« FF21 仙元名水クラブラン | トップページ | 越後湯沢の秋 »

2007年11月 9日 (金)

陶芸その後

111001

しばらく前に、益子で陶芸をした器が、焼きあがって送られてきました。
最初の印象は、「ちっちぇ~」でした。
焼くと小さくなると言われたので、気持大きめに作ったのですが、予想以上の縮み具合。
パッと見はちょっと厚みがあり、上ぐすりの光沢といい、ほっこりいい感じなんですが。
それでもみんな使ってみると、すっかりお気に入り。
ちなみに嫁さんの茶碗が、前列左から2番目の白いやつ。私のが左奥の黒っぽいやつ。サイズが逆転ですが、メタボ対策にはちょうどいいか。

あとテーブルですが、子供達の勉強机用に2つ作ってみました。材料費は占めて8000円強。和室になかなかマッチしていい感じ・・・・と自分では思ってます (^o^)

|

« FF21 仙元名水クラブラン | トップページ | 越後湯沢の秋 »

コメント

kanさん、こんばんわ。
陶芸、初挑戦なのに素晴らしい出来映えですネ~♪
とっても温かみがあって素朴さがいいです。
奥様の白いお茶碗、綺麗ですネ。
kanさんの、黒いお茶碗もシックで可愛らしいです(^^♪
三人娘ちゃんたちのお茶碗も凄く上手に出来ていて感心してしまいました。
手作りの勉強机もシンプルで素敵です。

投稿: sizuku | 2007年11月 9日 (金) 23時39分

kanさんってほんとすごいですねー。なんでもやっちゃてそれぞれ玄人はだし。机を作ろうなんて思ったことは一度もありません!

投稿: シュー | 2007年11月10日 (土) 21時53分

sizukuさん、陶芸は窯元の方がそれなりに仕上げて
くれるので、心配いりません。
快心のできは難しいですが、それなりのできは簡単です。ただ思った以上に縮みましたので、お茶碗はどんぶりくらいのサイズ感覚で作るとちょうどよいかも。
それと5人はけっこう費用がかかります。一人黙々と創ってみたいですねえ。アイリスさんと是非トライしてみては。お勧めです。

shuさん、久々に木工楽しんでみたら新鮮でした。次はもっと良く切れるカンナが欲しいな。

投稿: kan | 2007年11月11日 (日) 00時17分

ロクロって難しそうだから手捻りからはいる人が多いみたいですけど初めてとは思えないできばえですね。
絵心のあるkanさんのことだから絵付けなんかも上手くいきそう。

机はちょっと強度的に問題ありそう・・・
両方の脚をつなぐ補強板を縦に入れないとね。

投稿: むじな | 2007年11月11日 (日) 07時22分

むじなさんへ
電動ロクロのほうが、断然簡単です。
手捻りで、空気が入らないようしっかり作るのは
かなり根気と時間が必要ですから(やったことないけど)
ロクロは、ちょっと習えばホイホイと、1作品10分
程度でできますからねえ。TVでやる、すぐにグシャグシャってのはうけ狙いの演出です。
確かに、思ったとうりの形にするのは難しいと思いますが。

机の強度は、充分考慮してあるのでご心配なく。
板は25mmの肉厚だし、天板の向こう側には補強の
梁が入ってます。
もっとも、座るくらいなら大丈夫ですが、乗っかってドカドカやられたら、壊れますが。
まあそれはないってことで、でもちょっと心配かも(^o^;)

投稿: kan | 2007年11月11日 (日) 14時10分

妻の友人には陶芸が趣味と言う人が数人います。
彼女らは町内の陶芸サークルでやってるみたいですが、家の近くにある「のの花」の主は趣味が高じて空き家を借り受けて改造し釜を設置して陶芸教室とギャラリーを作ってしまったほどです。
私も時間が取れるようになったら通ってみたいのですが、日常的にやり始めて作品が溜まるとどうしようもないとか(笑)

>机の強度は、充分考慮してあるのでご心配なく。
よく見たら奥に木ネジが写ってますね。
老爺心でした・・・

投稿: むじな | 2007年11月11日 (日) 19時36分

> 私も時間が取れるようになったら通ってみたいのですが、日常的にやり始めて作品が溜まるとどうしようもないとか(笑)
手軽に始められて、奥が深いのではまっちゃうんでしょうね。その気持わかります。
今度創る子供達の引き取り手は、両祖父母でしょう。
今度むじなさんちの近所で、陶芸オフ会でもしますか。受けますよ。

投稿: kan | 2007年11月11日 (日) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/17026557

この記事へのトラックバック一覧です: 陶芸その後:

« FF21 仙元名水クラブラン | トップページ | 越後湯沢の秋 »