« 寒波到来 | トップページ | 小川ポタリング »

2007年3月17日 (土)

日白山

ここにきて先週からいい雪がしんしんと降り始めた。
今シーズンは完全にパウダーをあきらめていたが、俄然滑りたくなって久々メーリングリストのBCスキークラブゆきうさぎのツアーに参加。
それに日白山は、前々からお手軽にパウダーで遊べるホームグラウンドにちょうどいいんじゃないかと目をつけていたところ。
なんせ今までのホームグラウンドとも言えるかぐらスキー場が、最近のBCブームで混み混み。パウダー狙にくくなってしまいましたから。

朝は小川町に住むTさんをピックアップして、ちょっと遅れ気味の8時15分に集合場所の二居パーキングに到着。
既に他の面々(は準備万端。
男性5人、女性2人総勢7人、今日は行程が短いので、のんびり行きます。
林道終点の、除雪終了地点に車を停めて、ボチボチ出発。

031701

雪は降っているものの、谷筋は風もなく比較的暖かい(始めのうちは)。
川沿の林道を進んで、一旦左岸に渡り、ちょっと濃い目の藪斜面を登ります。
それでも雪が少なく、もっと藪が濃いかと思ってましたが、さほどでもなく案外いい感じで滑れそう。
なんってったってフカフカパウダーが30cm~50cmほど積もっていて、こりゃあ期待できます。

031702

そうこうしているうちに1段目終了。稜線直下の斜面では、凍っ雪の上に新雪が乗っていて、ちょっと難儀するが、ツボ足でクリア。
今日は雪模様で寒いし展望もないから、日白山山頂はあきらめ、1500mの稜線で終了、ここからしたくしてドロップ。

031703

アイスバーン上の新雪が厄介かなと思いましたが、全然問題なし。
ドライなパウダーが超気持ちよい!今シーズン最高の感触ににんまり。
でもテレマークの滑り、すっかり忘れてます。今年はテレマークで滑ってないからなあ。
まあそんなことは問題なし、パウダー滑れりゃ細かいことは気にしない(^o^)

031704 (Pさんの滑り)

一段目の斜面の藪が、ちょっと濃かったけど、あとは比較的開けた感じで楽しめました。
例年のように雪が多ければ、それこそ最高の斜面になるでしょう。

031705 (S氏の滑り)

そんな気持ちよい斜面もあっというまに終わって、あとは林道沿いに帰るだけ。
ラインは何処でも自由に取れるので、2-3回登り返せば、一日中遊べそう。
12時にはツアーも終了、あとはひたすら二居にある宿場の湯で時間をつぶす。

夜はゆきうさぎのキャプテンの豪華な別邸で宴会。
皆でわいわいがやがや、楽しい夜は更けていく。

今日のビデオ >>

|

« 寒波到来 | トップページ | 小川ポタリング »

コメント

日白山はお疲れさまでした。
同じく日白山はホームにしたい山と思います。上越国境周辺は首都圏から近いので、半日コースをたくさん抑えておくと、急遽出発!!ってときにいい鴨。

投稿: さる。 | 2007年3月21日 (水) 08時50分

近い、安全、おいしいとホームにはぴったり。
来年はしこしこ通おうかと思います。

投稿: kan | 2007年3月21日 (水) 18時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/14332357

この記事へのトラックバック一覧です: 日白山:

« 寒波到来 | トップページ | 小川ポタリング »