« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月29日 (日)

八方ヶ原 ヒルクライム

栃木県矢板市で行われた、八方ヶ原ヒルクライムイベントに参加してきました。
今回はサーキットレース、エンデューロに続く3回目の自転車イベント。
ヒルクライムは初めてで、標高差900m、距離13kmをタイム計測で走るというのは
ちょっと未知の領域です。

朝6時15分、羽生サービスエリアに集まり、FF21の有志6人2台の車に分乗して
矢板インターチェンジのちょっと先の会場まで、約100kmを1時間半くらいかけて向かう。
天気は曇りのち雨とのことだが、太陽も顔を覗かせ、ちょっと暑そうな感じ。

受付を済ませ、午前9時から順次スタート。
スタート順は26番目と、参加6人中では最後尾。
スタート前はちょっと緊張するが、一人づつ30秒おきのスタートだし、ヒルクライムは
他人のペースにあまり影響されないので、気分は楽だ。
今回は初めてのヒルクライムイベントなので、オーバーペースで途中ヘロヘロに
ならないよう、心拍数を170以内でコントロールするよう心がける。
コースの勾配は、それほど急ではないので、心拍数が上がり過ぎないよう注意していれば
タイムはともかく、けっこう楽に登ることができるのは嬉しい。
山道としては道幅も充分、車も少なく広葉樹の美しい緑の森を走るのは、とても気分が良い。

072901

途中何人かに抜かれるが、ひたすら自分のペースを守るよう、心拍計を常に注視。
時々心拍数が173くらいまであがってしまうが、斜度が一定で、ちょっと緩めなので
走りながら心臓を休め、心拍数を下げることは容易です。
もっともこれが誤算で、心拍数を下げることが比較的簡単なようなら
もう少し心拍数が高くなるのを容認したほうが速く走れたかも。
いつもの練習場白石峠では、心拍数を下げるのも容易じゃないから
ちょっと余裕を見すぎたか?
まあおかげでたいして苦しい思いもせず、1時間9分ほどを楽しく過ごせたので
良しと言うことですが。
最後の1kmは、ちょっとがんばって走りましたが、たいしてタイムに
影響は無かったようです。
ゴール地点の標高は、1280mほどあり、さすがに涼しい。
先に着いていたFF21のメンバーは、ゴールライン脇の石段でくつろいでいた。
しかしこの八方ヶ原のコースは、良いですね。
同じような調子で、たいした急坂もないので非常に走りやすいです。
次回もぜひ参加して、タイムを短縮したいものです。

072902

この後おのおのスタート地点に戻って、結果発表と抽選会。
私は当たりませんでしたが、他の3人はTシャツをゲットできラッキー。

そして昼食は那須塩原でとって、温泉でのんびりした後帰宅です。
しかあし、帰宅時高速道路は土砂降りの雨で渋滞中。
結局本日これ(帰宅)が一番大変で疲れました。

それでも初ヒルクライムは、天候にも恵まれ(曇りで涼しく走りやすかった)
楽しく過ごせました。同行してくださったFF21のメンバーにも感謝です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

男鹿和雄展

嫁さんの母親が入院中なので、駒沢の病院へお見舞いに。
せっかくなので、かねてからの大ファンである東京現代美術館で開催中の
男鹿和雄展に行ってきました。
ちなみに男鹿和雄とは、スタジオジブリの美術監督だったひとで、トトロの森を
描いた人です。
混んでいるとは想像してましたが、午後4時半と言うのに、入場まで40分待ち。
これは凄い!中の混みようはさらに凄い。

0728

ジブリ映画、特に「となりのトトロ」に出てくる風景は私にとってかなり衝撃
的でした。ストーリーはもちろん好きですが、あの背景に目が釘付け。
私の描いているイラストは、まさにあんな風景を描きたかったにほかありません。
夏の終わりの夕暮れ時、五月がメイを探して歩くあの田園風景なんぞは私にとって
感涙ものです。

そして展示作品の多さにはこれまたびっくり。
早く描くのが宿命の背景画、その量に圧倒されます。
しかもその一品一品が素晴しいクオリティなんですから。
すべてをじっくり鑑賞したいのはやまやまなんですが、まあそれは無理。
今回展示された作品カタログは、260ページあまり内容たっぷりの2800円。
これだけでも充分な価値ありで、私にとって今後のイラスト創作のバイブルです。

ただこの混みようと、作品の多さに子供達はお疲れ気味。
出口付近に、写真撮影やトトロ折り紙で遊べるコーナーがありますから
子供連れの場合、早めにそこに行って、子供達を遊ばせておくのもいいかも。

それにしても、創作意欲がわいてくる、まったく刺激的で価値ある展覧会でした。

展覧会はこちらで開催中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

白石峠(46.km)

