« 日白山でPOW! | トップページ | ゆきうさぎテレマークミーティング »

2008年1月27日 (日)

某所でPOW!

今日も湯沢のねぐらで目覚めたらは雪がしんしんと降っていた。
最初は平標山の予定だったが、雪が多くてちょいとしんどそうだったので取りやめ。
さて今日は何処へ行こうか?

上州武尊とも考えたが、私の提案で某スキー場の裏側へ。
場所はツアーが入るほどなので、さほど秘密の場所ではないが、今しばらく静かに楽しみたいので、某所とだけ記すことにする。

私は昨年調査がてら、ルートを滑ったので案内できるとは思うのだが、あいにく地図は持っていない。ちょっと不安だが、まあ他のメンバーが持っている、地図が表示できるCPSがあれば大丈夫だろうということで、某スキー場に向かった。

012701

スキー場トップまでリフトを2本乗り継いで、そこからツアー開始。
ここは標高が高いので、今日もいいパウダーが期待できそうだ。
しばらく尾根をほぼ水平移動、最初は木立が濃くとても滑れるような雰囲気ではない。
しかし20分も行くと、ブナがいい感じではえている、30度ほどの斜面が眼下に広がる。
パウダー斜面としては、ちょっと緩めだが、まったり滑るにはちょうどいい。
とりわけ女性2人メンバーには、気に入っていただけたようだ。

大きな沢の底まで、たいした標高差はないが、じつに雰囲気の良い森だ。
さて斜面に突っ込むと想像どうり素晴しいパウダー。
足を交互に入れ替え、左右に体を傾けるだけで、雪面を浮かぶように滑っていく。
ブナの間隔、雪質、斜度の絶妙なバランス。
昨日にもまして最高のコンディション♪皆さんの歓声も益々ハイテンション。
雪が木々を被った白い森に、一瞬太陽光が差し込み、それはそれは美しいこと。
そんな森に思い思いのシュプールを描くこの贅沢、たまりませんなあ・・・。

012702

ひとしきり滑った後は森の中でランチ、風も無く穏やかなものです。
ランチの後は第二ラウンド、もう一回登り返して再度滑ることに。
登ったところで、スノーシューをはいた、トレッキングのグループに遭遇。
「もう山頂までは行ってきたのですか?」と訪ねられましたが、「特に山頂は興味ないので行ってません」それよりこの斜面、いただきます♪
ビデオ撮影しながら、あっという間に谷の底へ到着。

さてここからは、長い長いクロカン大会の始まり。
私は、一度このコースを滑っているので、距離感はあったのだが、思いのほか時間がかかってしまった。私的には昨年難儀した植林帯も回避でき、そこそこいい感じで登り口にたどり着けたと思ったが、他のメンバーは少々お疲れ気味。
まあここまで来れば、登り返しも楽勝!とばかり登りにかかるが、植林帯が邪魔して、なかなか前に進めない。こんなはずでは・・・とかなりあせる。
昨年はこの植林帯、楽々すり抜けたが、今回はすり抜ける方向を少し間違え、なかなか抜け出せなかったのだ。

012703

それでも何とか植林帯を抜け出し、ヤレヤレ。
あとはブナの広大な高原まで登れば、ゲレンデまではすぐそこ。
何の問題も無いはずだったが、ここでも方向を間違えかなりの遠回り。
実際は、一番無難なルートは知っていたけど、少し登り返せば直接駐車場へ出るだろうとコースをGPSの示すがままに行ったら、沢を渡れなくて迂回を余儀なくされてしまった。

そんなこんなで、ゲレンデに戻ったときは、あたりが薄暗くなった5時過ぎ。
皆様、お疲れ様でした。こんなはずではなかったのですが、と反省。
まあ私てきには、極上パウダー堪能できたし、森もいっぱい歩けたし?充実感いっぱいのツアーでした。・・・て全然懲りてない(爆)

|

« 日白山でPOW! | トップページ | ゆきうさぎテレマークミーティング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/17880694

この記事へのトラックバック一覧です: 某所でPOW!:

« 日白山でPOW! | トップページ | ゆきうさぎテレマークミーティング »