« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月26日 (日)

奥鬼怒林道越え(130km) (MTB) ★★★

以前奥鬼怒温泉郷の日光沢温泉に行ったとき、奥鬼怒林道を群馬県側から
やってきたMTBのグループと遭遇した。
それ以来ずっと、奥鬼怒林道は気になる存在だったが
なにぶん周回コースがとり難いので、簡単には行けない。
で今回意を決して、水上温泉から坤六峠、奥鬼怒林道を経て
鬼怒川温泉までのルート130kmあまりを走破してきた。

今回は行程が長いし、写真の撮影もしたい。
そこで余裕をもった行動にするため、水上駅に深夜(23:18)到着し
道の駅で仮眠し、翌朝一で出発することにした。
今回、いつも山行に持ち歩いているツエルトで初めて寝てみた。
自転車を写真のように使うと設営は簡単だ。
半袖のウェアのうえにウィンドブレーカーだけだと
寒くて夜中目が覚めてしまった。
この暑い時期に贅沢な悩みだが、輪行バッグを布団代わりにかけて
無事解決(Zzz...)。

朝5時に起床し、6時に水上道の駅を出発。
最初は余裕があるので、水上の藤原近辺を散策しながら北上。
藤原は場所によっては、古民家が残り懐かしい風景がひろがるが
宝台樹や藤原スキー場近辺は古民家と無国籍なペンション
ロッジが混在し景観はぐちゃぐちゃ。

082601

湯の小屋温泉から、坤六峠への本格的な登りの始まり。
といっても基本的に緩い登りが延々と続き、さほどきつくはない。
道は照葉峡(てりはきょう)に沿って登っていくので
その峡谷を眺めながら登ればなかなか楽しい道である。
幸いここまで曇りがちで、比較的涼しい行程だ。
道は徐々に高度を上げ、奥利根水源の森にいたる。
この森は、ブナの巨木が大変美しいところで、しばし休息。
峠までは標高差200mで、すぐそこだ。

坤六峠についたころ、雲がとれて晴れ模様に。
峠はブナの森の中で、あまり展望がないが、標高1600mでひんやり
気持ちよい。

ここから一気に戸倉まで、長いダウンヒル。
木々の間から至仏山や笠が岳が覗く。
戸倉は標高1000mあまりだが、日差しが暑く缶ジュースと
アイスクリームでしばしクールダウン。

0800402

大清水に向けて、緩やかな斜面を登る。
木々に覆われた気持ちいい道で、おおむね日陰で助かった。
日曜だというが、交通量はさほど多くはない。

大清水の車止めゲートをちょっと先に進むと、尾瀬沼と奥鬼怒林道
の分岐だ。
ここからが、本日最大の難所の始まり。
ダートとはいえ最初は比較的路面も安定しており、傾斜もたいして
無いので快調に進むが、次第に道が荒れだして、トラクションが
かからずズルズルとあまり前に進まない。
斜度も段々きつくなり、体力温存のため自転車をおりて、押しもはいる。
すれ違ったのは、登山者7,8人ほど。ここを歩きたくないなあ。

段々疲労もたまりうんざりしかけたころ、美しい蝶アサギマダラが
ちらほら。そのうちウジャウジャ。
どうやらアサギマダラの大群のなかにいるようだ。
これからしばらくして、南の島へ移動していくのだろうが
その前にこのあたりで食料補給ということか。
これから約2時間あまりも、アサギマダラと一緒に行動したような
もので辛い登りも心癒された。

0800403

清水から2時間あまり、当初の予定を大幅にオーバーして
奥鬼怒トンネルに到着。
ここがうわさの奥鬼怒トンネルかあ。
たっぷり1.3kmの暗黒の世界。
トンネルに入るとしばらく目がくらんで、自転車のライトを
点けていても真っ暗。
平衡感覚が失われ、フラフラ蛇行。
でもこんなところで、自転車から降りたくないしがんばって漕ぐ。
次第に目が闇になれ多少は見えるようになったが
あまりいい気分はしない。
たっぷり5分以上の暗黒世界を堪能?したあと、やっと光の世界へ。
ここからは、ダートを下るだけか・・・て約13kmのダートの下りは
結構疲れた。
結局大清水からの23kmのダートは走り応え充分・・てもうお腹いっぱい。

本当は余裕を持って奥鬼怒温泉郷に到着して、ここで温泉三昧の
目論見だったが、時刻は既に3時を回り、残念ながらその余裕はない。
ううむ・・・残念。

0800404

夫婦淵温泉からは下り基調の道を鬼怒川温泉に向かって快調に走る。
疲労もたまり気味なので、景色をゆっくり眺める心の余裕はなし。
鬼怒川温泉手前の、R121に合流するまでは交通量も少なく、走りやすい。
R121からは、交通量も増えやや走り辛いが、それもすぐに終わる。
鬼怒川公園の日帰り温泉鬼怒川公園岩風呂に17:30到着。
ここで本日の汗を流す。ここは地元住民が客層で雰囲気は良い
風呂だった。

