« 三田原山で撃沈す | トップページ | 神立で朝一パウダー »

2008年2月24日 (日)

雪の小布施

三田原山ツアーがちょっと早めに終わり、ETCの通勤割引時間にはまだ時間があったので、小布施の街を散策。
この街はちょくちょく寄るのだけど、いつも子供達がいるので、美術館とかはまだ入ったことがない。せっかくだから、北斎館と高井鴻山記念館を訪れた。

北斎館は言わずと知れた葛飾北斎の肉筆画などが展示されている美術館。小布施は葛飾北斎のゆかりの地で、今でもなんとなくそんな文化の香りがする。

022305

市営の冬季無料駐車場に車を置いて、とことこ北斎館まで歩く。北斎館周辺は、古い町並みや、新しいけど趣ある建物が軒を連ね、歩くには楽しい一角。
中でも、高井鴻山記念館前の塀で囲まれた小道は、何度歩いても楽しい。

そんな観光客好みの街並みも、吹雪模様でさらに夕暮れ迫る時間帯では、誰も歩いていない。
北斎館には3時半ごろ入館。入館者は10人程度といたって静か。
さして大きい美術館ではないので、30分もああれば、一通り鑑賞できてしまう。

022306

せっかくだから高井鴻山記念館にも、足を向けてみる。
ここはいつも周辺を歩くだけで、中に入ったのは初めて。
大きな屋敷の、中庭のような記念館だけど、ここだけ時間が止まったようで、とても良い雰囲気のところ。
この吹雪では、当然入館者は私独り。心ゆくまでこの静かで贅沢な時間を堪能した。
雪模様の天気と古い屋敷、とても心が落ち着きます。
受付のある管理棟の休息所で、暖かい珈琲を飲みながら、外の雪をぼんやり眺める。

このあと軽く食事をとって、夕暮れに明かりが燈る古い町並みを撮影しようと思ったけど、寒すぎて観光客がいないのか、どの店も早々と閉店。
これじゃあただ真っ暗な、街並みに撮影になってしまうので、あきらめて帰りました。

しかしこのあと、高速代を節約するため、須坂から菅平を越え、上田に抜けようとして苦労しました。菅平に登る道は吹雪で前が見えません。道から落っこちないよう恐る恐る登ったから、疲れたことと言ったらありゃしない。
まあそれでも、無事にたどり着けたんで、これもまた楽しい旅の一つかな。

|

« 三田原山で撃沈す | トップページ | 神立で朝一パウダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/40295901

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の小布施:

« 三田原山で撃沈す | トップページ | 神立で朝一パウダー »