« 雪の小布施 | トップページ | 初乗り MV5 »

2008年3月 2日 (日)

神立で朝一パウダー

昨日の午後、いつものように湯沢に向かったが、関越トンネルを越えるとやっぱり雪。
今シーズンはいつも雪・雪・雪で、子供達のテンションも下がり気味。
予定では湯沢温泉雪祭りを見に行くつもりだったが、この降り具合では風邪をひきそうなので、おとなしくお風呂に入ってご飯を食べて、部屋でごろごろ。
天気予報では明日は雪もやみ、天気もまずまずとなるはず。
ということで5:00に起きて、パウダー狙い、初めて神立スキー場の早朝スキーに行ってみた。
当然家族は付き合ってくれるはずも無く、私独り。

030201

でこれがとっても良かったんですねえ。
スキー学校の先生の言ったことは嘘じゃなかった。
朝一のスキー場は昨夜積もったパウダーが30-40cmほど。
ヘラクレスは完全未圧雪の急斜面パウダーゾーンで、セカンドトラック頂きhappy01
多少底着きはするけど、深すぎず高速パウダー滑走が楽しめる。
久々セミファットのApache Explorer出動、いつもちょっと鈍重に感じるけど今日はバッチリ雪にあってる感じ。
まあそれも4本も滑る間に、すっかりギトギトになったんだけど、パウダー競争率はそんなに高くないもよう。
あとは食い残しのパウダー求めて、別のコースへ。それでもあと3本ほどパウダーが楽しめて大満足。
そろそろ山頂へ向かうリフトが稼動して、オリオンコースのパウダーエリアが滑走可能になるころ、残念ながらタイムリミット。
ここで一旦宿に戻って、家族を迎えに行くことに。

030202

家族と一緒に、再度神立スキー場に戻る頃は、すっかり空は晴れ渡り、ポカポカ春スキー日和。あとは家族でのんびりスキーを楽しんだのでした。

それにしても、神立の朝スキーは盲点でした。
神立のパウダーは、雑誌の特集なんかにも取り上げられたことはなく、たいして期待していなかっただけに、なんか凄く得した気分。
これがもしかして今シーズン最後のパウダーかな?

|

« 雪の小布施 | トップページ | 初乗り MV5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/40363882

この記事へのトラックバック一覧です: 神立で朝一パウダー:

« 雪の小布施 | トップページ | 初乗り MV5 »