汗を流した後は、鬼怒川温泉駅に移動し、19:25の列車に乗り込んだ。
閑散とした夜行列車の中で今日のツーリングの余韻に浸り
鴻巣に着いたのは23時近くであった。

0800405

参考タイム
水上道の駅(6:00)-湯の小屋温泉(8:00)-奥利根水源の森(9:30-9:50)-
坤六峠(10:10-10:25)-戸倉(10:55-11:20)-大清水(12:00)-
奥鬼怒トンネル(13:55-14:05)-かに湯(14:35)-夫婦淵温泉(15:10-15:30)
-鬼怒川温泉(17:30)

0800406

0800407

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

ささら獅子舞の夕べ

本日も子供の宿題(自由研究)の手伝いで、何処にも出かけられない。
昼間は自由研究の調査や実験器具の作成におおわらわ。
夕方になってかねてから気になっていた、原馬室の獅子舞を見に出かけた。
我が家から自転車で10分あまり、こんな近くに400年の歴史を持つ
伝統的な祭りがあったとは、新参者の私には以外でした。

081901

日が暮れる頃に始まって、棒術や剣術の舞、獅子舞と続きます。
祭りと言えば、通り沿いの縁日や山車、みこしなどしか経験がなかったので
懐かしくも新鮮な体験。
闇に浮かぶ提灯や舞が、古の世界へいざないます。
今週末は何処にも出かけられなかったけど、この獅子舞でちょっとだけタイムトリップ
した気分です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

夏休み宿題で・・・

子供の夏休みの宿題がまったく進展していません。
当初予定していた、子供との山登りも、この状況じゃちょっと無理。
もっとも幸い?天気が悪いので、家で子供の宿題のお手伝いというか
嫁さんの怒りがこちらに向かないよう、手伝っているふり?

合間をぬって、夏の思い出のイラストを2枚ほど。
この夏から、写真やイラストのストック、管理会社に預けることにしたので
ちょっとクオリティをあげてみました。一応そのつもり。

081801

オリジナルサイズはこちら

081802

オリジナルサイズはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

麦草峠で夏合宿(100km) ★★★

近所の、連日37度を上回る猛暑にうんざり、へとへと。
こんな暑さを逃れるべく、長野の高原で自転車合宿という
FF21有志の企画に1日だけ参加。
しかし、いくら高原とはいえ連日のこの猛暑の中、標高差1340m
の峠越えに果たして耐えられるのか?とかなり不安。
いつものように、練習モードで突っ走らないことを願いつつ
朝6時20分に、浅科ほっとぱーくの道の駅を出発です。
国道142から141を走りますが、途中道幅も狭くトラックがうるさく
なってきたので、途中千曲川対岸の道へ。
こちらのほうが断然走りやすいので、お勧めです。

081301

八千穂駅から、いよいよ今回のハイライト、麦草峠越えの始まり。
起点787mから峠の2127mまで、標高差1340mのヒルクライム。
灼熱地獄になるのではとちょいと不安でしたが
いやあ行ってみれば、暑さを忘れる快適峠越えは最高!
最初の標高が低いときは、ちょっとうんざりモードでしたが
標高1500mを越えれば日向でも充分快適。
練習モードの走りではなく、のんびりヒルクライムだったので
たいして疲労を感じることも無く、約1時間で八千穂レイク到着。
15分ほど休憩してさらに1時間ほどの登りで、白駒池駐車場に到着。
ここでアイスも最中と新鮮朝摘みイチゴを購入。疲れた体にイチゴがいいねえ。
景色はいいし涼しいし、夏のロードには最高のロケーションです♪
さらに峠まで移動し記念撮影。車では何回も来た事あるのですが
やっぱり自分の足で登ってくると、感慨もひとしおです。

081302

ここから一気に750mあまりの、超クールなダウンヒルを堪能。
この暑い夏にこの涼しさは贅沢贅沢。
ここで299のメルヘン街道からビーナスラインへ。
いきなりの下りから登りへ、さらに車の混雑にヘロヘロになりながら
本日の昼食を食べにそば屋田村へ。
ここのテラスで食べる冷たい山菜そばは美味しかった。
新鮮野菜の天ぷらも食べたかったが、胃にもたれてはいけないのでパス。残念・・・。
昼食後、最後の登りスズラン峠へ。
坂はたいしたこと無いが、車が多くていまいちな箇所。
まあ盆休みのこの時期では仕方がないことですが。
スズラン峠のあとは、一気女神湖畔を通り抜け、長門牧場まで。

081303

ここでも牧場のソフトクリームは絶品です♪
木陰で1時間ほどまったりごろごろ。
高原を吹き抜ける風が気持ちいい~。

牧場から裏道を通って、望月-浅科の車デポ地へ。
標高700mとはいえ、下界の太陽は暑かった。

すぐに浅科温泉へ直行。
広い岩の露天風呂につかり、日陰で寝っころがると吹く風が心地よい。
裸のまま、しばしまどろみ、心地よい疲れを癒します。
私の参加は残念ながら初日だけなので、ここから自宅へ直行です。
ご一緒くださったお二方、ありがとうございました。

