、山スキーの友人でもある方が雪崩れに
巻き込まれ亡くなりました。
謹んでご冥福をお祈りします。

彼とはグループで何度かと、2人きりで2度ほど北アルプスを滑り
イラストのモデルとしても描かせていただきました。
今回の雪崩れ事故も北アルプスだったので、決して他人事ではありません。

今日も笠ヶ岳のレポートを楽しそうに書くつもりでしたが
さすがにその気分ではありませので、今回の事故共々また後日書くつもりです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

笠ヶ岳 途中敗退

041200

晴れていればこの気持良さそうな笠ヶ岳を滑る予定だったが途中敗退。
写真は2006年のGWに撮影したもの。

天気が良ければ、谷川岳芝倉沢に向かう予定だったが、最近の天候不順と本日の天気予報から、比較的安心して遊べる至仏山周辺で遊ぶことにする。
至仏山は既に3回ほど滑っているので、今日はそのお隣の笠ヶ岳にしよう。
津奈木橋までは、林道が車両通行止めのため、自転車でのアプローチとなる。

7:30頃車止めゲート前に着くと、既に何台かの車が停まっており、2人連れのテレマーカーが、自転車の準備をしていた。
また渓流釣りと思われる人も自転車の準備。この時期ここから自転車でのアプローチは、すっかりスタンダードとなっている。
前回はブーツを自転車の荷台に取り付けたが、今回はブーツをスキーに装着して、一緒にザックに取り付け背負うことにする。
と安易に考えたが、これが想像以上に重い。これで自転車でこぎはじめると、いきなり腰に負担がかかり、腰が悲鳴をあげる。
はたして1時間耐えられるかと不安になったが、まあなんとか1時間で津奈木橋に到着。

041201

鳩待峠へはまだ除雪が進んでいて、2人連れのテレマーカーは、鳩待ち峠へ向かっていった。
私はここからまだ除雪されていない林道を、坤六峠方面へ進む。

タル沢沿いの穏やかな林道を進み、やがてタル沢を渡る橋に到着。
そこから林道と分かれて、タル沢を詰めるルートとなる。
最初は開けた沢の右岸を進み、そのままスリバナ沢を詰めてもいいかなと思ったが、沢の両斜面が迫りちょっと難儀しそうだったので、タル沢とスルバナ沢に挟まれた尾根を登ることにする。

041202

沢はまだ雪に埋まっているため、難なく沢を渡り尾根に取り付くが、雪がグズグズでシールでの登りが困難なためツボ足に切り替えた。
ここの急斜面は意外と難儀し、たった150m登るのに1時間近くかかってしまった。
雪の状態が良ければ、こんなに時間はかからないと思うが。

尾根上に登ってしまえば、あとは気持ちよい尾根をゆるゆるつめるだけ。
ただ朝からかかっている山頂付近の雲は、一向に晴れる気配が無く、時折パラパラと雪交じりの雨を降らす。

041203

それでもいけるところまで行って、天候が悪かったら引き返そうと尾根をボチボチ歩いていると、ま新しい熊の足跡を発見。転々と向かうところは、私が目指すルートと同じく尾根の先。
足跡が、こうもハッキリしていると、このまま進んで熊とバッタリなんてことも考えられるので、自然足取りも重く慎重になる。
念のためいつもはつけない熊よけの鈴を、良く鳴るようにマジックテープで腕に装着。

それでもしばらく進むが、もうすぐ雲の中、雨も本降りになりそうな気配だったので、この辺で引き返すことにする。
あと1時間ほどで稜線に出られると思うが、この先進んでも楽しいことはないし、朝から腰痛、熊の足跡、天候とモチベーション下がりっぱなし、なんとなく気が重いので、この辺で撤退するのが良さそうだ。
(気分が重かったのは、別の理由だったかも知れないと、翌日知ることになる)

軽く昼食をとったあと、気持良さそうな尾根の北側に滑り込む。
ここが予想以上に雪の状態が良く、気持ちよく針葉樹とブナの疎林を滑り降りる。
短いが誰も滑っていない斜面を独り占め、気ままに滑り下りるのは気分がいい。
まあこの斜面だけでも、今日は報われたということかな。
この辺は何処を見ても滑るのが気持良さそうな斜面が広がっていて、地味だけど案外楽しめる場所だ。
目の前をカモシカが横切っていく。
尾根を北側に滑り降りたが、これ以上下りると沢の落ち込みで帰路が困難になるため、トラバースして、尾根の上に戻る。
そこから登るときに難儀した急斜面だが、雪質が悪く下りでもやっぱり難儀した。

041204

ここを過ぎれば、ここから延々クロカンモードで進むことになるが、標高が低いところは晴れていて、ポカポカと気持ちよい。こんなところを、のんびりクロカンモードもまた楽しい。

自転車をデポした津奈木橋から、戸倉のゲートまではあっという間。帰りは15分ほどで着いてしまった。

今日は途中敗退と、ちょっと中途半端なツアーになってしまったが、まあそれはそれとして良くあることなので良しとしよう。

帰りは、久しぶり南郷温泉しゃくなげの湯に浸かって疲れを癒し帰宅しました。

参考タイム
戸倉車止めゲート(8:00) - 自転車 - 津奈木橋(9:00-9:30) - 林道のタル沢の橋(10:15) - 尾根取り付き(10:40) - 尾根上(11:30) - 1750m最高到達点(12:10-12:40) - 林道のタル沢の橋(13:15) - 津奈木橋(13:55-14:20) - 戸倉車止めゲート(14:35)

041205

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

FF21 花見の宴

今年初のFF21定例会に参加。
でもその前にちょっと近所をポタリング。

040601

写真は隣街北本の日本五大桜のひとつ石戸蒲桜。
既に往年の雄姿はありませんが、それでも今年の花のつき具合はなかなか良いようです。

040602

そのあと北本野外活動センターで、FF21の年に一度の総会に出席。
総会のあとは皆で桶川の城山公園に行って花見の宴。
皆さん今シーズンもよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

春の散歩

先週の冬模様から、今週は一気に春本番。
近所の森林公園で家族揃ってお散歩、春の日差しが心地よい1日でした。

040501

040502

帰りに吉見町の八丁湖へ。
桜の時期に来たのは初めて。なかなか風情があってよろしい。

040503

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »