« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

札幌日帰り出張

今日は札幌に日帰り出張。
普段から、鴻巣から品川まで2時間近くかけて会社に通ってる。
その上品川-羽田が30分、羽田ー千歳が1時間半、千歳-札幌が40分。
トータル片道5時間、往復10時間も乗り物に乗っていた。
なんか自転車に10時間乗ってるほうがいいなあ。
さすがに、最後は気分が悪かった~。
北海道は大好きだけど、さすがに日帰りはもう遠慮したい。

1031
出張先に1時間くらい早く着いたので、大通公園をちょっとだけ観光

1031_1
札幌は今が紅葉の真っ盛り

1031_2
お約束の時計台です。さて仕事仕事と・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

コスモスロード

昨日からの雨模様も急速に回復、お出かけ日和。
そんなわけで、朝長女用のルイガノMTBのタイヤを交換。
ジュニア用ルイガノのMTBは、子供用とは思えないほどの品質で、とても気に入っているのだけど、タイヤだけはいただけない。
写真(右)のような、センターだけブロックパターンが少ない中途半端なタイヤ。
これじゃあオフもオンも使えないので、左のようなオンロードタイプをいつものショップで取り寄せた。
子供はどうせ本格的なオフロードは走らないので、MTBルックの自転車のタイヤはもう少し考えてもらいたいものだ。

Cosmos01

タイヤを交換したので、早速試乗をかねて家族全員でミニサイクリング。
目的地はいつものように荒川CRを走って10km弱の吹上コスモスロード。
今はコスモス祭り中とあって、随分と賑わっている。
ただ1月ほど前の大雨の影響で、コスモスが少し倒れ気味なのがちょっと残念。

Cosmos03

昼間は暑かったものの、日が少し傾くと、サイクリングには心地よい。
ちょっとオレンジがかった柔らかな日差しを浴びて、コスモスが咲くサイクリングロードを帰路につくのでした。

Cosmos02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

静かな白石峠

今日も病院帰りに白石峠。
越生自然休養センターから都幾川、白石峠、グリーンライン、黒山三滝と一回り。
一応今年最後の白石TTのつもりだったけど、タイムはダメダメ。
33分48秒で、一応7秒ほど短縮してベストラップだけど、今年中に30分を切ることはちょいと無理そうだ。
最近あまり自転車に乗ってないからなあ、どうやらまともにトレーニングをしないと、タイムの向上は見込めそうも無いようで。なんか考えよ。
後は静かなグリーンラインをのんびり流してきました。
いつもわんさかいるローディーも今日は3-4人見かけただけで少なめ。
スタート時間が2時と遅いせいもあるけど、明日は富士チャレンジ200kmだから、かなりの人がそちらに流れている模様。明日の天気予報は雨みたい。つ辛そう・・・。

なんか都幾川町の広報車が、熊の出没に注意を呼びかけていた。
昨日は寄居町で、小熊の捕獲騒動があった。
尾瀬近辺や長野県での出没騒ぎはわかるとして、関東平野の目と鼻の先、寄居や奥武蔵野山々で、熊の出没騒ぎがあるなんて。
自然が身近に戻ってきたと喜べないのが辛いね。

グリーンラインは、いまやっと色づき始めたところ。
紅葉はもう10日くらい先でしょうか。

Green

本日の走行距離45km 2時間半のショートトリップでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

メトロノームの活用法

今日朝練しようと朝起きたら雨が・・・・。
あれ?天気予報では晴れだったはずでは。
仕方が無いので、blogに記事追加。

しばらく前から、自転車にメトロノームつけて走ってます。
といってもリズムをとる為ではなく、自転車のベルがわり。

Photo_5

サイクリングロードで、ベルを鳴らすのは「どけどけ」と
言っているみたいで、好きじゃないし、いつもいつも声をかけるのも
なかなかタイミングが難しかったり、めんどくさかったり。
ピッピッピッピッピッピッ・・・・と定期的に音を出しているので
殆どの人が、注意を向けてくれ、自然によけてくれます。
我ながら、グッドアイデア。
音色は多少変えられます。テンポは心拍数に近い150くらいがしっくりきます。
難点はデザインがね、たまごっちみたいでちょっとかっこ悪い。
写真はYAMAHAのモデル。小さなものは楽天で2000円位から購入可能です。
音だけでよいので、どこかがかっこよくて小型のものを商品化してくれないかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

物見山周回デビュー

ロードバイク購入して半年、そろそろ自転車のイベントでも出てみようかと
いろいろ探してみたところ、東京エンデューロあたりが良いかなあと
早速エントリー。子供のクラスもあったので、長女もついでにエントリー。
ちょっとドキドキ。そんなわけで、少しぐらい練習もしなければ。

前回参加させて頂いた、FF21のメーリングリストに、物見山周回練習しますとの
B氏からのメッセージ。物見山周回コースは聞いたことがあるが、いまだ未体験。
せっかくだからと、本日ご一緒させていただくことにした。
8:30に物見山の平和資料館のパーキングにてB氏と合流。
今回は午前中に周回コースを10週。
物見山周回は、コース長が5Km強、標高差約100m。
3周ぐらいまでは、「けっこう楽だな、もう少しスピードを上げても」と思ったが
周を重ねるごとに、登りでは息があらくなり、はーはーぜーぜー。
心拍数も170(90%)くらいまで上がるようになってしまった。
また前に自転車があると、ついペースをあげてしまい、ペースが乱れる。
それでも前50-36T後12-27Tのヘタレギヤのおかげで、何とか足も残ったまま
B氏のあとにくっついて10周を完走。
これが10周だったから、完走できたが、20周、30周となった場合きついなあ。
まあその場合自分の体力がどうなるかというのが、興味あるところだけど。
このコースを利用して、今後もいろいろトレーニングできそうだ。

周回練習の後は、都幾川町の明覚駅の近くにある、ぽんぽこに自転車で移動して昼食。
実はこの移動が本日一番きつかった。
飯を食べに行くために、10kmも走ると想定していなかったからね。
ぽんぽこは初めての店ですが、うどんとかき揚げのボリュームに満足満足。
でもまた自転車漕ぐには、ちょっと食べすぎ。
食べすぎで重いお腹を抱えて、高野倉経由で物見山のパーキングに移動。
最後の急登がきつい(゚▽゚;)ハァハァ・・・。

まあそんなわけで、楽しい物見山周回コースデビューでした。
ご一緒くださったB氏、ありがとうございました。

今回のトレーニングは、富士チャレンジ200km出場(私ではなくB氏)
ということだったので、ちょっと2つのコースを比較してみた。
コースの感じ的には似ているような話だし。

Photo 物見山コース

Photo_1 富士スピードウェー

Photo_2 物見山コース標高グラフ

Photo_3 富士スピードウェー標高グラフ

2つを比較してみると、やはりレイアウト的には近いコースと推定してみる。
今回10周のアベレージは、25km/hちょっと。
チャレンジ200の場合、200kmを7時間だから平均28.5km/h以上で走らなければ
ならない。平坦路ならいいが、グラフのようなアップダウンの激しいコース。
こりゃ厳しい。やはりチャレンジ200は、そうとうしんどそうだ。
でもいつかは出てみたいねえ。まあそのうちに。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

自転車乗り的山登り

ロードバイクに乗り始めて、一番感心したことは、ハートレートモニタの活用です。
山の雑誌もちょくちょく買うのですが、ハートレートモニタという記事はとんと記憶がありません。
トレイルランニングではちょくちょく活用されているようですが、こんな便利なものをなんで登山で活用しないのかなあ?
あとロングライドのテクニックで、水分とエネルギーの補給テクニック。
登山では通常ここまで神経質になることはないのですが、胃弱の私が体を動かし続けるためには、かなり有効なテクニックには間違いない。
まあそんなわけで、ハートレートモニターを装着して、ハイドレーションパックにグリコのCCD+アミノ酸ゼリーで、八ヶ岳の南端、権現岳に登ってきました。

朝7:20に観音平を出発。あたりは霧で天気はいまいち。
天気図では高気圧に覆われ、どうみても晴れなんだけどなあ。
1500mの観音平の紅葉は、だいぶ進んだが今一歩か。

10141

心拍数を140から150の範囲にキープし、ずんずん進む。
別の登山者をパスするときつい160くらいになってしまうので、一旦140くらいに下げる。

10142

8:45 あっさり編笠山に到着。
これから登る権現岳や赤岳、阿弥陀岳のパノラマがバーンと広がる。
あまり休むと、足に乳酸が溜まる?ので5分程度で出発。
常に動き続けるのは、自転車流。当然休むのも歩きながら心拍数を下げる。
権現岳山頂付近は、少し慎重に行動しなければならないので、心拍数を120-130に下げて行動。
この辺は眺めも良いので写真を撮りながら。
赤岳や阿弥陀岳方面は、雲が随分わき始め、もうすぐ完全に隠れそうだ。

10143

ギボシ付近でたくさん写真を撮って、到着が遅れたが、10:10くらいに山頂到着。
岩の向こうは断崖絶壁。おお恐~。

10144

山頂に10分ほど休んで、10:20 下山開始。
三ツ頭から、権現岳を振り返る。
すでに赤岳は完全に雲の中。そして尾根は完全に雲に覆われる。
時間的にちょうど良かったみたいでラッキー。
三ツ頭から、気持ちの良い原生林の中の下り道。
斜度も適度で、土も少しフカフカしてやわらかく、下りやすい道だ。
結局出発地点の観音平には12:20到着。
ちょうど5時間の行程。意外と速かったな。

ハートレートモニターはやっぱり便利。
最良のペースで歩けるので、結局は速くて楽チンだ。
山登りにハートレートモニター、ぜひお試しあれ。

レポート(その1)はこちら
レポート(その2)はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

高山村・中之条町(123km) ★★

前から懸案だった、自宅から群馬県中之条町にあるネット友達の自宅まで、自転車ツーリングしてきました。
渋川までは、一旦利根川のサイクリングロードに出て、利根川CRをひたすら北上します。
当日はとにかく北西の風が強く、時速20km程度で走るのがやっと。
10月9日にネット友達のお宅に伺うと書き込みしたのを、後悔したがしょうがない。ひたすら忍耐で漕ぎ続ける。
1009_1

伊勢崎市の五料橋を渡って右岸に渡ると、住宅地や雑木林、公園を巡るCRで、いくらか風も和らぎほっと一息。ここから渋川までは、変化に富んだCRで、スピードは出せないがポタリングするにはとても面白い。子供を連れてくれば、喜ぶだろうな。

1009_2

渋川までは、黙々走ってきたが、ここからは観光気分で寄り道いっぱい。
昔の宿場町が色濃く残る白井宿。観光客もなく、静かなものです。

1009_3

高山村に入るには、標高差500mの子持山と小野子山に挟まれた中山峠を超えます。いつもの峠こえで慣れているつもりでしたが、風の影響で足はヘロヘロ。
いつも自動車ではおなじみの峠なんですが、こんなにきつかったかな?
まあなんとかそれでもたどり着いて、峠の売店でざるそばを食べました。
しかし、この後悲劇が待っていた(真相はHPのレポートで)。

1009_4

高山村に入ったら、以前から目をつけていたコースをポタリング。
たわわに実った稲穂が、金色に輝いて本当に美しい日本の秋です。
さだまさしの「桃花源」の歌詞のよう。
「南風吹いて 稲穂がそよぎ あなたの里は 黄金に染まる・・・」

1009_5

今年の春のオフ会の時、目をつけていた茅葺民家。
やっと写真に納める機会が来た。
なんせ春のオフ会の時には、皆さんスミレしか目がいかなかったみたいですから。
そして午後2時半ころ、友人宅を訪問。
そしたらやはりネット友達のご夫婦が先客として訪問中。
しばらく世間話や次回オフ会の話やらで楽しく歓談。
約束どおりに暖かいコーヒーを飲み終え、午後5時過ぎ中之条駅に向けて出発。

1009_6

夕闇もせまる道を中之条駅へと急ぎます。
午後6:02分発の列車に乗り込み、鴻巣に帰宅したのは午後9:00近くでした。
風は強かったけど、快晴の一日、出かけて良かった~♪。
今日も楽しく思いで深い旅となりました。

レポートはこちら

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

八幡様の秋祭り

今日は嫁さんの実家、三軒茶屋で秋祭り。
神輿かついで、お菓子もらって、おばあちゃんからお小遣い。
子供達にとってこんな安上がりで楽しいイベントはないようで。
これで明日は心おきなく一人でツーリングと♪

1008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白石峠(55km)

今日も午前は毛呂にある埼玉医大で診療。
今回で3月まで病院には行かなくて良くなった。ヤレヤレ。
と言うわけで午後はいつものように、都幾川村スタートの白石峠。
ここんとこの雨のおかげで、気分が冴えなかった。
ここらでひと漕ぎして気分をすっきりさせよう。
でけっこうがんばったつもりだけで、前回より1分遅れの35分弱。
30分を切るのは、思った以上に難しいかも。
何か戦略?でも考えないと、今年中に30分クリアは望み薄だなあ。

10081

まあ白石峠登ったら、気分はスッキリ。
秩父高原牧場へ、秩父側から登りにトライしようと思ったけど、すでに3時近く。
あんまりゆっくりしてもいられないので、そのまま定峰峠を小川に下った。
昨夜の大雨の影響で、そこらじゅうから道に水が噴出し、道路は水浸しで走りにくかった。
風も強く、ハンドル取られてぐらぐら。

ちょっと登り足りなかったので、帰りに仙元山公園へヒルクライム。
斜度はけっこうきつく、いいトレーニングになる。
空気が澄んでいるので、小川の街並みや東秩父の山々がきれいに見える。

10082

あとは遠山経由で、都幾川村へ。

10083

まだ天日干しの稲刈りが、チョコチョコ見られます。
そのうち無くなるんだろうなあ。

本日の走行58km。ちょっと短かったけど、雨でなまった体を戻すにはちょうど良かった。
月曜日はいよいよ群馬県、中之条市にツーリングです。

途中いつものショップで、「シートポストがぐらぐらする」と言ったら不良品でした。
このまま使うのは危険ということなので、とりあえず換わりのシートポストを借りて、交換されるまで待ちます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

FF21 倶楽部ラン

ロードバイクに乗り始めて早5ヶ月、そろそろ集団走行や各種イベントにも参加したくなった。そんなわけで行きつけのショップで紹介してもらった、Free Fright 21 という、近所のサイクリング倶楽部の定期ツーリングにお邪魔させてもらった。集団走行などまったく経験が無く、どうなることかと心配したが、楽しい集団走 行を体験させてもらいました。ただ天候がねえ、天気予報の嘘つき・・・。

10011
足利といったらやはり足利氏の氏寺、鑁阿寺(ばんなじ)と足利学校。もう10年以上前に足利を散策したときは、足利学校を訪れていなかったので、楽しみに していたが、今回も足利学校は訪問せず。結局鑁阿寺境内を少しだけ。鑁阿寺、足利学校近辺は、石畳の道とかそれなりに風情ある町並みが整備され、のんびり 散策するには楽しそうであったので、近いうちにまた訪れることにしよう。
10012
帰りは雨の中の強行軍。
前回雨の中の落車がトラウマになり、恐怖に顔をひきつらせながらの
帰還となりました。やはり雨は嫌いだ~!

FF21の皆様、お世話になりました。
引っ張ってもらってばかりで、本当に申し訳ないです。
次回はぜひドライコンディションでご一緒させてください。

レポートはこちら

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »