2017年11月28日 (火)

遠山郷と慈光寺紅葉

昨日一仕事終えたので、今日はいつもの小川、嵐山、ときがわあたりを紅葉狩り。
ここらの紅葉って、こんなに鮮やかだった?曇り空にも関わらず、30年以上ここらを通っているが、一番の美しさでは。
紅葉は時期を少しずれると、印象もだいぶかわるから。今日は紅葉ドンピシャってことか。
それに今回は遠山寺という、超穴場というか盲点の素晴らしい紅葉のお寺を発見。その素晴らしさにただ茫然。しかし住職が常駐していないのか、少々荒れた感じが残念。建物や庭石は、かなり気品を感じるのだが。
このお寺は、後北条氏の重臣、小倉城主、遠山一族の由緒あるお寺。もう少し整備して大切にしてほしいものです。
さて次は毎度おなじみの嵐山渓谷。今日の紅葉はまさに今が旬、美しい~。本家の京都嵐山は人でごった返しているだろうけど、こちらの人影はまばら。皆さん心ゆくまで紅葉を堪能しているようです。30年前は、かなり荒れていましたが、今はまたかつての庭園があったころのように、整備が行き届いています。紅葉のトンネル、この心地よさは今だけの贅沢。
最後はときがわの古刹慈光寺。ここも紅葉の最盛期には当たったことがありません。今日はどうか・・・・・最盛期にあたったことは確かだけど、いかんせん夕暮れ時ではね。
もう日暮れなので、急いで出発点に戻るけど、予定していた松郷峠は、道の崩壊のため通行止め。
仕方ないので雲河原から、雷電山を巻いて雀側ダムへ下るルートに迂回。薄暮のなか、オレンジ色の森の中を駆け下るのはこれで2回目か。
スタート地点の小川道の駅に着いたときは、完全に日が暮れてました。

------------------------------------------------------------------------

小川町から遠山の里を抜ける道には、少ないながらも古民家が点在。
こんな家と茶色がかった紅葉が、しっくり感じます。

Pb281500
 
Pb281501
 
Pb281530
 
Pb281532
 

遠山寺は少し奥まっていて、主要道から隠れてます。
そのため今まで気づかなかったけど、紅葉の美しさは絶品。

Pb281536
 
Pb281556
 
Pb281560
 
Pb281565
 
Pb281581
 
Pb281588
 

先を急いで嵐山渓谷へ。
自転車は乗らずに押して歩くよう看板があります。

Pb281600
 
Pb281610
 
Pb281617
 
Pb281643
 
Pb281651
 
Pb281673
 
Pb281694
 
Pb281699
 

当初の予定では、とっくに慈光寺に着いていないといけなかったのですが、写真を撮ってると時間が押してしまいます。
慈光寺に着いたのは3時半、すでに夕暮れの様相。

Pb281700
 
Pb281703

Pb281719_2


Pb281745
 
Pb281731
 
Pb281749
 
予定した松郷峠は通行止め。
思わぬ遠回りをして、雷電山を望む林道へ。
この道の紅葉は大好きだから、まあいいか。
すでに足元は暗くてあまりよく見えません ^^;)

Pb281757
 
小川の街に着いた時には、完全日没。
槻川に写った空が綺麗でした。

Pb281763
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月25日 (土)

トヨタ クラシックカー フェスティバル in 神宮外苑

秋晴れの一日、紅葉の都会を美しい車たちが駆け抜けました。
皆さんおめかしして、きまってますね。かっこいいです。

Imgp4601

Imgp4604

Imgp4612

Imgp4618

Imgp4620

Imgp4624

Imgp4632

Imgp4637

Imgp4642

Imgp4668

Imgp4685

Imgp4704

Imgp4719

Imgp4726

Imgp4737

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

伊東屋珈琲

桐生市の伊東屋珈琲。
前からずっと気になってましたが、やっと訪問。
何とも情緒ある佇まい。
お店に入ると、少し薄暗い昭和な内装はほっこり安らぎます。
本日のスペシャル、エチオピア・コカーナをいただきました。
フレンチプレスでたっぷり三杯分。ゆっくりくつろげます。
味はスッキリほのかな酸味系、もちろん美味しくいただきました。
周りのお客さんも、なんかつうっぽい ^^
一日の終わりに、なんとも贅沢な気持になりました。

Img_2937

Img_2932

Img_2934

Img_2936

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有鄰館と矢野園

大間々から桐生にチャリで移動。そろそろ日傾いてきたのでここらで休憩。
有鄰館と隣接しているお茶の矢野園で、抹茶を一服。
矢野園の店構えは明治か大正か。有鄰館の広大な蔵の佇まい。
お茶屋さんの奥で、美味しくいただきました。ラッキーなことに、甘酒をサービスでいただきました。これが実に濃厚で芳醇な香り。日本酒苦手な私ですが、これなら大歓迎。
抹茶より、甘酒のほうがおいしく思えたのはここだけの話 w
まだ日暮れまでは少し時間があったので、吾妻公園に登ってみました。西日に輝く山並みと町が美しいこと。
吾妻山が、夕日に照らされ燃えるように輝いてました。最後に少しシングルトラックを遊んで、出発地点に引き返しました。
 
Pb241419
 
Pb241423
 
Pb241427
 
Pb241428
 
Pb241434
 
Pb241435
 
Pb241436
 
Pb241437
 
Pb241439
 
Pb241443
 
Pb241445
 
Pb241449
 
Pb241453
 
Pb241458
 
Pb241460
 
Pb241465
 
Pb241471
 
Pb241478
 
Pb241480


| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝徳寺

宝徳寺、臨済宗建長寺派の禅寺。
室町時代創建とのことですが、建物は比較的新しいようです。
新しいのですが特筆するのはその建物と庭園が美しいこと。今はちょうどもみじの最盛期(ちょっと過ぎましたがなんとか間に合いました)。
関東では珍しい床もみじを見ることができます。枯山水も新しいとは思いますが、吾妻山を借景とした佇まいは小さいながらも品格があります。
こういう美しいお庭をつくれば、自然と人は集まってくるもの。素晴らしい取り組み、感服します。
そんな紅葉をたっぷり堪能したお寺でした。
春夏秋冬、どの季節でも楽しめそうです。また近いうちにお邪魔しよう。

Pb241297

Pb241313

Pb241321

Pb241334

Pb241344

Pb241358

Pb241362

Pb241389

Pb241399

Pb241417

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高津戸峡

先日鳩ノ巣峡谷が良かったので、今日はみどり市にある、高津戸峡に行ってみた。
ここは次女と17年ほど前の雨の日来たことがある思い出の場所。その日は雨だったけど、今日は晴れ、時々雪雲が流れてきて、日差しを遮るが、まずまずの撮影日和。
両岸は広葉樹に覆われ、谷全体がオレンジに染まる。
大間々の市街地から歩いて5分で、深山幽谷のような風景が広がるのが、ちょっと不思議。
川面まで降り立って、オレンジに染まる谷を見上げる。風はすでに冬の木枯らしでした。

Pb241173

Pb241174

Pb241175

Pb241216

Pb241234

Pb241244

Pb241248

Pb241258

Pb241263

Pb241266

Pb241270

Pb241280

Pb241286

Pb241285

Pb241294

Pb241295

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

コッパディ東京

コッパディ東京の会場は、新橋近くのイタリア街。どこかヨーローッパの雰囲気漂う街角に、古い車はよく似合います。
しばし妄想の街角へ・・・

Imgp4216

Imgp4225

Imgp4256

Imgp4358

Imgp4369

Imgp4400

Imgp4437

Imgp4483

Imgp4485

Imgp4517

Imgp4570

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月22日 (水)

吉見観音

溜まっている依頼(イラスト)を描こうにも、最近の運動不足から肩がコリコリで作業に支障が。
体をほぐすため、近所をチャリで徘徊。こんな寒い日は、ミニベロマウンテンMV5の出番です。防寒装備で、のんびりトロトロ走れば、そんなに寒くない。
そろそろ見ごろかなと、吉見観音に向かいました。予想どおり吉見観音の紅葉は、見ごろを迎えました。といっても、まだ青いカエデもあるので、これからさらに鮮やかさを増すでしょう。
紅葉を堪能したあとは、門前の茶屋でゆずみそおでんと団子をいただきました。直前に通った、お達者倶楽部?のハイキングで、根こそぎお団子を持っていかれたようで、お団子は残り2本しかありませんでした(T_T)
たった2時間半の近所散策でしたが、トリップ堪能。これから里の秋はますます深まります。
体も温まって、肩こりも解消しました ^^

Pb221083
 
Pb221101
 
Pb221106
 
Pb221114
 
Pb221117
 
Pb221118_3
 
Pb221123
 
Pb221131
 
Pb221133
 
Pb221139
 
Pb221148
 
Pb221153
 
Pb221155_2
 
Pb221159
 
Pb221160
 
Pb221162
 
Pb221165
 
Pb221168
 
Pb221171

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

伊香保温泉 河鹿橋

Colline でお出ししている珈琲豆の仕入れ先、N's Coffee さん、11月19日まで伊香保温泉の河鹿橋のたもとで、カフェ営業しています。
ライトアップされた紅葉、今が最盛期、この週末が見頃です。
カフェの前では、焚火をたいて、焼きマシュマロ。こんな寒い日には、暖かい炎に心安らぎます。
紅葉を見ながら、暖かい珈琲、ぜひぜひ味わいください。

Imgp4186

Imgp4188

Imgp4198

Imgp4206

Imgp4209

Imgp4210

Imgp4212

Imgp4184

| | コメント (0) | トラックバック (0)

堀辰雄文学記念館

追分宿にある、風立ちぬ、美しい村の代表作で有名な堀辰雄文学記念館を訪問。
高校時代、軽井沢のイメージはこの小説から妄想していました。
長野の大学に入学し、オートバイで度々軽井沢を訪れるようになってから、軽井沢のイメージは大きくかわりました。当時はもっぱら軽井沢シンドローム。
オルコタイタのモデルになった喫茶店に、RZで通ったり w
最近青空文庫で、風立ちぬ、美しい村をまた読んでみましたが、終わりに近づくにつれて、なかなか読み進むことができませんでした。
やっぱり堀辰雄は、軽井沢の原点です。

Imgp4165

Imgp4169

Imgp4173

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«小諸懐古園