« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月25日 (日)

ミズナラの森で味噌煮込みうどん

山友の sizuku さんの案内でかねてからの懸案、奥多摩巨樹ツアー第一弾、金袋山のミズナラに行って来た。
まずは、日原鍾乳洞横の、一石山神社脇の山道を登って、燕岩の上に向かう。
ところどころ道標やベンチなどあり、一応登山道らしきものはあるが、落葉で道は覆われ、判然としない。
またかなりの急斜面を直登ぎみに登るので、枯葉が積もるこの時期、足元が滑って不安定だ。
登りはなんとか登れるものの、下りは絶対やめたほうが良い。
少し前まで紅葉の真っ盛りだったこの尾根も、今は名残の紅葉が少し残るだけ。

112503

1時間ほど登ると、一石山の鞍部に着いた。
ここから少し東に歩き、燕岩上部にひょっこり出る。
ここが本日唯一の展望台。
鷹ノ巣山から天目山にかけての眺めが開ける。
と言っても、奥多摩方面の山の同定はさっぱりなんだけど。

112501

ここから、金袋山までは、気持ちよい広葉樹の尾根歩き。
ミズナラやナラ、ブナの巨木がちらほら散見される。
そのうちなだらかで広々とした、人形尾根との合流点に目的のミズナラが鎮座していた。
傾いた樹形が特徴的な、樹齢数百年(推定樹齢バラバラ)の巨樹だ。
ミズナラは、後でゆっくり見ることにして、もう少し先まで進んでみよう。

112504

尾根をしばらく登ると、人形山、さらに詰めると金袋山に着く。
ほんの少し前まで、この一帯はひどい篠竹に覆われた藪状態だったというが、いまではそんな形跡は何処にも無く、広く何処でも歩けそうな尾根が続く。
最近この辺をおとづれるハイカーも多いらしく、いろんな踏み跡が散在する。
ついその跡についていって、金袋山をトラバースして、そのまま行き過ぎてしまうところだった。
そんなときでもGPSがあるとありがたい。
ピンポイントで方向修正、30mほどの誤差で、金袋山に到着。
ここもまったりして、いい感じの場所だ。

112505

しばらく休憩して、先ほどのミズナラ巨樹まで戻り、本日の昼飯、味噌煮込みうどんを作る。
と言っても、味にこだわりを持つ、masa さんにお任せで、私は見てるだけ。
最近山ではすっかり煮炊きをしなくなったので、久々こだわりの山食である。
私たち以外には誰もいなく、実に静かで贅沢なひと時。
もっともしばらくたつと、人気の巨樹らしく20人ほどのツアー客が現れたが。

ポカポカ小春日和、のんびりまったり2時間ほど食事を過ごした後、のんびりと帰路につく。
ツアー客は既に帰り、また静かな山道歩き。
一石山から今度は反対側の急斜面を下る。
ジグがきってあり、比較的歩きやすいが、こちらの斜面の傾斜もかなりきつめ。
行きも帰りも、尾根から麓まではかなり急斜面の歩行が必要だ。

112502

ミズナラから約一時間で麓の駐車場に到着。
まだ2時を少し過ぎたばかりだというのに、あたりははや夕暮れの気配。
鍾乳洞付近の広葉樹に日があたって、美しく輝いている。
梵天岩も、どこか中国の山水画の世界を連想するように、すっくと立っている。

112607

標高差約600m、6時間あまりののんびりまったり山歩き。
ちょっとしたルートファインディングも楽しめ、思いのほか充実の山行でした。
この後、混雑の奥多摩を避け、なぜか名栗のさわらび湯に浸かって一日の疲れを癒したのでした。

112506_2

比較的良く歩かれていると言っても、正規の登山道ではありません。
道標もあったりなかったりとかえって紛らわしい。
単なる踏み跡か道なのかも判然としませんから、ある程度経験者向き。
地形の読解は必須で、できればGPS持参が望ましい。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

気ままに紅葉狩

このところの寒さで、いよいよ比企丘陵にも本格的な紅葉が。
空いた時間を使って、ちょっと近所の比企丘陵の紅葉の名所を巡ってみた。

112401

まずは坂東三十三箇所十一番吉見観音。
ここは端正な三重の塔と紅いカエデのコントラストが素敵。

そこから、東松山の良くわからない道を適当に嵐山を目指す。
時々この辺の道を走るのだが、いつ走っても迷路のようで同じルートを走ったことがない。まあこんなことが楽しみでもあるのだが。

112403

菅谷館跡の雑木林をちょっと散策した後、嵐山遠山に入る。
ここは嵐山渓谷の裏側にあたり、ちょっとした小盆地になっているのどかな場所。
この辺の紅葉も艶やかさはないが、なかなか渋くて捨てがたい。
いつきても、時間が止まったようなのどかな風景が広がる。