081304

081305

参考タイム
ほっとぱーく浅科(06:20)-麦草峠分岐(07:25)-八千穂レイク(8:25-8:45)-白駒池入り口(9:35-9:50)-麦草峠(9:55-10:10)-蓼科高原田村(10:40-11:30)-スズラン峠(12:00)-長門牧場(12:20-13:10)-ほっとぱーく浅科(13:50)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

夏休みの宿題

長女も今年から中学生。小学校の宿題なら適当にやらせておけばいいけれど
中学校になるとさすがに何かと面倒くさい。
近所の古墳の調査とか、近代西洋絵画を見て、感想を書けなどできの良い子なら
いざ知らず、娘にはちょっと荷が重い。
まあそんなわけで、この暑いのに8月11日はさきたま古墳公園に資料集め。
それにしても外は暑い。絶対38度を越えてるな。

081101

さきたま資料館で古代の遺跡の展示物を見て、資料集め。
一通り見学が終わったら、まがたまつくりに挑戦。
250円の工作キットを3つ買って、まがたま工作開始。
石を削るなんて厄介そうと思ってましたが、とても柔らかい石なので
小さな子供でも簡単に削れます。
子供達は自分で作るアクセサリーということで、かなりお気に入りの様子。
夏休みの宿題を手伝うはずだったんだが・・・まあいいか。

081201

これだけで済めばいいのだが、翌日8月12日は近代西洋絵画を見に
上野の国立西洋美術館へ。
ルネッサンスのころから、現代アートまでの展示があるのですが
この絵画の良さを理解するには、中学生はちょいと荷が重い。
結局レポート書けるような好きな絵画が見つからず、宿題は持ち越し。

081202

これだけじゃつまらないので、お隣の国立科学博物館へ。
4、5年前に行ったときは、大きな理科室みたいな感じで
どこか薄暗く、閑散としていた。せっかくの展示物がもったいないな
と感じたものだったが、久しぶりに行ってみてびっくりした。
展示物は綺麗に並び替えられ、見せる工夫もかなり進化。
実際にできる実験アトラクションも充実で、人がごった返してました。
とても半日では遊べないので、早々に出ましたがこれはなかなか楽しめます。
できれば夏休みのような、混雑する日は避けたほうが良さそう。
なかなか充実した一日だった・・・て何しに来たんだっけ。
そうそう、夏休みの宿題は進展せず。まったくこんな宿題出すなよな(怒)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

夏休み

080202

台風が接近して、天候が心配だったけど、無事海水浴も楽しめたし
イルカとちょっとだけ遊べたし、料理は豪華でおいしかったし、楽しい夏休みでした。
静岡県人だけど初めての下田滞在でした。
しかし下田は遠いなあ・・・。

080201

初日、台風接近で下田に着く途中まで、雨が降ったりやんだりで
完全海水浴はあきらめてましたが、下田の海岸線に出たらそこだけ晴れてました。
急遽いそいで海水浴のしたく。しかしここは何でもお金を取られる。
新潟の海水浴場はけっこう無料で遊べたが、やはり下田は海水浴も割高だ。
まあ海は綺麗で穏やか、首都圏も近いから仕方ないか。

黒船ホテルに滞在、楽天トラベルで予約した比較的リーズナブルな宿だったけど
出てきた料理の量にびっくり。基本的に新鮮な魚料理ですから、味もおいしい。
凄く割り得感はあるのですが、いかんせん子連れの小食ファミリー。
当然食べきれるわけも無く、もったいない感でちょっと複雑な気分。

2日目、下田の水族館で海に入ってイルカに触れるアトラクションに参加。
定員が少ないので、あせりましたが何とか2回目のアトラクションを確保。
初回は、イルカが近くになかなか近づかず、私達の時も駄目かなとちょっと
あきらめてましたが、2回目は朝ボケも解消か、盛んに遊びに来てくれて
子供達は念願のイルカに触れて、大満足。つぶらな瞳がか~わい~ですねえ。
順番待ちで前に割り込んで、2回目にしてくれた家族に大感謝です♪
なんせ1回目は、殆ど触るどころかイルカの影を見るのも少なかったですから~。

あとは実家の田舎滞在。

子供達は毎度のことながら、それなりに田舎を楽しんでました。
打ち上げ花火を裏の土手でやったのが、もっとも楽しかったみたい。
子供の頃は、花火を買って、けっこう危ない遊びもしましたが
今の子供は、自由に花火で遊ぶなんてことは、難しいからなあ。
高感度デジカメで撮ったせんこう花火がいい感じです。

0800401

とりあえず我が家の夏休み、今年も無事に終了です。
あとは子供の宿題、宿題と・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

夏休み

明日から夏休みで外出すると言うのに、あいにくの天気らしい。
このところ毎年天気が悪くて、海水浴はできずじまい。
なんだか今年も海水浴は無理かな・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »