« 梅の香りに誘われて | トップページ | 癒し系、鍋倉山 »

2008年3月22日 (土)

念願かなってシッケイ沢

032210
広々としたシッケイ沢の向こうには、万太郎山の神々しい姿が。

会社の会議が終わったのが夜の9時、それからすぐに2時間かけて帰宅。
準備して自宅を出たのが12時で、湯沢に宿に入ったのが深夜2時過ぎ。
最低限の4時間睡眠とって、6時起床8時平標登山口出発。
今日は長丁場だと言うのに、これでは先が思いやられる。

天候は写真のようにど快晴、ほぼ無風、日差しは強く暖かい。
登山口の駐車場は満車状態で、多くの人が入山している模様。
これならシッケイ沢に単独で行っても、心細いことは無いだろう(他人を当てにしちゃだめじゃん)。
別荘地の除雪終了地点で、2月に平標山で行方不明になられた方の情報提供をお願いされた。私も単独、心してかからねば。

032201

ヤカイ沢の開けた場所に出ると、例年のごとくデブリが凄い。
その脇を登山者がゾロゾロ。あまり人がいないのも寂しいが、多すぎてもねえ。

いつもなら、このあとヤカイ沢の南の尾根に取り付くのだが、人が多すぎるしたまには違うルートも登ってみようと、ヤカイ沢正面のすぐ隣の尾根に取り付くことにした。
これで距離的には短くなるので、30分の短縮か・・・と目論んだが。

032202

スキーをザックに取り付け、アイゼンを装着していると、うっかりツエルトを転がしてしまいあっという間に視界から消え去った。
探せば見つかるかもしれないが、ここで時間をロスしたらシッケイ沢は無理かも。
もっと若かったらツエルト探したけど、今は時間が大切、天気もいいことだしツエルトはあきらめた。

さて正面の尾根の登りだが、最初こそ適度にしまっていい感じだったが、段々雪が緩みアイゼンに雪団子はくっつくし、足は思った以上に沈むしで、いっこうにはかどらない。
多少斜度が緩んだのでシール歩行に切り替えるが、今度はクラスト気味でシールが効きにくく登れない。
この調子では今日はシッケイ沢は無理かも、と弱気になった頃、斜度が緩みひょっこり平標の肩に出る。
やれやれ、結局30分の短縮のはずが30分余分にかかってしまった。
それでもこの尾根、適度の斜度と疎林で滑るにはなかなか良い斜面。
それにヤカイ沢の隣なので、沢と疎林の両方の雪質が楽しめるし、雪崩のリスク回避にも。次回パウダーシーズンはここを滑ってみよう。

032203

平標の肩に出たら、仙ノ倉方面に向かう人影が見える。
平標には何回も登っているので、山頂はパスして、そのまま仙ノ倉に向かう。
時間的にいって、シッケイ沢に向かうのは、私が最後らしい。
いくら暖かいと言っても、さすがに標高2000mの稜線の風は冷たい。

032204

約1時間で、仙ノ倉に到着。そこには10人ほどのグループと単独のテレマーカー。
単独のテレマーカー氏と少し話したら、皆シッケイ沢へ消えていった。
思わぬ時間ロスで急いだため、疲れ気味だが、独り取り残されるのも心細いので休息もそこそこに、そそくさと滑降準備をし滑降開始。
といっても、始めはガリガリでまともに滑れるような状態ではないので、北の尾根を50mほどズリズリ~と横滑りしながら標高をおとす。
そこからは斜度も緩み、快適バーンのはずだが、全体的にアイシーでところどころカタクリコみたいな雪がのっかる、とても楽しいテレマークターンとは行かないが、まあ滑れる。
そしてカール状の底に達する頃、さらに雪質は悪化し完全なモナカ雪状態で、曲がらね~。
まあ天候から雪質は期待していなかったけど、もうちょっといい雪であって欲しかった。

それでもここからの風景はさすがに最高。ひろ~いオープンバーンの向こうには、万太郎山が実に神々しい。
こちらの斜面も美しく輝いている。いつか滑ってみたいものだ。

032205

谷が細くなって標高が下がると、重い雪ながら何とか滑れる状態に。
けれどそこからは、シッケイの頭方面からの巨大デブリが沢を埋めていた。
まあそれでもデブリの脇をすり抜けられるから、さほど苦労はしなくて済んだけど。

広い毛渡沢にでると、ほっと一息。あとはのんびり滑るだけど渡渉がちょっと心配。
途中万太郎山から滑ってきた山スキーヤーに、こちらの斜面は良かったですよと言われ
益々万太郎山が滑りたくなった。

幸い毛渡沢では、一部切れそうなところはあったものの、渡渉せずにすべてクリア。
それにしても、的確に沢の両岸を綺麗に抜けていく先行者のトレースに感謝。
懸念していた群馬大ヒュッテ前の吊橋も、100mほど上流のスノーブリッジを渡ることができたので難なく通過。
しかし来週にはスノーブリッジの通過は厳しそうだ。

032206

群馬大ヒュッテからの林道は、車道手前1kmほど除雪が進み、スキーを脱いで歩かなければならない。
そして車道から土樽駅までは思いのほか時間がかかった。

土樽からはこの時期の特別列車16:49発の列車に乗り、湯沢からは17:45発のバスに乗って平標登山口へと戻りました。
このあと湯沢の宿に戻って、お風呂に浸かってのんびりしたのでした。

032207

雪質が悪くて滑りとしてはいまいちで疲れたけど、山旅としては充実感たっぷりで楽しいツアーでした。
単独で山の向こうの未知な場所を滑るという、ちょっとした冒険気分を味わえるのは、やっぱり魅力的です。
疲れたので明日はさすがに予定していた蓬峠を滑る気にはなれず、まったり系の鍋倉山ででも滑りましょうかね。

参考タイム
平標登山口(8:00)-尾根取り付き(9:15-9:45)-平標肩(12:20)-仙ノ倉山(13:20-13:45)-毛渡沢(14:25)-群馬大ヒュッテ(15:15)-車道(15:50)-土樽駅(16:25)

032208

032209

|

« 梅の香りに誘われて | トップページ | 癒し系、鍋倉山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/40614856

この記事へのトラックバック一覧です: 念願かなってシッケイ沢:

« 梅の香りに誘われて | トップページ | 癒し系、鍋倉山 »