先週白石峠を登って、あまりにタイムが悪いうえに、超苦しかったので
マジに八方ヶ原ヒルクライムを棄権したくなった。
これではあんまりなので、20日金曜日朝4時に起きて、白石峠でコソ練。
昨シーズンを思い出し、急な坂はがんばらず体力温存し、緩い坂でちょっとだけがんばる。
シートポストを1センチ高く上げ、ハムストリングを有効活用、引き足を通常より意識する。
心拍数は170を越えないように、できるだけ楽に登るよう心がける。
まあこんな意識で登ったら、34分弱で登れたので、ほっと一安心。
これならタイムはともかく、あまり苦しまずに八方ヶ原も登れそうだ。ヤレヤレ。

来週の栃木八方ヶ原ヒルクライムに備えて
日曜日はFF21の有志4人で、白石峠トレーニング。
9時半、峠前のセブンイレブンで待ち合わせ。
天気がいまいちだったし、もうすっかり体力温存リラックスモードだったので
都幾川日帰り温泉四季彩館の駐車場まで、車で移動。
そこで自転車を車から降ろして、集合場所に向かう。

セブンイレブンで、他の3人と合流して、のんびり白石峠入り口まで。
ちょいと休みすぎで心拍数が低いまま、ヒルクライムをスタートしたら一気に心拍数
が170を越えてしまった。
案の定、心拍数がなかなか下がらずさらにペースを落とし心臓を休ませながら登る。
結局36分ちょっとで、金曜日より2分以上ダウン。
登る前にある程度心拍数を高めておき、スムーズに165前後まであげることが肝心なようです。

全員白石峠を登ったら、天文台下のキャンプ場まで行ってみる。
実のところ、このブログに書いた、お姉さんに会えるか?というのが興味の中心。
で、残念ながら今日の管理人はおじさんでした。チャンチャン。
期待させてしまってゴメンなさいm(_ _)m
ちなみに、今日はインテグラが停まっていましたが、お姉さんのときはウィッツが停まってます。
お姉さんに会えたら、運がいいということで(^_^;)

それでも、キャンプ場の雰囲気は気に入ってもらえたようで、ここでツーリングキャンプ
やろうという話の流れになり、1時間くらいまったりくつろいでしまった。

あとはそのまま来た道を下って、いつものぽんぽこで昼飯。
今日は天気がいまいちのせいか、随分空いている。

昼食のあと、他のメンバーとわかれ四季彩館へと向かうところだが、これでは
あんまり物足りなさ過ぎなので、松郷峠から雲河原を抜けて四季彩館へ。
この時間(3時頃)なら、人も少なめでゆっくりお湯に浸かってのんびりできる。
料金はちょいと高いが、湯船と森が近くてけっこう好き♪

風呂上り、川を見ると家族連れが泳いで遊んでいる。
いつもはちょっと臭うこのあたりも、台風一過、川底が綺麗に洗い流され
今日の川の水は超綺麗。あと一週間くらいは川遊びにはよさげです。

072201

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

白石峠(132km)

連休の台風も去り、やっと自転車に乗れる天気に。
7月末に、ヒルクライムのイベントにエントリーするので
少しは山に登っておくかということで、いつもの白石峠に向かった。
しかし結果はちょっとシャレにならないタイム。
体力ばかりか、登りのペダリングもすっかり忘れてしまったようだ。
なんか棄権したくなってきた・・・。

当初は休まずこぎ続けるつもりだったけど、ヘロヘロだったので
いつもの堂平天文台の下にある、キャンプ場へ行って、今日も休むことにする。
何かのCMじゃないけど、誘惑に負けるのも人生だよな、とジュースを飲みながら
木陰で心地よい風を受けるこの快感。当然アイスもいただきました。
前回と今回とも、管理等の担当は清楚な感じのお姉さん(以前のおじさんは?)。
せっかくなので、しばし歓談。
自転車乗りの人は来ますか?と聞きましたが、ここに売店があるのも
気がつかないようで、めったにこないとのこと。いつも暇なんですよねえと言ってました。
お姉さん目当てに行くのも、励みになっていいかもね(爆)
ちなみに、ジュース類とアイス(ちょっと溶けてるかも)、ビー○が買えます。

071601

この後定峰を秩父側に下って、以前敗退した、秩父川から秩父高原牧場へ登る道に
行ってみら、やっぱり激坂で敗退。でもう一本別のルートを途中まで行ったけど
こちらはさらに凄い激坂で敗退。
裏定峰は、やっぱり気力が充実した涼しい日じゃないと無理かな。
・・・て、そんなに気力が充実した日がこの先来るのかな。

あとは長瀞の対岸の道を寄居まで走ったけど、暑いこと暑いこと。
そろそろ昼間下界を走るのはやめようかなと、バテバテで鉢形城址公園の歴史館へ。
しばし昼寝した後、せっかくだからと歴史館へ入ってみる。
しかし展示品はいまいちというか、まともなものはない。
この辺は、戦国時代、関東管領上杉氏や古河公方、北条氏など多くの史跡が残る
ところで、世間にあまり知られてないが、そのエピソード非常に興味深い。
しかしせっかくの施設を持ちながら、それらをうまく紹介できていないのが非常に残念。
ハード(建物)だけ立派でも、ソフトが貧弱ではねえ・・・、良くあることですが。

