« 気ままに独り遊び | トップページ | 雪の小布施 »

2008年2月23日 (土)

三田原山で撃沈す

いつもの湯沢の宿を夜明け前に出発し、妙高へ向かう。
今日の天気は大荒れと言うことだが、まだ天気は荒れる気配がない。
一旦十日町に出て信濃川沿いのR117を南下。
朝霧の中、太陽が次第に昇り、北信濃の美しい景色のなかのドライブはなかなか素適だ。

豊田飯山ICから高速を使い、妙高杉の原スキー場まで、約2時間半で到着。
ゆきうさぎメンバーS&P夫妻と無事合流し、杉の原スキー場のトップへとゴンドラとリフトを乗り継いで到着。

今日は天気が荒れ、急激に気温が下がるとの天気予報だったが、朝9時のこの段階ではまだ穏やかなものだ。最も山頂付近はガスがまいており、天気の崩れの兆候が。
昨日の晴天で雪の表面が溶け、雪はクラストぎみ。要するに最中雪ってことで、滑るには多分最悪。

022301

先行者は山スキー組みと、アルペン&スノーシュー組、の2組4人のみ。
やはりこれから下り気味の天候に、皆さん敬遠したようで。
まあここは多少天気が崩れても、さっさと引き返し樹林の中を滑って、スキー場へ戻れば、たいして危険はないので安心だが。

022302

三田原山へは、ここから標高差500mあまり、斜度の一定した斜面を登ればいいだけだから楽チンだ。
だけどバリバリとクラストした雪の表面を割りながら進むのは、正直気が萎える。
一見素晴しい雪面なんだけどね・・・・ため息しか出ん。
最初は汗ばんで登っていたが、途中から気温が急降下。
雪質の悪さと寒さで、この先三田原山のピークに登っても詮無き事ということで、標高2230m付近で、早々ドロップすることにする。
それにしても寒い、顔が凍傷になりそうだ。

 

10時半頃、滑降開始だが、いきなりドテ!、少し滑ってボコ!wobbly
案の定、この雪質ではまったく滑らせてもらえません。
ターンしようものなら、表面のクラストは割れ、体が一気にターン外側に吹っ飛びます。
アルペンターンでも駄目、ボーゲンでも駄目、超低姿勢テレマークターンでも駄目。
駄目・駄目・駄目・・・で万策尽きて、ただただ怪我をしないようにずりずり~と標高を落としていきます bearing

 

022304

(おっとっとっとと・・・・、ひえ~ ドテ、もぞもぞ てなところです)

いつもはあっという間に過ぎる滑降時間も、今日ばっかりは長かったこと。
ヘロヘロになりながら、12時ころやっと林道に到着。
今日は完璧撃沈、お話になりませんでした。
まあ一生かかってもまともに滑れないだろうなあ、この雪は。

022303

ゲレンデに戻る頃には猛烈な勢いで雪が降りしきり、とっても寒かったので、そのまま近くの日帰り温泉、苗名の湯に直行。
まったりすると、今日のツアーもそれはそれなりに面白かったなあとしみじみ。
爆弾低気圧の発達で、帰り道が心配。そそくさと同行くださった夫妻と別れ、帰路につきました。

|

« 気ままに独り遊び | トップページ | 雪の小布施 »

コメント

お疲れさまーって感じです。
名手kanさんでも手こずる雪があるんですね。
けがなくてよかったです。
土曜日は平地でも午前中はよい天気。午後から雪。
日曜日はひどかったです。

投稿: シュー | 2008年2月26日 (火) 20時48分

ぜんぜん名手なんかじゃございません。
いつも、やばそうな雪質のときは山に行かないんですが、まあたまにはこんな苦い思いをするのもいいかも。
今シーズンは週末になると悪天候が多く、子供たちも滑りたがらない。
せっかくリゾートマンション借りたのにsad
そろそろポカポカ陽気で、春スキーがしたくなってきました。

投稿: kan | 2008年2月27日 (水) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/40271828

この記事へのトラックバック一覧です: 三田原山で撃沈す:

« 気ままに独り遊び | トップページ | 雪の小布施 »