112402

さてそれから笛吹き峠を回って、東松山市民の森へ。
地球観測センターから雑木林の中を通る小道はいつもながら気持ちよい。
最後に、坂東三十三箇所十番岩殿観音へ。
ここの大銀杏の黄葉を期待していたのだが、まだ葉が緑でがっくり。
まだ一度もこの銀杏の黄葉を見たことがないのでした。

112404

ここで本日の気ままな紅葉狩は終わり。
昨日の寒さから一転、今日はポカポカ陽気で、本当に気持ちよかった。
明日の奥多摩散策。まだ紅葉狩は続くのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

紅葉見・ナイト(森林公園)

現在森林公園で開催されている、紅葉見・ナイトに言ってきました。
木枯らしのふく寒い夜でしたが、それにも増して素敵な夜でした。
紅葉はまだ色づきはじめで、あと1~2週間後が見ごろかな。

111801

まづは我が家の愛犬リンを連れて、ドッグランへ。
本来の目的はこれで、夜までいるつもりなんか無かったのですが
子供達が見たいというので、夜まで粘ることにしました。

111802

竹にパン生地をまいてあぶって焼き上げる、メイプルパン。
子供達にとっては、新鮮で楽しいひと時。

111803

紅葉はまだ色づき始め。
赤いかえでがまだ少ないので、ライトアップしても感動はいまいち。
あと1~2週間後が見ごろだとか。
来週も来て見ようか?

111804

森の中は巨大なイルミネーションを飾ったツリーや、幻想的なろうそく
のオブジェがいたるところに飾ってあります。
これもなかなか素敵。

111805

中央口エントランスには、イルミネーションで飾られたオブジェたちが。
子供達に大人気でした。

午後の3時間ほどを過ごす予定でしたが、思いもかけず長居してしまった。
でもかなり得した気分です。
来週の連休夜はお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

都幾川トレッキングコース

朝ちょっと用事を済ませ、午前11時家を出発して都幾川四季彩館を目指す。
今日は久々ミニベロのルイガノMV5を引っ張り出し、四季彩館をスタートして
比企の山々をのんびりツーリング。
場所的には、いつもロードバイクを転がしているあたりだが、ロードバイクだと
なかなかのんびり紅葉狩りなんてできない。こんなときにはやっぱりミニベロ
がうってつけ。
都幾川沿いの白石峠に向かう道は、あいかわらずロードバイクがたくさん走ってる。
といっても、12時を回れば既に下ってくる人たちばかり。これから向かう人は少ない。
それも白石峠との分岐を過ぎ、刈場坂峠に向かう道に入れば、車さえ通るのもまばら。
途中自転車を押して歩くローディーを追い越す。こちらは白石峠より勾配がきつく
ノーマルのロードバイクではきついかも。とはいえフロントトリプル装備のMV5では
何のことはない。スピードは出ないが、のんびり軽がし坂を登っていく。
途中の竹の谷や船の沢の集落の、ひなびた感じがなんともいえない風情をかもし出す。
春の山里も好きですが、晩秋の山里の風景もまた格別。

111703

もうすぐ2時になろうかという頃、グリーンラインの尾根筋に出た。
登りが終われば、さすがに寒さを感じる。
大野峠から見る、丸山、県民の森方面は、今が紅葉の最盛期のようだ。
今日は時間がないので、残念ながらそちらに寄り道はできない。

111704

堂平の天文台下にあるキャンプ場で、いつものようにまったり休息。
美しいカエデの木下、暖かいカフェオレを飲みながら、食べる栗入り蒸しパンは美味。
いつもは静かなキャンプ場だが、今日は子供達の遊ぶ声で賑やかだ。
しばらくのんびり休んだら、前々から気になっていた都幾川トレッキングコース
を、自転車で下ることにする。

111705

入り口は随分大きな看板が立っているが、少し下って植林の作業道へいきなり
迷い込んだ。というか作業道、立派過ぎ。トレッキングコースは意外と迷いやすいかも?
本来のルートに戻ったが、しばらく階段を含む急降下の道で、乗れるような道じゃない。
これなら、パラグライダー発着場まで戻って、林道を下ったほうが良かった(青ルート)。
林道と合流して、やっと楽しく自転車に乗ることができた。やっぱりダートは楽しい。
あっという間に、大野の集落。
3時をまわり、既にあたりは夕暮れの気配。本来このまま都幾川沿いの道まで下って
戻るところだが、せっかくだから慈光寺まで行きたい。でもどこから行くのやら。
幸い東屋脇に案内板発見。コース案内でも、地図でもこの先慈光寺までは、なだらかそう。

