« 高山村・中之条町(123km) ★★ | トップページ | 物見山周回デビュー »

2006年10月14日 (土)

自転車乗り的山登り

ロードバイクに乗り始めて、一番感心したことは、ハートレートモニタの活用です。
山の雑誌もちょくちょく買うのですが、ハートレートモニタという記事はとんと記憶がありません。
トレイルランニングではちょくちょく活用されているようですが、こんな便利なものをなんで登山で活用しないのかなあ?
あとロングライドのテクニックで、水分とエネルギーの補給テクニック。
登山では通常ここまで神経質になることはないのですが、胃弱の私が体を動かし続けるためには、かなり有効なテクニックには間違いない。
まあそんなわけで、ハートレートモニターを装着して、ハイドレーションパックにグリコのCCD+アミノ酸ゼリーで、八ヶ岳の南端、権現岳に登ってきました。

朝7:20に観音平を出発。あたりは霧で天気はいまいち。
天気図では高気圧に覆われ、どうみても晴れなんだけどなあ。
1500mの観音平の紅葉は、だいぶ進んだが今一歩か。

10141

心拍数を140から150の範囲にキープし、ずんずん進む。
別の登山者をパスするときつい160くらいになってしまうので、一旦140くらいに下げる。

10142

8:45 あっさり編笠山に到着。
これから登る権現岳や赤岳、阿弥陀岳のパノラマがバーンと広がる。
あまり休むと、足に乳酸が溜まる?ので5分程度で出発。
常に動き続けるのは、自転車流。当然休むのも歩きながら心拍数を下げる。
権現岳山頂付近は、少し慎重に行動しなければならないので、心拍数を120-130に下げて行動。
この辺は眺めも良いので写真を撮りながら。
赤岳や阿弥陀岳方面は、雲が随分わき始め、もうすぐ完全に隠れそうだ。

10143

ギボシ付近でたくさん写真を撮って、到着が遅れたが、10:10くらいに山頂到着。
岩の向こうは断崖絶壁。おお恐~。

10144

山頂に10分ほど休んで、10:20 下山開始。
三ツ頭から、権現岳を振り返る。
すでに赤岳は完全に雲の中。そして尾根は完全に雲に覆われる。
時間的にちょうど良かったみたいでラッキー。
三ツ頭から、気持ちの良い原生林の中の下り道。
斜度も適度で、土も少しフカフカしてやわらかく、下りやすい道だ。
結局出発地点の観音平には12:20到着。
ちょうど5時間の行程。意外と速かったな。

ハートレートモニターはやっぱり便利。
最良のペースで歩けるので、結局は速くて楽チンだ。
山登りにハートレートモニター、ぜひお試しあれ。

レポート(その1)はこちら
レポート(その2)はこちら

|

« 高山村・中之条町(123km) ★★ | トップページ | 物見山周回デビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188267/12286365

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車乗り的山登り:

« 高山村・中之条町(123km) ★★ | トップページ | 物見山周回デビュー »