« 金山町(東北旅行おまけ) ★★ | トップページ | DIY でフローリング »

2007年9月30日 (日)

益子で陶芸 ★★

先週末は一人東北で遊んでしまったので、今週は家族サービス。
といっても前々からやってみたかった、陶芸に初挑戦。
場所はせっかくだから陶芸の似合う町、栃木県の益子町。我が家から車で2時間とちょっと遠いが、体験陶芸教室は多いし、街並み散策もいい感じ。

ネットで調べたら、益子の長谷川陶苑が価格もお手頃で良さそうです。
前日電話したら、特に予約しなくても大丈夫とのこと。ここは電動ろくろの使用量が、午前・午後、3時間半使って1000円。普通のお店では1時間1000円くらいが相場ですから、かなりお得です。これには粘土の代金も含まれています。このほか完成した作品を焼く代金が別途1点1000円ほどかかります。ただし作品の大きさによって、焼く代金が変わりますので注意が必要。

さて当日は朝から雨模様。まあ室内の陶芸ですから天気は関係ありませんが、残念ながら町の散策には向きません。やはり天気が良いことにこしたことはないでしょう。

陶芸教室の建物に入り、申し込みをしました。長女はろくろ1台を使用。次女と三女は私と嫁さんが一人ずつついて、計3台のろくろを使用。ちなみに2人で1台ろくろを使うと、1500円かかります。粘土は3時間遊ぶにはちょうど良い分量。時間いっぱいで使い切りました。

教えてくれるのは、30歳代の若い陶芸家の方。説明でチョコチョコと器を形作っていくのですが、その手際のよさに思わず感嘆。
丁寧に教えてくれたので、しばらくすると末娘も一人で茶碗やお皿をなんとか作ることができるようになりました。て私より上手なくらい。大人はどうしてもスケベ根性を出してあれこれやろうとするから、ついゆがんじゃうけど子供は素直にやるから綺麗にできる。

093001

そのうち調子に乗ってきたらしく、どの娘も真剣に作品つくりに没頭。できた作品はすべて焼かなくても良いので、時間を目いっぱい使って練習するのが賢明です。粘土は7-8作品を作るくらいはあるので、初心者が3時間使うくらいでちょうど良い。
ろくろ体験は最低2時間は必要、私たちは3時間目いっぱい使ってちょうど良かった感じ。

そのうち次女が大皿に挑戦。てこれが焼き上げ価格が1800円もかかってしまった。娘の得意げな顔を見ると、駄目とも言えないしねえ。まあ芸術の秋ということで、良しとしましょう。

完成した作品の仕上げは、5パターンの見本の中から選べて、乾燥後お店のほうでやってくれる。マグカップの取っ手をつけることも可能。

結局朝の9時ころから12時まで、たっぷり陶芸を満喫してしまいました。
かかった費用は、ろくろ代が計4000円、作品の焼き上げ代11点で14000円、送料1800円でした。作品の焼き上げ代がサイズによって変わることが、ちょっと想定外で予算をオーバーしてしまいましたが、貴重な初体験ですからしかたないですね。
完成まで1月半ほど、送られてくるのが楽しみです。

093002

娘達はすっかり気に入ってしまい、またやりたいと言ってます。私も今度は一人で作品作りに専念したいし、いつか絵付けまで自分でやってみたい。1年に1、2度、芸術の秋イベントにいいですね。父の日、母の日、敬老の日に孫から手作り器のプレゼントにも最適。

長谷川陶苑のHP

またひとつ趣味が増えてしまったかな?

|

« 金山町(東北旅行おまけ) ★★ | トップページ | DIY でフローリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/16633888

この記事へのトラックバック一覧です: 益子で陶芸 ★★:

« 金山町(東北旅行おまけ) ★★ | トップページ | DIY でフローリング »