111706

実際ルートに入ってみると、予想以上に快適な道。
途中道が崩れているので、自動車は通れない。
下がフカフカの草で、走っていて実に気持ちよい。
夕暮れも迫るためか、古の街道もこんな感じかなあと感慨にふける。
いやあ楽しい道です。こんな道があるなんて、比企の山々なかなか奥が深い!
夕闇迫る中、慈光寺に到着。せっかくだから雲河原の集落まで行っちゃいましょう。
雲河原の集落に着いた頃は、既に日は沈みあたりは薄暗い。
ほんのり紅く染まる空と、蒼い笠山が印象的。
ここから一気に下って、たそがれのなか四季彩館駐車場に到着。
混んでいなければ、せっかくだから入浴していこうと、四季彩館へ。
幸いさほど客はおらず、ゆっくり入浴できそう。
入浴料800円はちょっと高めだけど、こじんまりとした露天のヒノキ風呂と移築した
古民家は実に居心地が良い。
特にこんな晩秋は、どこか遠くの温泉旅館に来たみたいな風情がある。
ゆっくり湯に浸かって、今日半日のルートを回想すれば、満足感もひとしお。

111701

半日近場のいつものフィールドで遊んだだけだが、新しいルートの発見と
紅葉、温泉と実に充実した日を過ごすことができて大満足。
今日も楽しい一日でした。

111702

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2007年11月10日 (土)

越後湯沢の秋

ちょっと用事があり、新潟県越後湯沢へ。
家を出発するときには、埼玉県は激しく雨が降っていたけれど、関越トンネルを抜けると・・・ん?晴れてるじゃん。
確かに雲は多めながら、しっかり日差しがあり、山々の紅葉が綺麗なこと。
用事は1時間半あまりで終了、まだお腹があまりすいていなかったので、しばし大源太湖までいって紅葉見物。

111101

さすがに紅葉の名所だけあって綺麗なものです。標高が高いところは既にだいぶ色あせたが、この辺は最盛期。雲が多めで少し暗いけど、今年初紅葉を家族で堪能しました。
この後マックで昼飯。せっかくだからおいしい物を食べたいんですけど、子供はマック大好きだし、お金も節約できるし、まあええか。

111102

用事が終えたので、とっとと帰ろうかとも思ったけど、ETC通勤割引を使える使える時間まで、やはりここは待機。
湯沢駅の中のぽんしゅ館は、ほとんどお酒を飲まない我が家ですが、なかなか遊べた。
というか、非常にたくさんのお土産や、漬物の試食を堪能。こんなにたくさんの漬物ってあるんですね。もちろん竹の子の味噌漬けと野沢菜を買いました。
まあそんなこんなで暇をつぶして、結局湯沢では雨に降られずに帰路につく。
だけど、関越トンネルを抜け、関東に出るとやっぱり雨。
この分では、明日の赤城山麓自転車ツーリングは絶望的。まあ最近イベント続きだったので、のんびり家で休むのも、いいけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

陶芸その後

111001

しばらく前に、益子で陶芸をした器が、焼きあがって送られてきました。
最初の印象は、「ちっちぇ~」でした。
焼くと小さくなると言われたので、気持大きめに作ったのですが、予想以上の縮み具合。
パッと見はちょっと厚みがあり、上ぐすりの光沢といい、ほっこりいい感じなんですが。
それでもみんな使ってみると、すっかりお気に入り。
ちなみに嫁さんの茶碗が、前列左から2番目の白いやつ。私のが左奥の黒っぽいやつ。サイズが逆転ですが、メタボ対策にはちょうどいいか。

あとテーブルですが、子供達の勉強机用に2つ作ってみました。材料費は占めて8000円強。和室になかなかマッチしていい感じ・・・・と自分では思ってます (^o^)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

FF21 仙元名水クラブラン

11月のFF21定例クラブランは、寄居にある仙元名水。
のどかな秋晴れのなかの、まったりしたクラブランでした。

110401
左上、次回からの集合場所平成の森公園
右上、小川町の道の駅で
左下、小川から寄居に抜ける八高線沿いの道
右下、寄居おりはらあたり

110402
左上、寄居おりはらあたり
右上、仙元名水付近の無人販売所
左下、仙元名水
右下、仙元名水付近の田舎道

110403
仙元名水付近の白髭神社、岩上の祠が面白い

仙元名水の場所 URL

名水によったあとは、恒例の昼飯会。
予想以上に長居してしまい、ちょっと困った。
皆さんと別れ、一人荒川沿いを急いで帰宅。
急いで着替えて、家族と約束した買い物へ。
本日も忙しく無事終了。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »