« 親の気持空回り | トップページ | 念願かなってシッケイ沢 »

2008年3月16日 (日)

梅の香りに誘われて

ポカポカ陽気に誘われて、恒例の梅の里越生ポタリング。
まだペダルをシャカシャカこぐ気分じゃないから、今日もミニベロMV5でお出かけ。
のんびり9時半出発、薄曇りながら自転車にはちょうど良い気温。
いつの間にやら、すっかり春ですねえ。
のんびりペダリングして、約2時間弱で越生到着。

031601

越生に入ると、梅の香りが小さな谷を覆いつくすようだ。
越生梅園から、賑やかな音楽が聞こえてくるが、いつものようにパスして
梅のある風景を探して周辺をぶらぶら。

031602

尖がり屋根の本堂が特徴的なの最勝寺や太田道灌の父、道真ゆかりの
建康寺など、定番スポットを巡って、素適な梅のある風景を写真に納める。

そのあとあじさい街道から龍ヶ谷の山郷の道を、とことこ登っていく。
ちょっとした急登を登りきったら、龍穏寺と周辺の郷が眼下に広がる。
なんかちょっと隠れ里っぽい雰囲気が好きだ。

031603

龍穏寺は太田道灌ゆかりの寺で、曹洞宗関東三大寺の筆頭として
随分賑わったようだが、今はひっそりとしている。
庭や高台に咲く梅がとてもよい雰囲気だ。

031604

龍穏寺からもう少し山に入ってみると、偶然民家を利用した喫茶店月木舎を発見。
ついつい縁側で休みたくなって、ふらっと寄ってみると、なかなか良い雰囲気。
珈琲もおいしく、ひとり縁側でまったりしてしまった。
帰ってネットで調べてみると、ここは以前山猫軒があったところで、山猫軒の関係者
がやっているらしい。山猫軒にも寄ろうと思ったのだが、今日は人がいっぱいで
次回に持ち越し。

その後ちょっとしたダートやシングルトラックを楽しんで、毛呂に抜ける峠にある
桂木観音へ。
ここからは毛呂の街や、その向こうに広がる関東平野が一望できる。
ここで最後の休息したあと、帰路についたのでした。

031605

本日の走行距離、約80kmとたいしたことありませんでしたが、ミニベロだし
久々のポタリングだしで、結構疲れました。
それでも梅の花いっぱいの春のポタリング、天候にも恵まれちょっとした旅気分満喫の
楽しい一日でした。
これで少しは自転車モードも目覚め始めたようです。

031606

|

« 親の気持空回り | トップページ | 念願かなってシッケイ沢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/40526190

この記事へのトラックバック一覧です: 梅の香りに誘われて:

« 親の気持空回り | トップページ | 念願かなってシッケイ沢 »