そうこうしているうちに、雲もでてきて涼しくなって、走るにはおあつらえ。
ちょっと向かい風気味ですが、暑いよりましです。荒川沿いを自宅まで。
ちょうど家に着いた頃、雨がポツポツきました。グッドタイミングだったようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

台風の休日

せっかくの3連休も、台風で足止め。
もっとも梅雨明け前のこの時期、こんなこったろうと思ったけど。
雨に閉じ込められた2日で、イラスト4枚ほど。
でもやっぱり段々いい加減になっていくけどね。

071501

071502

071503

大きなサイズはこちら 夏の風景 山の風景

明日はなんとか天気も回復みたい。さて何しようか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

今年の蛍

いつのまにやら、もう7月の半ば。
結局今年は蛍を見損なってしまった。
というわけで、イラストでも。

071101

オリジナルサイズはこちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

アヤメ平

ちょっと前の天気予報は雨だったけど、今日の天気予報は曇り。
予想より天気は良さそうだから、長女とアヤメ平へ向かった。
ここは尾瀬の一角だけど、比較的空いていて、手軽に山上の湿原が
楽しめるところ。
富士見峠まで、林道なので雨が降ってもそこそこ快適に歩けるので
梅雨のこの時期にはうってつけのコースでけっこう気に入っている。

070804

せっかくだから娘と尾瀬ヶ原もいいかなと最後まで悩んだけど
鳩待ち峠へ向かうバス停で待っていた、やる気満々の中高年登山者の
集団を見たら、気持が萎え~てことで、やっぱりアヤメ平へ向かう。

070801

富士見下の駐車場には前客の車3台のみ。
結局富士見峠の小屋まで、1グループにすれ違ったのみで静かな林道歩き。
ゆっくり歩いて2時間半。
しかあし、富士見田代で休もうとしたら、先客の中高年の集団が。
それも100m手前からもわかる大声で盛んに喋り捲っている。
さらにアヤメ平でも似たような集団が・・・、ここは居酒屋か?
この喧騒さえなかったら今回のお散歩良かったのにねえ。

070802

天気は曇りで時々薄日が差す程度、標高が低い尾瀬ではこれくらいが暑くなくて
ちょうど良い。湿原に霧が流れて、涼しいことこのうえない。
高山植物の花々も、今がちょうど盛りを迎えたところ。

070803

娘は登りで足をちょっと捻ったようで、アヤメ平で引き返す。
アヤメ平と富士見田代で2時間ほど昼食とってのんびり。

070805_1

あとはゆっくり2時間半かかって、ちょうど富士見下に2時半到着。
帰りは水上方面へ向かい、湯の小屋温泉でお風呂を浴びて帰宅です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

雨宿り

天気がいまいちだったので、近場で走ることに。
久々物見山周回に、ダンシングの練習にいってみる。
シッティング中心から、ダンシングを中心に走りを組み立ててみることにしたら
まあなんとかダンシングでも、完全にへたることなく走行が可能なようだ。
その分、力を抜いた省エネダンシングだから、実際全然速くない。
これじゃダンシングの意味ないか・・・?
1時間ほど走ったあと、自宅に帰る途中、突然大粒の雨に見舞われた。
レーダーアメダスだと、雨の心配はないと思っていただけに、ありゃりゃ。
雨の中を走る気もしないので、お寺の境内で雨宿り。いまは梅雨だもんな。
20分ほどしたら、雨も殆どやみ、無事に帰宅。
なんとか自転車の大掃除を免れ、やれやれ。
本日の走行距離 75km。

070701

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年7月 1日 (日)

倶楽部ランだけど

本日は7月の定例倶楽部ランの日。
嫁さんが法事で外出なので、顔だけ出して帰ろうと思ったけど
行田の古代蓮公園に10:00集合なら、最初だけは走れそうだ。
というわけで、手術以来最初のロードバイクを楽しんできました。
やっぱり軽い軽い♪
集団走行なので、30kmで走っても、心拍数は120そこそこ。
リハビリにはちょうどいい軽い走りです。

070101

久々に古代蓮公園に行きましたが、名前の由来の古代蓮の開花時期
とあって、凄い人で賑わってました。
この公園ができた当初は、こんな凄い人出ではなかったようなきがしますが。
せっかくだから、ソフトクリームでカロリー補給して、子供達の世話のため一旦帰宅。

070102

マックで昼食をとったあと午後は、子供達と自転車もって森林公園へ。
暑いかなあと思ったのですが、ここのサイクリングロードは木陰が多くなかなか爽快。
思いっきり走るようなことはできませんが、そこそこ涼しく夏はお勧めかも。
閉園近くたっぷり遊んで帰宅です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »